ソビエトの家の怪

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

Usage

To import this theme to your page, put the following anywhere inside it:

[[include :scp-wiki:theme:creepypasta]]

The standard CSS @import method won't work. This is intentional (thanks to stormbreathstormbreath for providing the CSS code!). Importing the theme using [[include]] adds your page to a list of Backlinks. This is useful for seeing what pages would be affected when this theme is updated, and allows any errors caused by that to be noticed and corrected much faster.

You can view any page's Backlinks by clicking "+ Options" at the bottom of the page, then "Backlinks".


Examples

rook.png

Parawatch Logo.

A horizontal rule can be created with 5 hyphens "-----" and extends across the whole page if it's not placed inside anything (eg a blockquote). The lines separating sections of this document are horizontal rules.

Titles can be created by putting between one and six plus "+" at the start of the line

This is a tab view.

This is a blockquote, created by putting "> " at the start of each line.

More text


That's a horizontal rule

Nested blockquotes

This is a table
You should know how to make these
already
@import url('https://fonts.googleapis.com/css?family=PT+Mono&display=swap');
 
/*
    Powered on 2019/05/09 06:09:42
    [2019 Wikidot Theme]
    Created by The Great Hippo
    CC BY-SA 3.0
*/
 
/* FONTS AND COLORS */
 
:root {
    --bg-light: #262626;
    --bg: #1a1a1a;
    --bg-dark: #000000;
 
    --fg-light: #ffffff; 
    --fg:  #f2f2f2;
    --fg-dark: #e6e6e6;
 
    --fg-accent-light: #ffffcc;
    --fg-accent: #ffff99;
    --fg-accent-dark: #ffff80;
 
    --fg-accent-2: #ffffff;
 
}
 
body {
    background: var(--bg);
    color: var(--fg);
    font-family: 'PT Mono', monospace;
}
 
a, a:visited {
    color: var(--fg-accent-dark);
}
 
h1, h2, h3, h4, h5, h6, #page-title {
    color: var(--fg-light);
    font-family: 'PT Mono', monospace;
}
 
ins, del {
    color: black;
}
 
/* HEADER */
 
div#container-wrap {
    background: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Acreepypasta/gradient.png) top left repeat-x;
}
 
div#header {
    background: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Acreepypasta/parawatch.png) 10px 40px no-repeat;
}
 
div#header h1 a span {
    /* hiding header text */
    font-size: 0px;
    color: transparent;
}
 
div#header h1 a:before {
    content: " ";
    color: rgb(24, 24, 24);
}
 
div#header h2 span {
    font-size:0px;
    padding: 4px;
}
 
div#header h2:after {
    content: " ";
    font-weight: bold;
    color: rgb(255, 224, 135);
    padding: 19px 0;
    text-shadow: 1px 1px 1px rgba(0, 0, 0, .8);
    white-space: pre;
}
 
/* SIDE-BAR */
 
div#side-bar a,
div#side-bar a:visited {
    color: var(--fg-dark);
}
 
div#side-bar div.side-block {
    background: rgb(24, 24, 24) !important;
    border: 1px solid #ffe087;
    box-shadow: 0 2px 6px #404040;
}
 
div#side-bar div.side-block div.heading,
div#side-bar div.collapsible-block-unfolded-link,
div#side-bar div.collapsible-block-unfolded-link div.collapsible-block-link {
    color: rgb(255, 224, 135);
    border-color: rgb(255, 224, 135);
}
 
/* Recolors the image bullet points in the side-bar */
.side-block .menu-item > .image {
    filter: hue-rotate(230deg) invert(100%);
}
 
/* Recolors the Translation Module */
div.scpnet-interwiki-wrapper {
    filter: hue-rotate(230deg) invert(100%);
}
 
/* Recolors the panel that opens on mobile with the side-bar */
@media (max-width: 767px) {
    #side-bar{
        background-color: var(--bg);
    }
}
 
/* Recolors the drop down from the arrow next to username in the header */
#login-status ul a {
    color: var(--fg);
    background: var(--bg);
    border-color: var(--fg);
}
 
#login-status ul a:hover {
    color: var(--fg-dark);
}
 
/* Makes the code readable */
.hl-identifier, .hl-code, .hl-brackets {
    color: var(--fg);
}
 
/* Top-Bar */
#top-bar a { 
    color: var(--fg-dark);
}
 
#top-bar ul li ul {
    border-color: var(--fg-light);
}
 
#top-bar ul li.sfhover ul li a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
   border-top-color: var(-fg-light);
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background-color: var(--bg-light);
    color: var(--fg-dark);
}
 
#top-bar ul li.sfhover a:hover,
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: var(--bg-dark); /* top bar hover background color */
    color: var(--fg-dark);
}
 
div.yui-navset div.yui-content {
    background: rgb(24, 24, 24);
}
 
div.yui-navset ul.yui-nav a,
div.yui-navset div.yui-navset-top ul.yui-nav a {
    background: rgb(24, 24, 24);
    color: rgb(255, 237, 185);
    border: solid 1px #ffffff;
}
 
div.yui-navset ul.yui-nav a:hover,
div.yui-navset ul.yui-nav a:focus {
    background: rgb(40, 40, 40);
    color: rgb(255, 237, 185);
}
 
div.yui-navset ul.yui-nav .selected a,
div.yui-navset ul.yui-nav .selected a:focus,
div.yui-navset ul.yui-nav .selected a:hover {
    background: rgb(50, 50, 50);
    color: var(--fg);
    border: solid 2px #ffff99;
}
 
/* rating module */
 
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: var(--bg-dark) !important;
}
 
.page-rate-widget-box .rate-points,
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a,
.page-rate-widget-box .cancel a {
    background-color: var(--bg-dark);
    color: white;
    border: 0;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown,
.page-rate-widget-box .cancel {
    background-color: var(--bg-dark);
    border: 0;
    border-left: 1px solid var(--fg-accent-light);
}
 
.page-rate-widget-box .rate-points,
.page-rate-widget-box .cancel a {
    border: 0;
 
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background-color: var(--bg-dark);
    color: white;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover,
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background-color: var(--bg-dark);
    color: white;
}
 
/* footnote hovers */
 
.hovertip {
    width: 20em;
    padding: 0.5em;
 
    border: 1px solid var(--fg-accent-light) !important;
    border-radius: 0.5em;
 
    background-color: #000000ee !important;
    box-shadow: 0 0 6px 1px #000000aa;
    z-index: 100;
}
 
.hovertip .f-heading {
    color: var(--fg-accent-light);
}
 
/* inputs */
 
input.text, input.button,
#search-top-box-input,
#search-top-box-form input[type=submit],
div.buttons input, input.button, button, file, a.button {
    background: transparent;
    color: var(--fg);
    border: 1px solid var(--fg-accent-2);
    border-radius: 0;
    font-size: 1em;
    outline: 0;
}
 
div.buttons input:hover, div.buttons input:focus,
input.button:hover, input.button:focus,
button:hover, button:focus,
file:hover, file:focus,
a.button:hover, a.button:focus {
    border-color: var(--fg-accent-2);
    background: transparent;
    color: var(--fg);
}
 
input.text:hover, input.button:hover,
input.text:focus, input.button:focus,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus,
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    color: var(--fg);
    background: transparent;
    border: 1px solid var(--fg-accent-2);
    outline: 0;
}
 
/* EDITING WINDOWS */
.owindow {
    color: #000;
}
 
.owindow h1, .owindow h2, .owindow h3, .owindow h4, .owindow h5, .owindow h6 {
    color: #000;
}
 
.owindow a {
    color: #272727;
}
 
table.page-files .highlight {
    background-color: #272727;
}
 
input.text {
    border: 1px dashed #000;
    color: #fff;
}
 
input.text:focus {
    border: 1px dashed #000;
    color: #fff;
}
 
input.text:hover {
    border: 1px dashed #000;
    color: #fff;
}
 
div#lock-info {
    background-color: var(--bg-light);
}
 
/* BLOCKQUOTES */
 
blockquote,
div.blockquote {
    background:  var(--bg-dark);
    border-width: 2px;
    border-style: solid;
    border-color: var(--bg-light);
}
 
/* Parawatch Forum Pseudo-Blockquotes */
div.parapost {
    background:  var(--bg-dark);
    border-width: 2px;
    border-style: solid;
    border-color: var(--bg-light);
    padding: 0 1em;
    margin: 1em 3em;
}
 
div.parapost.reply1 {margin: 1em 3em 1em 4em;}
div.parapost.reply2 {margin: 1em 3em 1em 5em;}
div.parapost.reply3 {margin: 1em 3em 1em 6em;}
div.parapost.reply4 {margin: 1em 3em 1em 7em;}
div.parapost.reply5 {margin: 1em 3em 1em 8em;}
 
@media (max-width: 479px) {
   div.parapost {margin: 1em 0;}
   div.parapost.reply1 {margin: 1em 0 1em 1em;}
   div.parapost.reply2 {margin: 1em 0 1em 2em;}
   div.parapost.reply3 {margin: 1em 0 1em 3em;}
   div.parapost.reply4 {margin: 1em 0 1em 4em;}
   div.parapost.reply5 {margin: 1em 0 1em 5em;}
}
 
@media (min-width: 480px) and (max-width: 580px) {
   div.parapost {margin: 0.5em;}
   div.parapost.reply1 {margin: 0.5em 0.5em 0.5em 1em;}
   div.parapost.reply2 {margin: 0.5em 0.5em 0.5em 1.5em;}
   div.parapost.reply3 {margin: 0.5em 0.5em 0.5em 2em;}
   div.parapost.reply4 {margin: 0.5em 0.5em 0.5em 2.5em;}
   div.parapost.reply5 {margin: 0.5em 0.5em 0.5em 3em;}
}
 
/* IMAGES */
 
#page-content .scp-image-block {
    border-color: var(--fg-accent);
    box-shadow: none;
}
#page-content .scp-image-block .scp-image-caption {
    border-color: var(--fg-accent);
    background-color: var(--bg-dark);
}
 
table.wiki-content-table th {
    background-color: var(--bg-dark);
}
 
hr {
    background-color: var(--fg);
}
 
.code {
    border: 1px dashed var(--fg);
    background-color: transparent;
 
    font-family: "Courier", "Courier New", "Roboto Mono", monospace;
    font-size: 1em;
}
 
/* INFO MODULE */
 
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: var(--bg-dark); 
    border: 1px solid var(--bg-dark);
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton p a {
    border-left-color: var(--fg-accent-light);
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel {
    border-radius: 0;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .rate-points {
    border-left: 0;
}
 
#page-content .modalbox {
    background: linear-gradient(var(--bg) 51px,var(--bg-light) 51px,var(--bg-light)) !important;
    color: var(--fg);
    box-shadow: 0 2px 6px #404040;
}
 
.close-credits,
.credit-back {
    filter: hue-rotate(230deg) invert(100%) brightness(150%);
}
 
#footer {
    background: var(--bg-light);
}
 
/* MOBILE CODE */
@media (max-width: 767px) { 
    div#header {
        background-size: 22em;
        background-position: 1em;
    }
 
    #top-bar .open-menu a {
        border: 0.2em solid var(--bg-light);
        background-color: #787878;
        color: var(--bg-light);
  }
}
rating: 0+x

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:12:43 #11233211


この間、カリーニングラードに行った時の話だ。
ソビエトの家という建造物を知っているだろうか?ケーニヒスベルク城の跡地に未完成のまま放置されている、コンクリート製の建造物だ。私はあの建造物自体には特に詳しくないんだが、ケーニヒスベルク城を破壊して作ったということは知っている。随分と罰当たりなことを。

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:14:56 #1123321


さて、本題に入ろう。私はその日、とあるガイド(ここからはAと呼ぶ。)からソビエトの家を見学しないかという誘いを受けた。
よくよく話を聞いてみるとどうやら違法な見学ツアーらしく、正直最初は行く気が無かった。
しかし一緒にカリーニングラードに来ていた嫁(ここからはSと呼ぶ。)が余りにも行きたいというので、結局押し負けた。
メンバーは私とS、そしてAを含めた5人で、夜に行くこととなった。

行く数時間ぐらい前だろうか。私は悪寒が止まらなかった。Sはそんなことないようだったが、どうしても嫌な予感がして行くのをやめるのを提案したが、頑なにSは拒否した。
「滅多に入れないようなところだし、死ぬ前に行ってみたい。」とSは譲らず、結局俺はまた押し負け、逝くことになった。

予定時刻についたころ、二人の老人とAがすでに集まっていた。
まずはそれぞれ自己紹介をしたんだが、老人の片方(ここからはIと呼ぶ。)はソビエトの家を建設した作業員で、もう片方(ここからはUと呼ぶ。)はケーニヒスベルク城の破壊に従事した労働者だったということが分かった。何でも、自分たちが深く関係している、このソビエトの家に入ってみたかったそうだ。
まあ、この時点では悪寒はあったものの、何かが起こる雰囲気は無かった。

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:18:12 #11233211


全員が集合したことをAが確認すると、Aはソビエトの家に向かって歩き出した。
暫くは5人で駄弁りながら、段々と近づいてくるソビエトの家が見えた。月の光に照らされるその巨大な廃墟は、どこか荘厳さを感じながらも、不気味な雰囲気を醸し出していた。

ソビエトの家の間近に着くと、Aは「では、入りましょう」と言ってそのまま中へと入っていった。警備員とかいないものかと思いながら俺は入ったんだが、中には誰もいなかった。蜘蛛の巣が張られ、埃が溜まっていたのを見るに最近まで誰も立ち入っていないのだとすぐに察した。

暫くAに連れられて探索していると、Aが立ち止まった。どうやら、ここからは自由時間らしく、好きなように探索してもいいようだった。
早速Sが「気になる場所があった」と私の腕を引っ張る。数分ほど歩くと、Sは扉の前で立ち止まった。
奇妙な扉だった。周りは全部コンクリートであるのに対し、そこだけ鉄製で、ソファのような赤い模様をしていた。
その扉に近づいた瞬間、嫌な予感と悪寒に襲われた。開けてはいけない、直感的に私は察した。
だが、Sはそんな私を気にせずに手のひらを扉に押し付けた。慌てて止めようとするも、間に合わなかった。
バンッという音とともに扉は勢いよく開いた。

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:17:46 #11233211


扉を開いた瞬間、嫌な予感と悪寒は消え去った。気のせいだと自分を納得させ、すでに中に入っていたSを追って私も中に入った。

内装は、扉以上に奇妙だった。

赤い絨毯が敷かれ、天井付きの高そうなベッドと化粧台、そして3人ほどの鎧が置かれていた。これだけでも十分奇妙なのだが、妙な生活感があり、更には埃が一つも積もっていなかった。最近まで人がここに住んでいたんじゃないかと疑うほどだった。
Sは不思議そうな顔をしながらも、「こんなもんか」とすぐに部屋から出ていってしまった。
私は数分ほど探索し、部屋を出ていく前に、壁にこう刻まれていたのを見た。

1968 unverzeihlich

当時は意味が分からなかったが、これを和訳すると「1968 許せない」となるようだ。

1968、調べたところによるとケーニヒスベルク城が破壊された年のようだ。

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:20:43 #11233211


Sはどうやら私が部屋から出るのを待っていたらしく、扉の前に待機してくれていた。一緒に歩いていると、IとUに遭遇した。どうやら私たちを探していたらしく、そろそろ見学ツアーが終わるということを伝えてくれた。
4人でAを探していると、最上階でAを見つけた。Aはずっと外を見つめながら、ブツブツと何かを呟いていた。
近付くと、どうやら私たちに気付いたらしく、こっちを向いた。

その時、一瞬だけAの口が歪んだ笑みを浮かべているのが見えた。私以外気付いている様子は見せなかったので黙っていたが。
Aは「では、見学ツアーを終わりとしましょうか」と言った。それを聞いた私は、Aから顔を背け、3人のほうを向いた。
その瞬間だった。

Iが、肩からわき腹にかけて突然真っ二つになった。

余りにも突然のことにUは茫然とし、Sは数秒硬直した後にその場に座り込んでしまった。私は慌ててAを問いただそうと振り向いたが、いつの間にかAはいなくなっていた。目を離したのは10秒ほどだったのにも関わらず、だ。Iは驚いたような顔をしながら死んでいた。
腰が抜けてしまったらしいSを抱えると、私は走り出した。それに気が付いたUも、慌てて私を追いかける。
最上階から段々と降りていって、2階まで下りた時。
今度は、後ろからUの叫び声が聞こえた。思わず後ろを見ると、半透明な剣のようなものに心臓を突き刺されていた。
半ば発狂しながら私は階段を駆け下り、あと一歩で出口というとき。ふくらはぎに鋭い痛みが走った。どうやら足を斬られたようだった。だが、何とか痛みをこらえ、出口から飛び出す。振り返ると、鎧を着た4人の何かが、恨めしそうに私とSを見つめていた。暫くして、鎧はソビエトの家へと戻っていった。

私は足の痛みに絶叫しかけながらも、上司に電話をかけ、ある程度の事情を説明した。すると上司は、「ちょっと待ってろ」と言い、電話を切った。
足の出血が止まらず、ズボンが真っ赤に染まりかけた時。救急隊員が私に駆け寄ってきた。どうやら私の上司から通報があったらしく、私は担架に運ばれ、救急車に乗せられた。
あまりにも理解できない状況を体験した私は疲れ果て、救急車の中で意識を失った。目覚めた時、私は病院のベッドで眠っていた。

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:23:32 #11233211


上司がどうやったのかは分からないが、どうやらこの件はもみ消されたらしい。警察が来ることもマスコミが来ることもなかった。
Sはただ腰が抜けただけらしく、すぐに良くなって私の看病をしていた。

とりあえず、あれ以来ソビエトの家には一切近付いていない。
あそこまで死ぬかもしれないと思った経験は初めてだった。もしも、あと数秒でも走るのが遅れていたら、私とSはどうなっていたんだ?

Oda_kent 2021/1/17(Sun)12:23:59 #11233211


だが一つ、私には分かったことがあった。

恨みは恐ろしいのだと。


ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License