Oda_keeent-58--ee66

このページの批評は終了しました。


[[tab アリア調律師の人事ファイル]]
名前: アリア・オダ

性別: 女性

誕生日: 2000年12月21日

セキュリティクリアランスレベル: 1

職員クラス: Class C

所在: サイト-8181 織田博士の部屋

役職: 調律師

業務: 様々な楽器の調律 織田博士の世話1

雇用経緯: 織田博士がポーランド観光の際に、ジェラゾヴァ・ヴォラにて保護。調査により絶対音感があることが判明したために調律師として雇用された。

人物: アリア調律師は銀髪で赤目の、いわゆるアルビノに近い容姿をした女性です。身長は160cmであり、体重は40kgです。
性格は「明るいものの、どこか闇を感じる」と評されており、これは後述の理由によるものだと考えられています。基本的には誰にも敬語で礼儀正しく、職員間での評価も高いです。

アリア調律師は完璧とも言えるほどの絶対音感を有しており、0.0001単位で周波数を聞き分けることが出来ます。また歌唱に関しても才能を持ち、時には自らその歌唱を披露することもあります。
一方でキーを変更した状態で歌唱することを非常に苦手としており、基本的に声域の広い楽曲を歌うことはありません。
また、「0.1Hzでも周波数がずれていると気持ち悪くなる」として楽器の調律は非常に厳しく、時には一晩以上かけて調律することもあります。そのため、彼女の調律した楽器は音高が完全に一致しています。

アリア調律師は、ポーランドの閉鎖的な集落で誕生しました。その容姿により悪魔や忌み子と蔑まれており、暴力行為及び強姦などを幾度となく受けていたようです。保護された際、「目が酷く濁っていた」と織田博士は話しています。
なお現在、その集落はSCP-████-PLの襲撃により完全に壊滅しています。

現在の彼女は織田博士に完全に依存しており、時に過激な行動に出ることもあります。
勘違いによる思い込みも激しく、時折織田博士が彼女に詰め寄られている姿を目撃できます。

織田さん、この前掃除をしていたら明らかに女性ものの下着が見つかりました。いったいどういうことなんですか? _アリア調律師

お前のだよ。 _織田博士

一度目撃したんですけど、あの詰め寄る感じは本当に怖いですね。思わずコーヒーをこぼしてしまいましたよ。 _エージェント・██

[[/tab]]

ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License