サイバトロン保全作戦運営局

現在このページは批評中です。


評価: 0+x

Welcome to the next phase of your promotion training, Division Commander. I’m designation Zero-Five, and I’m one of the mechs in charge of overseeing the Secure Cybertron Protocol Administration.
昇進トレーニングの次段階へようこそ、部隊司令官。1私の名は05。サイバトロン保全作戦運営局を監督している機体の1人です。

No, you don’t need to know my real designation. Which, to be honest, is good, because some days I forget it myself. And that was the Secure Cybert—
いえ、私の本名を知る必要はありません。実のところ、いつの日か私自身も忘れる日が訪れるので不要です。それこそサイバトロン保安―

Yes, I know you’ve never heard of them. Or me. That’s intentional. But now you’re high enough in the Intel Division that you need to know the truth.
ええ。あなたが初耳なのは分かっています。私の事も同様でしょう。意図的なものです。けれども今やあなたは、真実を知る義務のある情報部において、十分な役職に就いている身です。

There are things here on Cybertron far worse than any Decepticon you’ve met. Things that are unfathomable, unexplainable, things that are un-mecha. Things that will destroy everything and everyone in their path, and things that will warp our reality into a dystopian hellscape. Someone has to protect everyday mechs and femmes from these things.
ここサイバトロンにはあなたがこれまで対峙したディセプティコン以上に悪しき怪物の数々があります。理解を超越していたり、説明がつかない怪物であったり、非機械の怪物です。進路に立ちふさがるあらゆる者やあらゆる物体を破壊するであろう怪物、そして私たちの現実を地獄郷の如き光景へと変貌させる怪物です。誰かが常にこれらの怪物から超ロボット生命体を守らねばならないのです。

That’s where we here at the Administration come in.
これが運営局に我々が参加する理由です。

We technically don’t exist within Autobot command. That’s for everyone’s benefit. Trust me, we do things here that would make Primus roll in his grave. It’s best to leave your hands clean. But so that we can work together when needed, certain individuals within Autobot High Command get to bear the burden of what we do here.
我々はオートボット司令部内に技術的に存在していません。だからこそあらゆる者への利益となります。どうか信じてください、プライマスが草葉の陰で嘆くであろう行為に手を染めているのです。手を邪悪に染めないのが最善です。けれどもオートボット最高司令部内の必要に迫られた特定の誰かが我々のここでの行為が生み出す苦しみに耐える状況に陥った際に、共に任務を遂行できるようにしておくのです。

You’ve noticed the doors as we’ve been walking and talking. Behind each one of those blast doors is what we call a Skip.
会話を交わした道中、ドアが並んでいたのは気付いてましたね。これら防爆扉の向こう側にスキップと呼ぶものが収められています。

Why are they called Skips? Not entirely sure. Some say it’s because of our initials. Others say it’s because they skipped a step in the mechanical evolutionary chain. I’m not sure I care.
なぜスキップと呼ばれるのか?正確には分かりません。ある者は組織の頭文字だからと言います。別のある者は機械学的進化の鎖をスキップした怪物たちだからと言います。私自身は気にしているか分かりません。

Here, as an example, we have our oldest skips. There are things in here that would haunt your nightmares. This one that we’re in front of now? Well, let’s take a look.
一例としてここには組織最古のスキップが収められています。悪夢に現れるかのような怪物たちです。これからその内の一体を目にしてみませんか?いいでしょう。ではどうぞご覧ください。

Skip-One-Seven-Three, our oldest still-functioning specimen. Sure, it looks like a reject Go-Bot, but if you turn your optics away from it for more than a nanosecond, it moves quicker than light and rips your head clean off your torso.
Skip-1-7-3、組織最古の動態保存下にある標本です。その通り、非正規のゴーボッツに似ていますが、1ナノ秒以上目を離すと、光速を越えて動き出し、頭部を綺麗さっぱり切り落としてしまいます。

What about mechs that don’t have heads? Yeah, we asked that too, and the answers have been redacted from even my files. And no, don’t even ask about what happens to Headmasters.
頭部を持たないロボット生命体ならどうなるか?ええ、我々も同じ問いを尋ねましたが、答えは私のファイルであっても編集が施されてしまっています。それといえ、ヘッドマスターに何が起きたかについても尋ねないように。

Oh, hey, this is someone you should meet. This is Dee-Klass, special attaché from the Junkions. He’s head of our testing division. We found out early on that due to Junkions’ ability to re-assemble themselves, that they are perfect for running tests and research on incoming Skips.
おやおや、会っておくべき方々がいました。こちらはDee-クラス、ジャンキオンからの特別外交員です。彼は組織の実験部門主任を務めています。我々は結成当初、ジャンキオンの自己修復能力を発見しました。実験の実施にも実施予定のスキップの研究にも打ってつけの人材です。

How often do test subjects need to re-assemble themselves? Some things you don’t need to know to do this job, Commander.
被験者が自己修復を行う頻度がどれ程かですか?業務に当たっては知る必要のない情報もあるのですよ、司令官。

Let’s walk back to the offices and we can finalize your authorization and passcode. Any questions so far?
オフィスに戻りましょう。許可証とパスコードの発行が済ませられます。何か他に質問はありますか?

Are all of the Skips like one-seven-three? Not really. We have things even we can’t explain. Like over there, down that hall? There’s a room where one of my best researchers, Talloron, just stands, dormant. He was assigned to work on containing some sort of living code, and best we can determine, it’s inside of him, somehow. Anyway, he’s been like that for years, but we haven’t seen evidence of Skip-Three-Zero-Zero in that time, so we consider it contained.
全てのスキップが1-7-3のようであるかですか?それは違いますね。我々であっても説明不可能な怪物を抱えています。例えば向こう側、ホールを降りた場所ですかね?あそこには最優秀研究者の一人であるタローランが立ったまま眠りに就いています。彼は生きてるコードの類を任されていましたが、知り得る限り。問題のスキップはどういう訳か彼の体内にいました。ともかくあのような状態になってから4年になりますが、Skip-3-0-0の痕跡は確認していません。だから収容に成功したと考えています。

Yeah, that is cold. We have to be cold. We’re not here to make friends.
その通り。私たちは冷酷です。冷酷でなければならない。友好を結ぶために存在しているのではありません。

We’re here to keep Cybertron safe.
我々はサイバトロンの安寧のためにいます。

We secure, we contain, and we protect.
確保、収容、保護です。

Thanks for your time, Commander. I’m almost sorry you have to bear this burden with us. Just head into the office and they’ll get you set up. Good luck in the new job, and hope we never have to meet again.
お時間をどうも、司令官。お手数をかけてしまい、申し訳ありませんでした。オフィスへ出向けば担当が手配してくれます。幸運をお祈りします、そして2度と会う機会が来ないことを。

Oh, and Commander? Do me a favor? When you see Jazz, tell him he still owes me from last week’s poker game.
ああ、それと司令官?お願いがあります。ジャズに会った際に先週のポーカーゲームの勝敗がお預けになっていると伝えておいてください。

原題: Secure Cybertron Protocols Administration
参照リビジョン: rev.6
作成日(EN): 2020/3/15
著者: DrScaramoucheDrScaramouche
翻訳: DirStarFishDirStarFish
クロスオーバー作品: トランスフォーマー
tags: project-crossover tale jam-con2020
タグ: tale en project-crossover jam-con2020

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 ( 21 Aug 2020 14:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License