タイトルなし

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号: 2453-JP
レベル3
収容クラス:
keter
副次クラス:
none
撹乱クラス:
keneq
リスククラス:
warning
SMAP_2008_Super_Modern_Artistic_Performance_Tour.jpg

SCP-2435-JP個体実例

特別収容プロトコル: SCP-2453-JP個体は発見次第即座に確保された後に直近の財団施設に輸送され、研究された後に終了されます。
新たなSCP-2453-JP個体が発見された場合、最初に発見された個体のみ収容され、その後発見された同一個体は前述と同様の手順により終了されます。収容されている個体には毎日2回の食事を与えてください。

SCP-2453-JPと接触する職員はハザードスーツと耳栓を着用することが義務付けられています。

SCP-2453-JP個体に接触した一般人はインタビュー後にクラスC記憶処理を施し開放します。
また、SCP-2453-JP個体とその元となっていると考えられる人物が接触し、その際に受けた影響が重大であった場合、カバーストーリー流布後に財団施設で拘留されます。
影響が軽微であった場合、インタビュー後にクラスC記憶処理を施され開放されます。

説明 SCP-2453-JPは、著名な人物に非常に酷似した人型実体です。SCP-2453-JPはDNAや指紋、声紋や外見が元となった人物(以降オリジナルと表記)と完全に一致しており、見分けることが非常に困難です。

SCP-2453-JPはオリジナルの短所1とされる部分が存在せず、唯一そこで見分けることが可能です。

一般人がSCP-2453-JPの声を聴く、もしくは皮膚を介して直接接触した場合、SCP-2453-JPが著名人本人であり、オリジナルは外見が酷似した別人であると考えるようになる認識災害が発生します。これはSCP-2453-JPに関する記憶を削除することで対処が可能です。

オリジナルがSCP-2453-JPの声を聴く、もしくは皮膚を介して直接接触した場合、約半数のオリジナルは激しい鬱状態に陥り、最終的に何らかの形で死亡します。死因について共通性はないものの、SCP-2453-JPの異常性の1つであると考えられています。
残り半数は激しい恐怖を感じるものの、死亡することはありません。

SCP-2453-JPと接触したオリジナルの一例を以下に記します。

  • エイブラハム・リンカーン2
  • 芥川 龍之介3
  • イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ4
  • 津島 修治5
  • ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ6

ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License