ロシア号第22号車

評価: 0+x

Oda_keeent 2021/7/10 (Sat) 04:12:23 #12132324


大分前にロシアへ旅行に行った時の話だ。
私は、当時勤めていた職場をやめて、ロシア各地を巡る旅行計画を立てていた。
貯金はかなりたまっていたのでそこそこいいホテルに泊まろうかと考えながら、シベリア鉄道のチケットを買おうとRZDのホームページを開いた時だ。
異様に安いチケットが目に留まった。
通常の半分以下の値段だったもので、思わず即座にそのチケットを買ってしまった。

この時、値段に魅入られなければよかったと思っている。

Oda_keeent 2021/7/10 (Sat) 04:12:23 #12132324


旅行当日。ウラジオストク駅に留まったロシア号に乗り込んだ。
私が泊まる号車はかなり後ろのほうにあり、連結部を何度も渡る。
ようやく到着した号車は、異様に寂れていた。
汚れやサビがひどく、なんで掃除とかされていないんだと思うほどに汚かった。
だが、こういうところで寝るのには慣れていたため、持っていたハンカチや水を使ってある程度汚れをふき取り、何とか寝床を確保した。
掃除をしていた間に発車していたようで、ガタンゴトンと音を立てながら、ロシア号は市街地を抜けようとしていた。
異様に寂れたこの号車に興味を持った私は、ここを探索することにした。


ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License