シベリア鉄道の怪

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

TIME 2020/12/21(Fri)20:12:43 #98658754


5年前に体験した話を思い出したので、ここで話すことにする。

シベリア鉄道、というものを知っているだろうか。
知っている人も多いだろう。世界最大の鉄道であり、ロシアを横断する鉄道だ。
私はその時、モスクワへ用があったものだからシベリア鉄道で移動していた。客室付きの結構豪華な電車だった。まあ、僅かに異臭がしたが。

大体、夜になったころだろうか。妙に外から物音が聞こえてきた。
バタバタと、何かが走るような音だ。気になって外を覗いてみても、誰もいなかった。足跡らしきものが付いていたわけでもなかったし、黒い影が見えたとかそういう事もなかった。
まあ、私は空耳かと思って眠りに就いた。

その時、奇妙な夢を見た。
薄茶色っぽいような白黒の視界で、電車の寝台に座っている夢だった。
目の前には若い女がいた。恐らく金髪のロシア人で、私に親し気に話しかけてくる。
どうやら私は誰かの視界を乗っ取ってみているようだった。自分では特に何も言っていないのだが、勝手に口が動いて喋っている。少なくとも私の声ではなかった。会話はノイズが混じったようでよく聞き取れなかったが、旅行を楽しんでいるように思えた。
彼女の後ろには、日めくりカレンダーが置いてあった。

1967/12/21

こう書かれていたのをよく覚えている。窓もあったが、外は結構暗くなっていて星空以外何も見えなかった。
数分ほどして、突然悲鳴が聞こえてきた。
女性のキンキンとした悲鳴で、隣の客室から聞こえてきたようだった。
その直後、パンッという銃声がした。それを皮きりにあちこちから悲鳴や叫び声が聞こえ、それに交じって打撲音や銃声も聞こえてきた。
次の瞬間、私と女がいた客室の扉が破壊された。

そこで夢は終わった。起きた時は汗だくで、正直言うとかなり怖かった。
とりあえず目が冴えてしまったので体を起こし床に足を付けると、何か違和感を感じた。
何か硬いものを踏みつけているようだった。
足をどけて床を見ると、一つの空の薬莢が転がっていた。僅かながら埃をかぶっていたので、寝台の下から転がってきたようだった。
拾ってよく見てみると、そこそこ古いものだということに気が付いた。
もう少し細かく見ようと目を近づけると、叫び声が廊下から聞こえてきた。
思わず薬莢を落としてしまったが、それよりも叫び声のほうが気になり、廊下へと飛び出た。
ほかにも悲鳴を聞いた人が廊下へと出ていたようで、少し話したのちに全員客室へと戻っていった。
薬莢はいつの間にかどこかへ消えていた。探しても見つからなかったので、結局探すのは諦めた。

だが、ここで気付いた。
何故薬莢が落ちているんだ?と。
パニックに陥った私は窓を開けて、飛び出していた。
分厚い雪があり何とか衝撃は吸収されたものの、速度が付いていたのでかなり痛かった記憶がある。
説明すると、古い薬莢というのはハンドロード、実弾を手作業で作る時に最も使われる。いつ使われたのかを分かりづらくするためだ。
またシベリア鉄道を走る電車は、区間ごとに清掃が行われえる。
つまり私が電車に乗るまでの間に、誰かがあの客室で射殺され、そしてどこかにその死体が遺棄された可能性が高い。
夢で見た日付は12月21日、そしてその時の日付も12月21日。私は、21日に何かが行われているんじゃないかと考えている。
偶然だと思う人もいるだろう。
だが、火のない所に煙は立たない。何かが起こらなければ、あんな夢を見ることはないし、あんな物音を聞くこともない。必ず、何かがあったんだ。

ふと思ったことだが、射殺されたということは銃声が聞こえるということ。なのに、なぜ誰も通報などしなかったのだろう。もしかして、男はその号車に1人でいたのか?1人になったところを狙われて殺された?
ではなぜ、夢で見た時は何人も殺害されていたのだろう。1人になるタイミングがなかった?ならば寝込みを襲うなどすればいいはずだ。

まあ、私の考えは一度ここまでにしておこう。
とりあえず、幸いにも駅は2kmほど先にあったので、歩いて向かった。
そこからは特に何も起きず、モスクワでの用事を終え、そのまま帰ることが出来た。

しかし、気がかりだったのが上司だった。このことを上司に報告したんだが、1分ほど私を見つめた後、「忘れろ。」とだけ告げられ、帰っていったんだ。
上司は、何を知っているんだ?

とりあえず、必ずあの号車では何かが起こった。
何せ、あそこの異臭は硝煙と血の臭いだったんだ。

誰か、似たような経験をしたことがある人は書き込んでくれ。

Rousseau 2020/12/21(Fri)20:23:46 #10987966


おお、これぞ王道の陰謀論!!特定の日に何かが起こるっていうのはありきたりだけど面白い。
にしても、俺も21日にシベリア鉄道に乗ったことがあるが、特に何もなかったぞ?TIME氏が見たという夢も見なかった。

TIME 2020/12/21(Fri)20:25:31 #98658754


本当に何も起こらなかったのか?些細な事でもいいんだ、教えてくれ。

Rousseau 2020/12/21(Fri)20:26:47 #10987966


うーん、些細な事なら一つある。
シベリア鉄道の……区間は忘れたが、そこの間の記憶が無いんだ。本当に些細な事だけども、空白みたいにそこの記憶が空っぽだから、結構不思議に思っている。

TIME 2020/12/21(Fri)20:28:56 #98658754


情報提供感謝する。同僚に聞いても「知らない」か「忘れたほうがいい」の一点張りだったからここに書き込んで良かったと今思っているよ。

ほかにも、何か知ってる人はいないか?些細な物音でも、臭いでも何でもいいんだ。

O.kent 2020/12/21 (Fri)20:30:54 #18101809


俺もシベリア鉄道で奇妙な体験をしたことがあるな。
何年かは忘れたが、確か12月21日のことだ。旅行の為にシベリア鉄道に乗っていて、寝台に横になっていた。
急にガタンと電車が大きく揺れて、俺は寝台から投げ出された。結構勢いよく体を打ち付けられたのを覚えている。
そして客室の扉がバンッと大きな音を立てて開いたかと思うと、頭を強く踏み付けられた。
頭に何か金属質の物体を押し付けられたんだが、暫くして「済まない、間違えた」という声がしたと同時に強烈な痛みが走ったかと思うと、そのまま意識を失った。

次に目を覚ました時には、俺は寝台に寝かされていた。最初はただの夢かと思ったんだが、踏まれた感覚が頭に残っていたし、僅かに髪の毛が湿気っていたんだ。さらに鍵を書けたはずの扉の鍵が開いていた。

同じような経験をしたのは俺だけじゃないというので安心したのと、余計に疑問が深まった。本当に、12月21日に何が起こったんだ?

TIME 2020/12/21 (Fri)20:35:46 #98658754


情報提供感謝する。直接的な被害を食らったケースもあるのか。

段々と嫌な予感がしてきた。

O.kent 2020/12/21(Fri)20:40:59 #18101809


同じく。

そうだ、今思い出した。目が覚めた時に外を見たんだが、その時に何かたなびく旗のようなものを見た。
古くボロボロだったが、確か下から赤、青、白の旗。ロシア国旗だった気がする。すぐに森の奥に行ってしまい、よく見えなかったが。

TIME 2020/12/21 (Fri)20:42:44 #98658754


新たな情報提供、感謝する。

なにか、政府でも関わっているのか?今調べてみたが、12月21日に関しての情報が著しく欠如していた。
かなり調べて出てきたのも、クラスノヤルスク沿線で4人が死亡したという事件が発生したのみだった。

12月21日に何か隠されているのか?政府まで関係しているとするならば、国家ぐるみで何が行われているというんだ?

G.R.F. 2020/12/21(Fri)20:43:47 #20201221


いつの間にこんなスレッドが?
おい、すぐにこのスレッドを消したほうがいい。これは警告だ。

TIME 2020/12/21 (Fri)20:46:44 #98658754


どういうことだ?突然言われても意味が分からないんだが。

G.R.F. 2020/12/21(Fri)20:50:42 #20201221


済まない。だがこれは本当の警告だ。
あの鉄道については何も話せない。しかし、君はこれ以上何も知ることはないだろうし、知らないほうがいいだろう。
私は君の身を案じているんだ。

TIME 2020/12/21 (Fri)20:54:32 #98658754


その言い草だと何か知っているようだな。

頼む、何か情報を教えてくれないか?

G.R.F. 2020/12/21(Fri)20:57:42 #20201221


君には何も教えられないんだ。君があの経験をしているのなら、もうシベリア鉄道に乗らないほうがいいだろう。
なあ、頼む。これ以上関わらないでくれ。この鉄道に、この儀式にこれ以上関わらないでくれ。

TIME 2020/12/21 (Fri)20:59:49 #98658754


儀式だと?12月21日に何らかの儀式が行われているのか?

とりあえず、シベリア鉄道に乗らないほうがいいだろうと言っているが、私は今シベリア鉄道に乗っている。すでに客室で横になってこれを書いているんだ。

G.R.F. 2020/12/21(Fri)21:03:11 #20201221


ああ、待ってくれ。今すぐ窓をこじ開けて飛び出すんだ。頼む。
まだ死にたくないだろう?あの夢のようになりたくないだろう?早く飛び降りるんだ。
今すぐ。

TIME 2020/12/21 (Fri)21:05:41 #98658754


済まないが、上司曰く急用とのことなんだ。それに、いま飛び出したら雪に埋もれて死んでしまう。
もうそろそろで電波が届かない地点に入るので、これを最後の書き込みとしてもらう。

ひとまず、忠告ありがとう。部屋にこもって、銃を構えておくことにする。

G.R.F. 2020/12/21(Fri)21:07:32 #20201221


待ってくれ、頼む。早く降りろ。雪に埋もれてもすぐに助けは来るんだ。



G.R.F. 2020/12/21(Fri)21:13:18 #20201221


ああ、間に合わない。

済まない、本当に。



NONAME 2020/12/21(Fri)21:21:21 #21212121


そういえば今日は21日だな。可哀想に。

想定タグ パラウォッチ クリーピーパスタ tale-jp


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License