闇寿司四包丁、人斬包丁のグロテスクの葬式

このページの批評は終了しました。


観自在菩薩かんじーざいぼーさつ行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはらみったじ照見五蘊皆空しょうけんごうんかいくー……」

禿頭の仏僧が木魚を叩きながら般若心経を唱えている。仏壇に飾られた遺影には薄笑いをした若い頬のこけた男。
闇寿司四包丁、人斬包丁のグロテスクの葬儀だ。

寿司の超常組織たる闇寿司、その幹部格である闇寿司四包丁。四包丁とは言いながら十人を優に超える人数がいるが、四包丁グロテスクを殺したのは同じく四包丁、肉包丁のストーンだ。
そしてそれを命じたのは闇寿司の親方、闇、つまりこの俺である。

俺がグロテスクの粛正を命じた理由は財団に収容されているアノマリー、SCP-1690をグロテスクが拉致したからである。
財団という組織は数ある超常組織の中でも特に規模が大きい。それと面と向かって敵対する事は闇寿司に致命的な危機をもたらす。グロテスクの行った行為に対する処罰は一つしかなかった。

色即是空しきそくぜーくー空即是色くーそくぜーしき受想行識亦復如是くじゅそうぎょーしきやくぶにょぜ、……」

グロテスクの奴を見出し、四包丁としたのは俺だ。その死を命じたのもまた俺だ。
思えば、初めて奴に出会った時からこうなる事は見えていたのかもしれない。

グロテスクは傲慢で、浅薄で、下品で、はっきり言って不快な男だった。
深い考えなどはなく、ただ自分の快楽の為に生きていた。奴が俺の下に付いたのは闇寿司思想に共感したからとか回らない寿司協会への怨恨があったからとかではなく、俺に敵わないと悟ったというだけの話である。
その性根は出会った時から改善されることは無く、奴の行動は常に問題を起こした。闇寿司の構成員、そうでない者達、皆が奴のことを嫌っていた。

しかし、その強さは本物であった。

グロテスクは天涯孤独ではあるのだが、それを考えてもこの葬式に出席しているのが3人というのは奴の人望のなさを明確に示している。
俺と、そこで読経している坊主を含めて3人だ。

不生不滅ふしょうふーめつ不垢不浄ふくふーじょう不増不減ふぞうふーげん是故空中ぜこくーちゅう……」

この坊主も闇寿司四包丁の一人である。縁切包丁のニルヴァーナ。青森県下北半島の霊場恐山にて、寺院に偽装した闇寿司恐山店の店長を勤めている。

身長2m近いこの男は端的に言って破戒僧である。肉は食べるし女犯はするし、なんなら人も容易く殺める。
前にその事について尋ねると、自分は無上正等菩提の境地にあり煩悩により迷う事はない、などと返された。本気で言っていたのかふざけていたのかはわからなかった。
タバコも吸うが、仏教の成立した古代インドにはタバコは無かったからそれを禁ずる戒律は無いらしい。しかし寿司職人としてはどうなのか。

寺院に偽装した、と言ったが、こうして葬式もしているようにまがりなりにも仏僧である。とはいえまともな僧侶ではない。若い頃はチベットで修行していたらしいが、性的ヨーガの実践を以って悟りに至るという本格的な左道密教の流派である。世間的には最後の仏典とされる時輪タントラの次の、最終最勝のタントラを所有しているなどと嘯いていたがやはり脳がどこかイカれているのかもしれない。

だが、そんなニルヴァーナも葬式は粛々と執り行っている。

無無明亦むむみょうやく無無明尽むむみょうじん乃至無老死ないしむろうし亦無老死尽やくむろうしじん……」

もう一人の出席者は若き闇寿司忍者、兜桃李だ。
闇寿司忍者は俺が傘下に引き入れた忍者の一派であり、情報収集から暗殺まで様々な任務をこなしてくれている。
グロテスクは忍者の家系に産まれ、様々な流派から技を盗んでその悪名を広めた。桃李とは同じ忍者と言う事で近づき、同年代ということもあり、ある程度の交友を結んだらしい。

とはいえ桃李もこの葬式で特に泣いたり、悲しんだり、驚いてもいない。ただ、眉間に皺を寄せ、難しい顔で読経するニルヴァーナを眺めている。
ほとんど唯一の友人と言える桃李からも、その死にあたって諦められている。
桃李は闇寿司構成員としては高い地位にいない。スシブレーダーとして未熟であり忍者としてもまだまだだからだ。しかし彼にとっても、グロテスクは尊敬すべき友人ではない。

聞いたところによると、グロテスクがその忍術由来の神通力で操る絡繰り人形、闇寿司ピエロの製作を桃李は手伝ったらしい。闇寿司ピエロはグロテスクの孤独を紛らすためのオモチャとも言えるが、グロテスクの両親は遊園地にてピエロの扮装をした快楽殺人者に奴の目の前で殺された。そのトラウマが奴の精神的成長を止めて性格を捻じ曲げたのか?なんにせよグロテスクの人生はそこで変わった。

そもそも自分の両親を殺したピエロの絡繰り人形を操ろうというのはどういう了見なのか?結局のところ奴の心の中は奴にしかわからない。とはいえ、グロテスクの両親はまた忍者であり、忍者としての特訓が幼いグロテスクにとって虐待に近いものだったとは想像できる。それを反転させたピエロに対し尊敬の念を抱いたのか?奴にとっての強者のイメージは快楽殺人者のそれであり、卑劣で邪であることが強者の条件だと思っていた節がある。産まれながらの快楽殺人者も少ないだろうが快楽殺人者になろうという輩はより醜く感じられる。ただ邪悪なだけならまだしも邪悪であろうとするのはより汚らしく感じられる。それが故に奴は嫌われ、それが故に奴を孤立化させた。

本来的に奴は誰にも心を許していないのだろう。
しかしそれでも桃李は葬式に出席した。

究竟涅槃くーぎょうねはん三世諸仏さんぜーしょぶつ依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ……」

ニルヴァーナの読経はまだ続いている。
幹部が死んだ時はいつもニルヴァーナを呼んで葬式をさせている。俺が命じた死であろうとも例外ではない。
そういえば、スシの暗黒卿、ガ・ガは未だ行方不明の扱いだが、あいつもそろそろ特別失踪を適用して葬式をすべきかも知れない。
あいつを財団に通報して死なせたのはやはり俺だ。ガ・ガもまた闇寿司を危険に晒した。だがあいつの葬式ならば出席者は100人を下らないだろう。ガ・ガは闇寿司という組織が成立する以前から様々な活動をしていた。特にニルヴァーナとは昵懇の仲だったことを覚えている。

俺もいい加減トシだが、ニルヴァーナは年上の部下ということになる。ガ・ガなんかは年上というよりも一種の怪人のようなところがあったが、ニルヴァーナは大体10歳ぐらい上なので微妙に遠慮してしまうところがある。
まあこんな破戒僧に遠慮しても仕方がないのだが、どうにも喰えない男である。

ニルヴァーナの店では精進料理が出たかと思えば女体盛りを寿司と言い張って出して来たりと精神が落ち着かなくなるところがある。
奴の十八番のスシブレードは精進料理版のジャンバラヤ、通称シャンバラヤである。シャンバラとは時輪タントラで説かれる理想の仏教国のこと。まあ確かにジャンバラヤはコメ料理なので寿司らしいところはないではないが、ほぼ駄洒落ではないか。
とはいえ創作料理が出来るあたり、料理人としての力量は窺える。グロテスクの奴にそういう才は無かった。

ニルヴァーナもグロテスクのことを良く思っていなかった。直接殺したストーンは憎んでさえいた。同じく四包丁のウィークやスニークなどもグロテスクを軽んじて見下していた。
闇寿司四包丁は馴れ合いをする集まりではない。それにしても奴にそういう意味での味方はいなかった。

羯諦ぎゃーてー羯諦ぎゃーてー波羅羯諦はーらーぎゃーてー波羅僧羯諦はーらーそーうぎゃーてー……」

多くの闇寿司構成員が死んでいった。幹部も闇寿司発足から両手の指で数えきれないほど死んでいる。
他の超常団体との抗争で倒れた者もいれば、危険な実験で命を落とした者もいる。そしてグロテスクのように俺が粛清を命じた者も一人や二人ではない。
これから何人の仲間が死んでいくのか。闇寿司道はまさに修羅道。闇寿司の理想、寿司の可能性の追求は本当にこれらの犠牲に報いる価値を持っているのか。それがわからなくなることがある。

他の構成員がどう思っているかは知らないが、俺が粛清した奴らも依然として俺は仲間だと思っている。ただ、どうしようもなかっただけだ。

今ここにいる三人も十年後生きているのか。強い者も弱い者も死ぬときは死ぬ。

「…… 焼香をお願いします」

三人だけしかいないし、今回は弔辞などは省略した。今更何を言うことがあろうか。
そして焼香、抹香を香炉で焚く。イマイチこういった儀式にどういう意味があるか疑問であるが、意味がないからこそ儀式であり、それが故人を想うことになるのだと勝手に思っている。
ニルヴァーナは再び般若心経を唱え始める。

般若心経。玄奘三蔵によって訳された正式な名称は般若波羅蜜多心経。原語であるサンスクリット語ならばプラジュニャーパーラミター・フリダヤという。般若心経からさらに略され心経とも呼ばれる日本の仏教徒にとって最も人気のある経典だ。何故人気があるかというと無論短いからである。簡単に読経できる長さで仏教における空という概念を説いている。
空、欠如という意味だがこの場合はこの世の一切のものは実体のないモノであり、自分も含めたそういったモノへの執着を断ち涅槃に至れ、という具合の話だ。

我々が必死に生きて、力及ばず死んでいくのもまた空か。我々闇寿司の成し遂げることがどれほどの意味を持つのか。
結局のところ、我々は救われない輩なのだろう。全ての悲惨を引き受けてでも前に進まなければならない。




「では故人に最後のお別れを」

死装束を着せられたグロテスクが棺の中に納まっている。
生きていた頃は常に負の感情で満たされていたその顔は、今は穏やかなように見える。
桃李は闇寿司ピエロを副葬品として棺の中に一緒に押し込んだ。
それをニルヴァーナが見咎める。

「桃李君、これ絡繰り人形でしょ?外側はまあ燃えるだろうけど中の部品とかは金属で、金属は炉を傷めるからダメだよ」
「そうだろうと思って金属部品は取り除きました」
「ならオッケーだ」
ニルヴァーナと桃李も一応面識はあるらしい。

俺は奴がいつも振り回していた人斬り包丁、すなわち日本刀を手に持っている。最初は棺の中に入れようと思っていたが、そもそも燃えるものでもなし考え直して形見としてとっておくことにした。

「それでは一時間の御休憩の後、火葬場へお集まりください」

ニルヴァーナは棺を乗せた台車と共に退出した。


桃李は無感情な顔で遺影を見つめ続けている。

「…… グロテスクの奴は、本当にろくでもない奴でした」

「そうだな」

「自分勝手で、自己中で、粗暴で、あいつと付き合うことはストレスでしかありませんでした」

「だろうな」

「あいつとは絶縁したいと何度も思いました。殺してやろうと思った時もありました」

「そうか」

「…… でも、あいつを放っておくのは、何か嫌な感じがしました。結局あいつは自業自得で死んだんですが……」

「……」


俺はその場を離れ、奴の人斬り包丁に目を移した。
この日本刀、グロテスクは闇寿司武者から貰ったなどとのたまっていた。本当かどうかは疑わしい。たぶん嘘だろう。
一応、ドクタートラヤーとリネームに異常性があるかどうか鑑定をしてもらった。
ドクタートラヤーからは様々な異常性試験の結果をデータにして送ってもらった。結果は全て陰性。とはいえ全ての試験にすり抜けるアノマリーというのも往々にしてあるものだ。
リネームからは異常性は無し、との端的な文章と、日本刀としては備前長船の名刀で2000万は下らないとの鑑定結果もよこしてきた。相変わらずズレた男である。

とにかく、奴はこの日本刀を愛用していた。偏愛していた。それもまた孤独の、孤立の裏返しだったのかもしれない。


俺は今、闇寿司本社ビルの私室にいる。そこにある刀掛けはわざわざ注文したものである。

グロテスクは傲慢で、浅薄で、下品で、はっきり言って不快な男だった。
しかし、強かった。それだけは確かである。


俺はグロテスクの人斬り包丁を刀掛けに掛けた。
奴の死は哀しいとは思えない。しかし奴のことは記憶に留めておきたい。
奴もまた、闇寿司四包丁だったのだ。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The tateito's portal does not exist.


エラー: tateitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6719937 ( 09 Aug 2020 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License