Still In Business

現在このページは批評中です。


評価: 0+x

His stock was plummeting. His investors were dwindling. Lawsuits and inquiries were piling up. Every day, Aperture Science teetered on the brink of bankruptcy. And yet, somehow, Cave Johnson, current (and, if he had his way, the only) CEO, refused to give up. Damn them and their "safe", science, he would bark to his employees. If you like safe science so much, why don't you just marry it?
会社の株価は下落する一方だった。投資家たちは去る一方だった。訴訟と取り調べは増加する一方であった。Aperture Scienceが破産の危機の瀬戸際に立っていない日など無かった。にもかかわらず、どういうわけか現職(そして、彼自身の考え方で表現するとしたら、唯一無二の)CEOたるCave Johnsonは諦めるのを良しとしなかった。社会そして彼らの掲げる"安全な"科学を侮蔑し、従業員に怒鳴り散らすだろう。そんなに安全な科学を溺愛しているのなら、安全な科学と結婚すればいい。

And yet, when all was said and done, safe science seemed to wind up with fewer class action lawsuits.
にもかかわらず、結局は安全な科学こそ集団訴訟を小規模に抑えられるように思えた。

Cave mumbled bitterly under his breath as he reached for another sheaf of papers and rifled through them. His office- by now a veritable nest of crumbled-up forms and old tax forms- had clearly seen better days; the linoleum was scuffed and dirty, his desk worn and scratched. “Lawsuit… lawsuit… union dues… lawsuit… resignation letters… health inspection… Caroline!” he finally shouted. “I need good news. Give me something to smile about. Anything.”
Caveは周りには聞こえないほどの声で苦々し気に不満を呟きつつ、紙の束に手を伸ばすと、捲り上げて目を通していった。社長室―今や、紙切れや古い納税申告用紙で作られた巣穴も同然だった―は明らかに栄光の日々を過去のものにしていた。リノリウムの床には傷痕と汚れが見られ、使っている机は古く傷だらけであった。「訴訟…訴訟…労働組合…訴訟…辞表…保健衛生調査…Caroline!」とうとう声を荒げる。「いいニュースはないのか。笑顔になれるような。何でもいい。」

“Well, Mister Johnson,” replied his brunette assistant, walking into the room, “Test subject 704 managed to make it through enrichment sphere twelve in record time!” She smiled at him as she watched him hunched over his desk, eyes flickering from one crisply-worded formal inquiry to another.
「ええ、Mr.Johnson。」社長室へと入って来た、ダークブラウンのアシスタントが答えた。「被験者704番がEnrichmentスフィア12を何とか記録的な速さでクリアしました!」キビキビとした態度で問い合わせの山に目を通しながら、机の前に屈みこんでいる彼の方を向いて彼女は笑みを浮かべた。

“Mister Johnson?”
「Mr.Johnson?」

“Hm? Oh, yes, uh… Seven-oh-four… that was the one we found slumped outside the soup kitchen, right?” said Cave absent-mindedly, scarcely paying his assistant a wayward glance.
「ん?ああ、そうか、ええと..7-0-4…炊き出し場の外れで倒れている所で見つけた被験者か、違うか?」Caveは上の空でアシスタントの自己主張の激しい眼差しを殆んど気にせず、返事をする。

“That’s right, Mister Johnson. The propulsion gel tests are right on schedule!”
「その通りです。Mr.Johnson。反発性ジェルのテストは予定通りに進行中です!」

“Thanks, Caroline,” said Johnson finally, gazing with what could only be dejection at the mountains of paperwork that lay ahead of him.
「ありがとう、Caroline。」机に広がる書類の山々を目にして落胆を覚えながら、Johnsonは答えた。

And so an hour- or perhaps two- passed uneventfully, before Caroline once again knocked on the door. Trepidation was on her face- she did hate to disturb her boss when he was in the middle of his work, but Cave could tell that something was wrong.
そうして1時間―2時間かもしれない―が何事もなく経過すると、Carolineがもう一度ドアをノックした。顔には恐怖が浮かんでいた。彼女は仕事に没頭しているボスの邪魔を絶対にしたくなかったが、当のCaveはそんな彼女に違和感を覚えた。

“Mister Johnson?”
「Mr.Johnson?」

“Yes, Caroline?”
「なんだ、Caroline?」

“There are some people here to see you.”
「面会に来ている方々がいます。」

“They’re from the government? Worker’s union? Health inspector?”
「政府からか、労働組合からか、公衆衛生監察官協会からか?」

Caroline ducked outside again for a moment. Cave heard snatches of conversation –two males, apparently- before Caroline stepped back into the office.
再度、Carolineは社長室の外へ一瞬だけ首を伸ばした。Caveはわずかに―どうやら、男性2人組のようだった―会話を耳にしたが、その後でCarolineは社長室に戻って来た。

“They say it’s classified,”
「機密扱いだそうです。」

Cave groaned inwardly and shuffled a few papers off of his desk. “Send ‘em in,” he finally said. There really was no point in trying to discourage these kinds of people; they would stubbornly get the facts somehow anyways.
Caveはひっそりと呻き声を上げて、机の紙数枚を入れ替えた。「通してくれ。」とうとう口を開いた。この手の人間を阻止するのは結局不可能だった。連中はどういうわけかは置いとくとして、間違いなく真実に辿り着いたのだろう。

The two men that stood before him were average in build and height; both carried identical leather briefcases and wore suits- Armani, Cave guessed. Both of them stood at his desk, fixing him with a look that Cave didn’t like. It was a look that he had seen at the Senate hearings, and it was one that implied that stern judgement was on the way.
目の前に現れた2人の男は体格も身長も平均的であった。どちらも革製のブリーフケースを携え、スーツに身を包んでいた―アルマーニか、Caveはそう推測した。2人は机の前に立ち、嫌悪感を催す目付きでCaveを見ていた。上院公聴会で体験したかのような光景であり、厳しい判断が下されるのを予感させた。

“Mr. Johnson?” said one of them, placing his briefcase among the discarded papers.
「Mr.Johnsonですか?」2人組の片方がそう言ってブリーフケースを廃紙の只中に置いた。

“Cave Johnson, CEO of Aperture Science Innovators,”
「Cave Johnson、Aperture Science InnovatorsのCEOだ。」

The other man nodded curtly. “For the purposes of this interview, we are to be called Mr. White-“ here, he pointed to himself, “and Mr. Brown. We do not, as it is, legally exist; if you attempt to alert any authorities to our existence you will fail.”
もう一方の男が無愛想に頷いた。「このインタビューの実施目的上、我々のことはMr.Whiteと―」ここで男は自分自身を指差した。「Mr.Brownとお呼びください。それと我々は法的身分を持たない人間です。たとえ当局へ我々の存在を通報したとしても全くの無意味です。」

Cave bristled somewhat at these two presumptuous men, but nevertheless, common sense- and perhaps a healthy fear for his own wellbeing- prompted him to call for Caroline. “Either of you gentlemen smoke?” he asked. Neither of them did, but as Caroline bustled into the room, clutching a box of Cuban cigars, Cave took one and lit it, chewing on it as he listened to his two mysterious visitors.
Caveは厚顔無恥な男2人組に苛立ちを覚えないわけではなかったものの、それでも矢張り、常識―そして恐らくは自身の幸福が危機に瀕するがゆえの健全な恐怖―からCarolineを呼んだ。「諸君のどちらかは煙草を吸うかね?」そう尋ねた。どちらも喫煙とは無縁だったが、Carolineがキューバ産葉巻の箱を携えて忙しなく部屋へと入って来ると、Caveは受け取って火を灯し、目の前の二人の素性不明の訪問客に耳を傾けつつ一服した。

“So how do you know me?” he asked, trying to keep the suspicion out of his voice. “Don’t recall seeing either of you before.” Of course, he probably did know exactly which organization had sent these two, but intended to keep things civil- at least until he could ascertain just what they were really up to.
「それで、お宅らはどのように私を知った?」声に警戒心を出すまいとしつつ尋ねた。「どちらも見覚えがない顔だな。」勿論、彼は間違いなく2人組を派遣した組織がどこなのか分かるだろう、けれども事を荒立てまいとした―少なくとも連中の真の企みを突き止められるまでは。

“The gel fiasco? The Senate hearings? Those missing astronauts? What happened in Test Chamber Twelve-”
「ジェルでの失敗か?上院公聴会か?失踪した宇宙飛行士たちか?テストチェンバー12での一件か―」

“Now just hold on a damn minute,” whispered Cave, leaning closer to them. “What happened in Test Chamber Twelve never got out to the public. We made sure of that, and if you’re leaking information to the public I swear that I will-”
「ちょっと待て。」身体を2人の方に近づけると、Caveは続けた。「テストチェンバー12での一件は全く公になっておらん。断言する。そしてもしお宅らが情報をリークしようものなら、間違いなく私は―。」

“Oh, Mr. Johnson, please.” said White, smirking slightly at him, “We’ve had undercover agents in your company for years now.” He stopped for a moment, watching as the head of the company sputtered and stammered at him, trying to think of a response even as his brain gallantly attempted to process this latest revelation.
「いやいや、Mr.Johnson、十分ですよ。」ニヤリと笑みを浮かべてWhiteが遮った。「私たちは何年もの間、あなたの会社にエージェントを潜入させてましたからね。」暫らくの間口を開かず、社長が自らを糾弾するも、明かされた新事実を懸命に脳味噌が受け入れようとするのと返答を考えようとして口ごもる様を見ていた。

“You don’t think those missing astronauts would draw attention to this company? Those Senate hearings were just a show- a distraction, if you will- while we did the real work. We know exactly what happened with those astronauts, Mr. Johnson, and we know that you have a lot of blood on your hands.”
「あなたは宇宙飛行士失踪事件で会社に注目が集まらなかったと思っているのですか?上院での連続公聴会はショーでしかありませんよ、言うなればカモフラージュです。実際に我々の手にかかれば、宇宙飛行士たちに何が起きたか正確に把握しているもんですよ。Mr.Johnson。あなたの両手が夥しい血に染まっていることさえも。」

Cave stood up, pointing an accusing finger at the two men. “So you’re from the government, huh? Trying to stick your noses into scientific progress? Listen, you clowns, I’m no lawyer, but I know my rights, and I’m pretty sure that I can take you and whatever organization you work for straight to court!”
Caveは立ち上がり、男2人組を指差して怒鳴った。「だったらお宅らは政府の人間か、だろ?科学の進歩に手出しをしようと企んでいるのか?聞け、ピエロどもが。私は法律家ではないが、自分が正しいのは分かっているし、所属する組織諸共お前たちを法廷に連れて行ける事も十分承知している!」

“It says here,” said Brown, riffling through a sheet of papers and procuring a small phial full of a blue gel, “that you developed this as a dietetic pudding substitute.” “Really, Mr. Johnson? This substance is many things, but it is not edible. We’ve tried to reproduce this thing in our labs, Mr. Johnson, to no avail. You’ve created a kinetic weapon that could easily kill a man.”
「こちらの証拠品によると」Brownはそう言って数枚の紙を捲った後で、青いジェルで満たされた小瓶を見せた。「あなた方はこの品を代替プリン食品として開発したそうですね。」「嘘ではありませんね、Mr.Johnson?この物質には多くの用途がありますが、食用には適さないのです。我々も自前のラボで再現を試みましたが、Mr.Johnson、利用不可能です。Mr.Johnson、あなた方が開発したのは容易く人間を殺傷できる運動エネルギー兵器です。」

“What the- how the hell did you get that?” snapped the CEO, reaching over and snatching it from Brown’s hand, hastily stuffing it into his pocket. “You know damn well that we pulled that stuff from the shelves as soon as we figured out what it did to the human skeleton. Aperture does not make weapons.”
「お前たちが入手したのは一体全体何―いや、どうやってだ?」我慢できなくなったCEOは手を伸ばして、Brownの手から小瓶を奪い取ると、すぐさまポケットにしまい込んだ。「十分分かっているはずだ、私たちがあの物質を店頭から撤去した事も、人間の骨に及ぼす影響を把握している事もな。Apertureは武器など作ってなどいない。」

This really was Black Mesa’s doing, wasn’t it? Send some corporate goons to rattle him up, try and trick him into spilling the beans on his company’s latest invention? Well, he wasn’t going to play along with them.
それこそブラック・メサの取り組んでいる商売に他ならない、そうだろ?彼を怖気づかせようとチンピラ集団を送り、会社の最新発明品の秘密を吐き出させようと目論んだのか?何であれ、連中に付き合うつもりはなかった。

“Why don’t you go back and tell your CEO that Aperture’s not for sale?” said Cave sharply, trying to regain his composure as he settled back into his chair. “So who sent you? Black Mesa? Builder’s League United? Reliable Excavat-“
「お前たち出て行って、Apertureは買収になど応じないと報告したらどうだ?」Caveは舌鋒鋭くし、冷静さを取り戻そうと椅子に座り直した。「それで誰の差し金だ?ブラック・メサか?建設者同盟連合か?確実な発掘と解た―」

“None of those companies, Mr. Johnson,’ said Brown, picking up a piece of paper at random and looking through it before placing it back on the desk. “I’m not at liberty to divulge that information at the moment. But I will tell you that we have our ways of gathering information."
「どの会社でもありませんよ、Mr. Johnson。」Brownはそう言って、無造作に数枚の紙を掴み、目を通した上で机に置き直した。「現時点では身元を明かす権利はありません。ですが独自の情報収集術を持っているとは伝えておきましょう。」

"Yes, but what do you do? Damnit, stop dancing around the question and give me some straight facts.
「分かった、だがお宅らは何に取り組んでいるんだ?クソ、はぐらかさずに、正直に真実を話せ。」

"We… we find the things that are overlooked, the things that pose a threat to our society, and we contain them.”
「私たちですか….私たちは見過ごされていた事物の探索に取り組んでいます。人類社会に脅威を齎す事物です。私たちはそのような事物を収容するのです。」

“So you’re going to try containing me?” laughed Johnson. It was a harsh, bitter laugh, the hoarse bark of too many nights up late trying to save an ailing company with everything around him slowly crumbling. “Well, I gotta warn you boys, I was a prize boxer in university and I don’t go down without a fight!” He laughed again and lit another cigar, leaning back in his swivel chair and taking a long drag. “Gonna try and contain my facility? It’s already at the bottom of a salt mine, there’s no way that we can be any more contained!”
「ならお前らは私を収容しようというのか?」Johnsonは笑った。経営難の会社を救わんと幾晩も徹夜したものの、周囲の全てがじわじわと崩壊の一途を辿る中で漏れ出た、余裕の欠片もない苦々しい笑い、生気を感じられぬ哄笑であった。「まあいい、お前たち連中には警告しておこう。大学時代の私は受賞経験もあるボクサーだったが、試合以外では暴力は振るわなかった。」彼はまたも笑い、もう1本の葉巻に火を点すと回転椅子に座り直し、長い時間をかけて煙を吐いた。「わが社の施設を収容するとでもいうのかね?とうに塩鉱山の地下深くに埋もれている以上、更なる収容手段など何もないではないか!」

“Mr. Johnson,” said Brown, “don’t be ridiculous. We’re not here to lock you up."
「Mr.Johnson」とBrown。「冗談も大概にして欲しいものですね。ここに来たのはあなたを投獄するためではありません。」

“Even though,” put in White, “it’s an option we’ve seriously considered.”
「例えそうだとしても、」とWhiteは続ける。「事態を深刻だと解釈した際の選択肢の一つでしかありません。」

“Listen to us, Mr. Johnson. Our organization has technology that makes Aperture look like- as you say- people banging rocks together. We have some of the most highly trained medical and scientific personnel on the planet. You ever wonder, Mr. Johnson, why your bean-counters and lab-boys aren’t up to snuff? It’s because we’ve already taken the best of the best. You’re an excellent manager, Johnson. We can guarantee you a cushy salary, flexible hours, a team of the greatest scientific minds in the world. You’ve built this entire facility from scratch, but don’t you think it’s time to move on?”
「よろしいですかな、Mr.Johnson。我々の組織はApertureを―あなたの言い回しであれば―人々が岩を投げつけるまでの醜悪な組織だと喧伝できる技術を持っています。我々はこの地球上で高度に訓練された医師と科学要員の殆んどを有しています。常々不思議に思っていたでしょう、Mr.Johnson。なぜ経理部と研究チームが不十分な規模であるのか?とね。我々が最優秀人材の中で特に優れた者達を引き抜いていたからですよ。あなたは優れたマネージャーでした、Johnson。あなたには快適で、フレックスタイム制で、世界で最も偉大な科学的知性から成るチームを約束しましょう。あなたはこの施設全体をゼロから築き上げましたが、今や手を引く時だと思いませんか?」

Cave paused. Was it time to finally lay Aperture to rest? The megalithic testing complex-perhaps on its last legs- bore no vestige of its origins as a humble shower company. He paused, realizing that the next words out of his mouth would impact the rest of his life forever. Even for a man as gung-ho as he, here, subtlety paid.
Caveは答えられなかった。とうとうApertureに幕を下ろす時がやって来たと?岩窟に張り巡らされた複合型実験施設―恐らくは死の床にある―には質素なシャワーカーテン会社という黎明期の面影はどこにもなかった。沈黙の中で、次に自分の口から発せられる言葉がその後の人生に生涯影響を及ぼすものだと分かっていた。たとえ彼のような頭に血が上りやすい人間であれ、ここでは慎重さが働いた。

“Tell me… what kind of work do you do? What exactly do you keep contained?”
「答えてくれ….お宅らの仕事はどのような類なんだ?何を本当は収容し続けているんだ?」

“Many things, Mr. Johnson,” said Brown, “things that are both wonderful and terrible. Sensitive things, that could be easily abused in the wrong hands.”
「多くの事物を。Mr.Johnson。」とBrown。「素晴らしくもあり恐ろしくもある事物です。誤った使い方をすれば簡単に危害をもたらす、繊細なる事物です。」

“Like what?"
「たとえばが?」

Brown sighed, but nevertheless continued talking. “Ten years ago, a rocket crashed in the desert. It bore no resemblance to any contemporary rocket and incorporated unknown materials into its structure.”
Brownは溜息を吐くものの、説明を続けた。「10年前、砂漠に一基のロケットが墜落しました。そのロケットは同時代のいかなるロケットとの類似性が無く、未知の物質で組み立てられた構造を有していました。」

“A- rocket from outer space?” Cave clenched his cigar and took another nervous puff on it. His mind was reaching only one conclusion, and it both thrilled and horrified him. “You don’t mean it was an al-“
「外宇宙からの―ロケットだと?」Caveは葉巻を潰し、もう一服しようと躍起になった。頭の中では一つを除いて他に結論が考えられず、興奮と恐怖を覚えていた。「お宅らはつまり、製造元がエイ―。」

“-The only thing we know about it,” interrupted Brown, “was that it was sent by someone named Doctor Grordbort. The rocket was full of technology- guns, helmets, weapons, and hats- far in advance of any Earth technology we are aware of- and out of all of the people on Earth who could have found it, it just had to be a team of mercenaries with a questionable grip on reality.”
「我々が知りえた唯一の情報は、」Brownは遮った。「ロケットがDr.Grordbortという名の何者かにより打ち上げられたものである、これだけでした。ロケットはテクノロジー―銃、ヘルメット、武器、そして帽子ですが―の宝庫であり、我々が把握しているあらゆる地球での水準を凌駕しており、地球上のすべての人間の内で、現実の把握に障害を持つ傭兵団が発見者でなければなりませんでした。」

“But don’t you think they’d- wait, a sec."
「しかしお宅らは考えなかったんじゃないか、連中が―いや待て。」

“Exactly, Mr. Johnson,” said Brown, nodding curtly. “We made sure that nobody ever found out about Doctor Grordbort’s rocket, or the mercenaries who found them. “And no, we’re not proud of what we did that day. But we did these things for the good of all of us.”
「まさしくその通りです、Mr.Johnson。」Brownは不愛想に頷いた。「Dr.Grordbortのロケットを、あるいは発見者である傭兵たちを誰も見つけられずにいると断言できましょう。」「ですが、あの日の行動に正当性があったとは思っていません。それでも我々全員のために行動を起こしたのです。」

Cave’s patience was wearing thin by this point. “Yeah,” he grumbled, “except for the ones who’re dead.” Lighting another cigar and chewing on it. All this business about Grordborts and moon rockets and mercenaries and secret foundations was wearing thin. Cave Johnson was many things- shower curtain salesman extraordinaire, business tycoon, corporate mogul and legend, but he was not a murderer. Not a deliberate murderer, anyways. People getting hurt in tests was one thing, killing people for a living was quite another thing. No, Cave Johnson, the face of Aperture, had a company to rescue from bankruptcy and science to do.
Caveの忍耐力はこの時点で限界を迎えつつあった。「そうか、」彼は不満を口にした。「死んだ人間たちは一顧だにせずか。」新しい葉巻に火を灯し、一服した。Groudbortと月面ロケットと傭兵と秘密財団の一切の活動に我慢の限界を迎えつつあった。Cave Johnsonには多くの顔があった。卓越したシャワーカーテンセールスマン、ビジネス界の大物、企業の大御所にして伝説、けれども殺人者ではなかった。いずれにしても、計画的殺人の実行者ではなかった。人々が実験中に負傷するのと生きるために人々を殺すのは別物だ。いや、Apertureの顔役であるCave Johnsonは会社を破産から救い、科学に前進をもたらさねばならない。

“Gentlemen,” he said, finally. “you make a convincing offer. But I’m afraid that I still have unfinished business- and unfinished science- at Aperture. You’ll have to find someone else to do your dirty work.”
「ご両人。」ようやく彼は口を開いた。「納得出来るオファーではあった。だがApertureでのやり残した仕事―とやり残した科学―を今でも抱えているのは心残りでね。お宅ら、汚れ仕事には別の人間を探す必要が出てくるだろうな。」

“This is your only chance,” said Mr. White, his already curt tone now positively frosty. “You will not receive this offer again.”
「これが最初で最後のチャンスです。」Mr.Whiteは言う。無愛想な口調は今や明らかな冷やかさを帯びていた。「このオファーに2度目はありません。」

“Thought as much,” said Cave, extinguishing the burning nub of his cigar in his ashtray. “But… you're a persuasive pair of gentlemen. I’m sure you’ll find someone else to help you. Maybe Black Mesa?” He paused and allowed himself a roguish grin. “No, that was a joke. Fat chance. They’re all busy with some other project. Something about trying to find a crystal.”
「十分に考えたとも。」Caveは答えつつ、葉巻の燃える先端を灰皿で消した。「しかしだ…説得力のある紳士お二方ではあったよ。誰かお宅らの力になってくれる人が現れると信じてもいる。ブラック・メサかもしれないがな?」彼は口を噤んだが、悪い笑みを漏らさずにはいられなかった。「いやいや、冗談だとも。あり得ない。連中は別のプロジェクトに追われているからな。結晶を見つけ出そうとかなんとかだそうだ。」

“I understand,” said Mr. White, closing his briefcase with a succinct snap and making for the door. But before he turned to walk down the hall, he paused for one moment, regarding Cave with that cool glare of his. "Mr. Johnson, your company and Black Mesa are creating things not even they understand. Your Quantum Tunnelling Device? Analyzing crystals of unknown origin? Creating portals through an unknown dimension? If anything ever goes wrong with your inventions Mr. Johnson, then… well…”
「承知しました。」、Mr.Whiteはそう言うと、パチンという音一つ鳴らしてブリーフケースを片付けてドアへと向かった。けれどもホールへと去っていく直前、数刻立ち止まり、冷ややかな一瞥をCaveへと向けた。「Mr.Johnson、あなたの会社とブラック・メサは自分達でさえも理解できない代物を開発していますね。あなた方の量子トンネル装置でしたか?未知の起源の結晶体の分析でしたか?未知の次元へのポータルの生成でしたか?Mr.Johnson、もしあなた方の発明品で何らかの問題が発生したのなら、その時は…ええ….」

White stopped for a moment. “… we’ll be meeting one another again.”
Whiteは一瞬口を噤んだ。「…またお会いしましょう。」

“Caroline?”, said Cave.
「Caroline?」Caveが口を開く。

“Yes, Mister Johnson?”
「イェッサー、Mr.Johnson?」

“I need a stiff drink.”
「強めの酒を頼む。」


原題: Still In Business
参照リビジョン: rev.12
作成日(EN): 2012/1/14
クロスオーバー作品: Portal2
著者: Tom ServeauxTom Serveaux
翻訳: DirStarFishDirStarFish
親ページ: クロスオーバープロジェクト
tags: project-crossover tale
タグ: tale en project-crossover

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 ( 21 Aug 2020 14:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License