満ち足りた一日

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

午前6時。
朝日が緩やかに起床を促すが、ベッドの心地よさに抗えず二度寝する。


午前8時。
暖かな日差しが顔を撫でる。寝返りして三度寝に突入。


午前10時。
そろそろ寝るのにも飽きてきたので起床。昨日の晩餐の残りを食べながら外を眺める。平穏無事で晴天快晴。これ以上ない散歩日和と言えよう。魚の身を咀嚼しながら今日の予定を決めた。


午前12時、あるいは午後0時、つまり正午。
散歩に行くと決めたは良いが、ダラダラし過ぎてこの時間。ようやく家から出た私は海まで歩くことにした。陽光に照らされ明るく輝く草原の丘を越え、雄大な景色を見せる複雑な形の海岸に着くまで30分ほどだった。


午後2時。
波の音を聞きながら昼寝中。お日様の熱と心地良い風、最高の時間である。


午後4時。
昼寝、継続中。太陽に小さな雲がかかり、辺りが少し暗くなったり明るく戻ったりを繰り返す様子は面白さがある。


午後6時。
ようやく起きる。釣りの真似事などしてみるものの、私の腕が下手すぎるのか、そもそも場所が悪いのか、恐らくは両方が理由で坊主という結果に終わった。私は魚が海中で嘲笑う様子を思い浮かべる。さざ波に太陽光線が反射して煌めく様子はまさしく自然という名の宝物である。


午後8時。
十分楽しんだので家に帰る。片道30分とはいえ運動は気持ちの良いものだ。山の白い稜線の上に浮かぶ日輪は千切れた雲に囲われて超自然的な印象すら与える威容を魅せつけていた。



午後10時。
日の光が世界を金色に染める中、私は朝食の残りを腹に詰めてベッドに入る。散歩したせいかすぐに眠りに落ちた。あるいは眠る事に疲れているのか。
渦を巻く風が音を立て、どうにも落ち着かない心持ちにさせる。今さっき食べた魚の虚ろな目は私を軽蔑し非難しているようにも見えた。
他人の評価など気にもならない。現にこうして今、私は生きている。




午後12時、つまり午前0時。
私が夢の中で憩う中、疲れ知らずの白夜の太陽はツンドラの大地に陰影をつける仕事をしている。
コケが混じった草原は色彩豊かで、未だに目を開けている者達の目を楽しませる。






風の音が次第に轟音となってくる。まどろみながら私が外に出ると、いつの間にか吹雪が背景を銀世界に変えていた。
寝ている間に天気が一変したらしい。










風と雪が縦横無尽に暴れまわる。あらゆるものを白色に変え、覆いつくし、立ち尽くす私を孤独にする。
踊り狂う氷の大嵐が、お前には中身がないと罵り叫ぶ。
軋る痛みが目口鼻から入りこむ。





















私は吹雪の中で目を閉じ、自分の鼻を覆った。






















付与予定タグ: jp tale


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The tateito's portal does not exist.


エラー: tateitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6719937 (09 Aug 2020 13:25)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License