SCP-XXXX-JP

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 低危険物収容ロッカーにて厳重に保管し、実験の際はSCP-XXXX-JP-2となる人物の精神的特徴を正確に記した書類を担当職員に提出してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、0.5mmのHBの芯に対応している、青色の、一般的な形状のシャープペンシルです。

SCP-XXXX-JPは、ある傷害事件により頭部に重傷を負った被害者が、凶器が他にあるにも関わらず「自分をこんな目に合わせたのは、このシャープペンシルだ」という不可思議な発言をしたことから発見されました。

SCP-XXXX-JPを用いて人名を記述した際、記述された人物(以下SCP-XXXX-JP-1)は、記述した人物(以下SCP-XXXX-JP-2)が持つ精神的特徴の中で最も大きな特徴を3日間付与されることが確認されています。(例として、SCP-XXXX-JP-2が親切な人物だった場合、SCP-XXXX-JP-1は3日間親切な人間になる)また、SCP-XXXX-JP-1は自らの性格などが変化したことには気付かず、この状態が普通だと考えます。異常性が終了した後も、その間の記憶はあるものの自らの性格が変化したことに対しては懐疑的な反応を示します。

SCP-XXXX-JPは自我を有しており、一般的な成人と同程度の知能を持っています。性格は気難しく、自分が気に入った相手でないと会話すらしようとしません。また、原理は不明ですが視覚を有しており、音声を発することも可能です。

補遺:



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Namako0827's portal does not exist.


エラー: Namako0827のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6722482 ( 22 Aug 2020 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License