拍子抜け 計画書

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


計画書




ラフコンセプト

  • 読者に与える感情・感覚
    • Hm値が基底世界と異世界で同じであるとは限らない
  • 異常性
    • 異世界からの通信電波が発せられている洞窟
  • 展開
    • 洞窟からの電波と通信→異世界のざいだんであることが判明→テロリストによって異世界が崩壊しそうになっているという情報を入手、現実改変能力者での一種ではないかと基底財団考察→話を聞く限り色々やばそうなので洞窟周辺の軍備増強→テロリストが洞窟に逃げ込んだという情報入手→さらに軍備が強化される→出てきたのは何の変哲もない一般人、暴れたものの即座に確保される→その後の調査により亜財団のHm値が非常に低いことが判明


構造

  • 今回使う構造はどういう要素をどういう順番で配置するもの?
    • 洞窟の異常性の解説→インタビューによる情報開示→財団の準備→一般人出現
  • この構造を使うと、どういう流れでどういう感情を喚起できる(面白さがでる)?
    • ミスリードによる危機感からの想像を裏切られた感覚
  • その構造はどこで学んだ? 実際に使われている例は?
    • 不明(恐らくない?)
  • その構造に必要な要素と順番はあなたの記事に(読者が理解できる形で)しっかり含まれている? - はい
  • その他面白さを出す要素・工夫は?
    • インタビューによる異世界のテロリストのやばさ 財団の焦燥感
  • 長すぎない?(不要な要素はない?) - はい


異常性

  • 異常性は具体的か? - はい
  • 異常性を要素分解しよう。
    • 通信 異世界 洞窟 テロリスト Hm
  • この異常性のどこが新しい?
    • Hm値は世界によって違うという恐らく新しい概念を出すこと。
  • それらの要素は記事の展開に必要? (バックストーリーが「コピペバックストーリーではないか?」) - はい

ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License