SCP-4011-1
page_header_normal.png

Notice: Parts of this document are not available at your current clearance level.
If you believe this to be in error, enter appropriate credentials at the bottom of the document.
注: 現在のクリアランスレベルでは当該文書の中に閲覧できない箇所があります。
エラーだと考えている場合、文書の下部にて適切な資格情報を入力してください。

victoria%20crater.png

Preliminary image of Victoria Crater, showing the location of SCP-4011. The entrance to the site is concealed beneath the ledge.
SCP-4011の所在地が写る、ビクトリア・クレーターの初期画像。当該サイトへの入り口は岩棚の下に埋もれている。

Item #: SCP-4011
アイテム番号: SCP-4011

Object Class: Thaumiel Keter
オブジェクトクラス: Thaumiel Keter

Special Containment Procedures: The former Provisional Area-R01 has been lost. Automated lockdown procedures are in effect, and Mobile Task Force Upsilon-53 is monitoring the facility entrance. All SCP-4011-1 instances found outside of SCP-4011 are to be destroyed on sight should not be approached or otherwise provoked until further notice. The SCPS Moksha was launched from Site-███ on 2053-01-21, carrying relief forces and supplies for the establishment of Armed Area-R02. It is expected to reach Martian orbit on 2053-08-30. Should SCP-4011-1 attempt to breach automated Area-R01 defenses before the establishment of Armed Area-R02, MTF Upsilon-53 members are advised to retreat to a safe location until Foundation rescue forces arrive.
特別収容プロトコル: 旧暫定エリア-R01は喪失しました。全自動封鎖プロトコルが作動し、機動部隊ウプシロン-53が当該施設入口の監視に当たります。SCP-4011外で発見された全SCP-4011-1実例は直ちに破壊されます。には接近も更なる注意を引き付けるまでの挑発も行われるべきではありません。2053年1月21日、サイト-███より、武装エリア-R02建設を目的として救援部隊と援助物資を載せたSCPSモークシャ1が打ち上げられました。火星軌道への到達は2053年8月30日を予定しています。武装エリアR-02完成に先んじて、SCP-4011-1が全自動化されたエリアR-01防衛体制を突破する危険性があり、MTFウプシロン-53の隊員は財団救援部隊到着前に安全な場所までの撤退を推奨されます。

Description: SCP-4011 is a facility located within and beneath Victoria Crater on Mars. The only known entrance to the structure is an airlock hidden beneath an alcove on the northern rim of the crater. The full extent of the facility is currently unknown likely to be infinite. The architecture and symbols found within the facility are similar to those of a standard Foundation site, though the materials used for construction appear to be of Martian origin.
説明: SCP-4011は火星のビクトリア・クレーター地下に広がる施設です。当該建造物の既知の唯一の入り口はクレーター北側の縁に存在する窪み下に隠されたエアロックです。施設の全容は 現在まで判明していません無限と考えられています。使われている建材そのものは火星産のようですが、施設内の構造物とシンボルは標準的な財団サイトで採用されているものと類似します。

The interior of the facility is entirely isolated from the outside, and neither traditional radio communication nor any tested anomalous communication system4 will allow a signal to pass between the facility's interior and its exterior. The internal atmosphere is comprised almost entirely of argon gas, with low concentrations of nitrogen and carbon dioxide.
施設内装は全体的に外部との交流が完全に不可能な構造であり、従来の無線通信も試験型の通信システム5のいずれも施設の内部と外部間で通信の送受信不可能です。内部の空気は殆んどが希ガスを占め、低濃度の窒素と二酸化炭素も含まれています。

SCP-4011-1 is the designation given to a large-scale, distributed anomalous artificial intelligence system within SCP-4011, comprised of a large number6 of robotic beings, each individually sapient yet also interconnected into an overall hierarchy.7 SCP-4011 is inhabited solely by instances of SCP-4011-1, which perform various maintenance and administrative tasks. SCP-4011-1 instances show a large degree of variation in form - the 3 currently-known categories of instance have been designated SCP-4011-1A through -1C, and are described below.
SCP-4011-1はSCP-4011内に大規模に分布する異常人工知能システムに与えられた名称です。厖大な数の8人型ロボットであり、それぞれが独立した知性を持つものの、全体的には階級組織に相互接続しています。9SCP-4011内にいるのはSCP-4011-1実例のみであり、様々なメンテナンスや管理業務に就いています。SCP-4011-1実例は形態ごとに大きな差異が見られます。以下に記す通り、既知の実例の3つのカテゴリーはSCP-4011-1Aから-1Cと名付けられています。

SCP-4011-1 has demonstrated extremely in-depth knowledge of world history (and particularly the history of the Foundation), and it has shared detailed descriptions of previously-unknown events. To date, all provided information which can be verified has proven accurate. Recovered documents have been used to discover, explain, and improve upon containment procedures for more than ██ other SCP objects. As such, SCP-4011 has been classified as Thaumiel, Threat-Level Orange as of 2052-08-12 By O5 order on 2053-01-05, SCP-4011 has been reclassified as Keter TL-Orange and no further communication or interaction with SCP-4011-1 is permitted without direct approval from the O5 Council and Ethics Subcommittee on SCP-4011.
SCP-4011-1は世界史(並びに部分的な財団の沿革)に関する非常に詳細な知識の説明を行い、その内容にはこれまで知られていないイベントの詳細な説明も含まれています。今日に至るまで、実証済みとして提示された情報は全て正確であると確認されています。回収された文書は██点を越えるSCPオブジェクトの収容プロトコルの立案、説明、そして改善のために用いられました。このため、SCP-4011は2052年8月12日現時点でThaumiel、脅威レベル橙として分類されています。2053年1月5日付のO5命令に基づき、SCP-4011はKeter、脅威レベル橙に再分類され、SCP-4011-1との更なる対話や相互接触はO5評議会並びに倫理委員会の直接承認なしでは一切許可されません。

SCP-4011-2 refers to level B17 of SCP-4011 and all levels below it.
SCP-4011-2はSCP-4011のB17階含めた以降の全ての地階を指します。

You have insufficient clearance to view further information about SCP-4011-2.

SCP-4011-2についての更なる情報を閲覧するにはクリアランスが不足しています。

⯈ Addendum 5: Exploration Log 2052-12-26
⯈ Addendum 6: SCP-4011-2
⯈ Addendum 7: Incident 4011-28

You have insufficient clearance to view further addenda.

To access all parts of this file:
ENTER LEVEL 5/4011 CREDENTIALS HERE

⯈ 補遺5: 探索ログ 2052年12月26日
⯈ 補遺6: SCP-4011-2
⯈ 補遺7: インシデント4011-28

現在のクリアランスでは更なる補遺の閲覧は不可能です。

この文書の全文にアクセスする:
ENTER LEVEL 5/4011 資格情報を入力


出典: SCP-4011
原題: History is Written by the Victors
訳題: 歴史の正統性は戦勝者ビクトリア人にあり。
著者: incidental_cabbageincidental_cabbage
翻訳: DirStarFishDirStarFish
作成日(EN): 2018/6/7
tags: 4000 anderson automaton building daevite extraterrestrial foundation-made keter knowledge sapient scp sentient temporal
タグ: 4000 アンダーソン 自動装置 建造物 daevite 地球外 財団製 keter 知識 知性 scp 自我 時間

ERROR

The DirStarFish's portal does not exist.


エラー: DirStarFishのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6734327 ( 21 Aug 2020 14:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License