ひとりのおんなのこ
評価: 0+x
blank.png

 山本仲子は12歳のありふれた、ひとりの女の子であった。
 そしてまた、ありふれた家庭の中で、ありふれた12回目の誕生日を祝った。

 白いクリームの上に大好きなキャラクターと自分のネームプレート、そして12本のろうそく……ではなく、『12』の形をしたろうそくが立てられているケーキを前に、彼女は12度目の満足感を味わった。ろうそくが本数から形に変わったのは、10歳の時だったと、彼女は記憶している。

 11歳から12歳へと変わるだけ、年齢が一つ上がるだけと、そういう大人をよく見るが、彼らも自らの誕生日を意識しないはずはない、と彼女は思っている。少なくとも無限に等しい時間の間『11歳』であったものが『12歳』に上がるとは、彼女にとっていわれもない感覚を覚えるものである。

 親の顔を覚える前から聞いた声が、消える明かりのことを予告し、そしてその通りに電気が消える。12年間生まれた瞬間から聞き続けてきた甘い声は、一度も嘘をついたことはない。
 そして彼女は手を組んで、自分の世界を作る。一年前の世界をもう覚えてはいないが、たぶん、同じような世界だろう。
 そしてその世界から戻ってきた時、女の子は満足げに息を吹いた。

 彼女の息を受けて、世界でただ一つ残っていた、しかしひとりの12年間が詰まっている明かりは、ゆらめき、満足げに消えたように見えた。
 それを祝うかのように、眩しい明りが付く。

 そして彼女は晴れて12歳になった。小さな体にたまらない快感が駆け巡り、体中を一瞬で満たし、小さな器から溢れたものが口をついて、満面の笑みと喜びの声をもたらした。

 彼女の幸せは寝る時まで続いた。ケーキのキャラクターとネームプレートはもちろん彼女の物だった。彼女が食べたのはケーキのほんの数切れだったが、小さな体はそれで満足だった。
 女の子は全てを享受して、大好きな家族と共に、最後の快感に浸った。
 彼女はこの世の全てを得た気分だった。

アイテム番号:SCP-9820-JP(暫定)
オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-9820-JPには、標準的なサバイバルセットと標準の通信機、ラジオ、太陽光/手回し充電式バッテリーを持たせ、毎日午後5時にサイト-41への定期報告を行わせ、同時にSCP-9820-JPに対するカウンセリングを行ってください。SCP-9820-JPの位置情報はSCP-9820-JPの所持しているGPS発信機で常に把握されます。

SCP-9820-JPの監視を行うすべての職員は、記憶補強材の服用を義務付けられます。

 この世界が夢であると信じようとして、三日が経った。
 三日は彼女にとって、永遠にも等しい時間であった。

 甘い声は、常に彼女に向かって発せられていた。親の顔は、常に彼女の瞳に向けられていたはずである。

 「仲子」

 甘いはずだった声は、苦悶に歪んだ。

 つまりどういう事かと言えば、親はあろうことか、彼女の名を呼ぶのに、長い時間を要したのである。
 朝昼晩の食事は変わらず三人分が出る。彼女は確かに認識されていた。

 親の顔は、常に歪んでいた。まるで世界が終わるかのような不安にさらされているかのように。
 特に、玄関の靴を見た時や、洗濯物を干すときに、親の顔は歪む。
 仲子は、産まれて初めて、親の涙と弱い叫び声を知った。
 親と仲子は会話ができる。その時の親は瞬きすら拒み、片時も彼女から目を話そうとしない。それならばいい。しかし仲子の瞳を見る親の目はつねにおびえていて、何かを恐れている。

 「大好きだよ」

 親が涙を流しながら、仲子を抱きしめた。
 仲子は親を抱きしめ返した。
 仲子は親がいればよかった。

 学校の人間や友達や、近所の人々は、とうに、仲子を記憶の奥底に閉じ込めてしまっていた。
 しかしそれでもよかった。おんなのこにとってのすべてだった。

 *

 世界が誰も知らないハッピーエンドを迎えてから10年。

 世界人口は90億で停滞。
 世界を支配していた恐怖のウィルスはいともたやすく人類科学の下に跪いた。
 世界から争いと貧困は拭い去られた。

 10年前に物心がついていた人間は、この世界の10年の変容に感嘆の声を漏らさないわけにはいかなかった。
 エネルギー問題、環境問題は核融合炉の完成によって既に拭い去られた。

 世界中の犯罪組織、反社会組織は、10年前に世界中の財閥によって台頭した『平和委員会』によって殆どすべてが発見、買収されていた。残った者たちの中には、自ら買われに行く者もいるほどであった。少なくとも現在では世界中のありとあらゆる武器、弾丸、核兵器は、平和委員会によって買い上げられ、鉄になったかもしくは広い砂漠の上で分解されている。これから犯罪組織が台頭する材料は最早ない。
 争う必要のなくなった世界の国々は、平和委員会と国連の名のもとにニューヨークに集い、いっせーのですべての武器を破棄することに成功した。
 世界は真に平和になり、人類は黄金時代を迎えている。

 裏の世界である財団世界も、仕事が減ったことで喜ぶものがいる。少なくとも財団のフロント企業のいくらかは必要なくなった。
 無駄な外政に気を遣う事のなくなった発展途上国諸国らは、平和委員会の力添えにより貧困を無くし、それによって餓えにあえぐ子供たちに向けて募金を募集する必要もなくなった。
 つまり、気を狂わせたりして、異常存在を利用する気の狂った組織に勧誘しようとする者たちについて行く子供たちは減り、そのような組織は仕事が増えたという事である。

 「しかし異常存在は減らない……」

 栗色の髪の毛と、ビーチでは絶対に日焼け止めを塗らなければいけないような肌を持つ、ローヒン研究員が言った。彼女はもともと中国出身の女流博士であったが、現在はロシアの国籍を持つ、財団日本支部の優秀な研究員である。このような人生の経緯を持つ者はこの時代の人間ならば珍しくない。
 彼女は時代に取り残されたような、気だるげな黒い目を持っていた。その不安によってかたどられた目はかれこれ一時間スマートフォンに向けられ、なおも離される気配はない。これも特に珍しい事ではない。

 「……であるので、もっとこの部門の人間を増やすべきではありませんか、先生? ただでさえ、我々の部門は、トップの一人の目しか――」

 黒い髪の、黒い目の、日本出身日本育ちの助手は、途中からすこし声を張り上げた。

 「もういいだろ。一時間だ」

 博士は助手に人差し指のサインを立て、スマートフォンを机に置いた。彼女はふんぞり返っていた椅子に、もう一度腰掛けなおした。

 「でもね先生、俺はもっと」
 「私の日本語は間違っているか? それともお上手か? この時代にこの冗談はもう通じないが、知らないのか?」

 気だるげな眼は、一度も助手には向けられたことはない。

 「先生……。仮にもあなたはこの部門の、日本支部の偉い人間じゃないですか」

 助手は先生の不機嫌に一応静かになりながらも、この時代の人間らしく言いたいことは言った。
 しかし先生と呼ばれるものは、残念ながら泣き叫ぶ子供たちの対処を学んだことはない。

 「私は気分が悪い。だから、これ以上面倒ごとを増やしたくはない。私がこの10年間この部門に思ったことは、いつまでたってもこの薬の副作用が解消されない事への不満だけだ。人員の不足は君の戯言だ。今まで君は自分の話を聞いてくれる人間だけとしか出会ったことがないようだが……」

 博士は、ガラスの容器から数粒の薬を取り出して、無造作に喉へ放り込んだ。

 「味だけいいのが、まだマシなものだ。頭が痛い」

 容器は音を立てて、机の上に置かれた。助手の希望も、同時に音を立てた。

 「で、仕事は?」

 ローヒンは物事をいつまでも引きずる目の前の日本人と違い、切り替えの早い人間である。彼女は椅子から立って、悔しげな顔をする助手の顔を覗き込んだ。

 「休憩時間は終わってしまったが、まだ泣き叫ぶつもりかな?」

 その合図とともに、天井から働けという意味のチャイムが鳴る。

 「人員は足りているはずだ。余裕はこれ以上いらない。君の仕事はかつてのサイト-167の調査の報告。違うか? 君はまさか、薬を飲み忘れたわけでもあるまい、川岸主任研究員?」

 助けを求めるような川岸の目を、ローヒンが受け取ることはなかった。

 「分かりました……。せめて会話として受け取ってほしかったな」
 「長い付き合いだ。君の希望語りは論理的だがね、地に足の着いた希望でなければ、いくら論理的でも夢物語でしかないよ。120,000年前の原人に今の社会を聞かせたところで、彼らは実行できまい。ほら、立て」

 ローヒンは手で起立の合図をして、ハイヒールの音を立てながら部屋から出た。川岸は書類とローヒンの荷物を一緒に持って、会議室へと向かった。

 *

 サイト-167で、いったい何が起きたか?

 これはローヒンの部門が取り組んでいる、大きな問題の一つである。いや、実際のところ、彼女らの部門に回される問題はどれをとっても小さいものはないのだが。

 そもそもサイト-167の発見は、まったくの偶然である。本来ここは、人間、いや、あらゆる生物が認知することのできない虚無の空間である。写真に写っても、誰かが入り込んでも、それを直接見たとしても、誰もが『そこには何もない』と『覚える』。

 クレーターだらけの破壊された、しかし大規模なその空間は、明らかに人間の手の着いたものであり、いたるところに落ちている、黒焦げになったいくつかの破片には確かにSCP財団のマークが書かれている。
 だだっ広い、虚無と認識されるだけの空間は4km²以上の広さを有している。ローヒンの部下は数千人いるが、そのうちの数割がこの場所の解明に精を出している。

 ローヒンは左手を白衣のポケットに手を入れて、サイト-167の地下行きのシャフトの認証キーを解除した。
 シャフトは少しの音も立てないでローヒンを運んだ。ただでさえ虚無の空間で、いったい何に対して息をひそめる必要があるのだろうか?

 どこまでも臆病なシャフトは、ベルの代わりに、体を引っ張る重力で到着を知らせた。
 シャフトから足を踏み出したローヒンは、地下空間を支える高さ5mの柱が左右にそびえる空間を素通りして、厳重なエアロックの扉の前に立った。

 「日本語には、鬼が出るかじゃが出るか、と言うことわざがある。君はどう思うね? 私は臆病な日本人の性質をよく表した文だと思うがね」

 彼女は何もいない虚無に向かって尋ねた。虚無は全く同じ声色で、まったく同じ内容を、彼女が言い終わらないうちに返していた。単にこだまとも言う。

 彼女は扉の前で、10秒の時間を要してガラスの容器に入った薬を喉に放り込んだ。

 「頭が痛いよ」

 虚無はまた同じ言葉を返した。

 ローヒンはセキュリティパスをエアロック扉の横の認証キーにかざした。扉は即座に、ゆっくりと回り始めた。これが指し示すことは、この認証キーは今も財団セキュリティベースに繋がっているという事実である。何にも必要とされていないというのに。

 ローヒンはその中に入り、後ろの扉が閉じるのを待って、彼女のいる控室を見回した。何年にもわたる不使用のためか、空気は埃でよどみ、彼女の頭痛を加速させる。ローヒンは次の扉が開くのを待つ間、できるだけ埃のために動くまいと決心した。

 ようやく念願の扉があき、ローヒンは歩き始めた。「うっ」彼女のほっそりと美しい鼻は、まったく不愉快な空気のにおいを脳に伝えた。彼女は胃からこみあげてくる不快感を何とか押し戻し、扉が閉じぬうちにそこから出た。

 内部は冷え切っていた。それが彼女にとっての唯一の救いだった。もしこの空間で誰かが暖房を焚こうものなら、彼女はその人間を殴り飛ばしていただろう。

 不快な有機物の味だ。リンパ液かその類の、得体のしれない体液のようだ。日本の十円玉を握って自動販売機に生き、帰りに後悔したときのにおいでもいい。とにかく、不快なにおいだった。

 ローヒンの左手には、凡そ半円状で高さ6m以上ある、彼女には理解のできない何かの機械が並び、それぞれの周囲に以下のようなものが散らばっていた。家具、工具、食品包装、硬質発泡レンガ、回路基盤、リールに巻かれた繊維布。右手には、縦積みされた何百もの空の輸送コンテナが、凹状の壁を埋めるように並んでいた。中に材料の残っているコンテナを見つけるまでに、更に10分は歩く必要があった。

 彼女はここに来るまでにさんざんこの場所の意味を考えたが、今もずっと新しい考えが出てきている。特にこの、バナナとヨーグルトを混ぜた朝食を床にぶちまけ、3時間ぐらい放置した後の匂いの意味が新しく知りたくなった。

 彼女は、この空間に入ってからずっと視界に写っていた、高さ3mほどの壁の下に着いた。壁はずっと横に、円状に広がっていて、この空間のほとんどの床面積を占めている。ローヒンは手ごろな段差を見つけて、その壁の上に上った。

 底には巨大な円状の空間が広がっている。そして、その中にはこの潔癖症の人間なら気絶するような匂いの元があった。

 それは明らかに、有機物質であった。しかし、こんな生物が地上のどこにも存在するはずはない。それは沈黙していて、腐敗のただなかにあると見られる。それが浸っている濁った溶液は、その生物とも言い難いものの体液か。黒い皮膚の上にかろうじて形の崩れていない緑の班模様があったが、ローヒンは恐ろしいことに、それに既視感を覚えた。今度から彼女は芋虫を見るたびにこの有機体のことを思い出すだろう。

 巨大生物を囲むように配置されている背の高い塔は、かつてどのような役割を果たしていたか、ローヒンは気にする余裕もなかった。その代わりに彼女は天井から吊り下げられている、絶えず轟音を響かせる家ほどの巨大な換気扇に気づいた。

 「誰かいるか?」

 ローヒンは心持少しだけ声を張り上げた。

 「誰もいないのか?」

 虚無と換気扇は返答とは呼べない声と音を返した。

 「このSCiPは何だ? この気味の悪い生き物は? こんなものがこの世に存在してもいいのか?」

 ローヒンは軽いパニックだった。しかし彼女の強靭な切り替え装置は上手く作動し、静寂を取り戻した。

 しかし、モスキート音のような高い声が、彼女の鼓膜を突き抜けて、脳を揺らした。彼女は目に見えて不快感を表した。

 ――バー█・ヒ██ズ

 ノイズ交じりのモスキート音が、彼女の脳に、確かに英語と聞き取れるアクセントの言葉を送信した。ここには誰もいない。なんとなれば、その言葉は、彼女とは別のどこかの生命体から発されたはずである。

付与予定タグ: 反ミーム tale jp


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The kentacom's portal does not exist.


エラー: kentacomのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6733733 (01 Apr 2022 08:47)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License