音楽を収容せよ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


真っ暗な空間の中、ゆっくりと光がともっていく。
黒い石板のような、長方形の物体には幾何学模様の溝が彫られ、そこから淡い赤色が光っているのが見えた。

「これより、臨時会議を行う。」

"獅子"と彫られた石板が強く、赤く光ると同時に、暗闇に声が響いた。
その光により、室内はより明確に姿を現す。似たような模様をした石板が他に七つあり、そのどれもがまた淡く光っていた。
部屋には明かりがなく、ただ一つの出入り口のような扉を除き、窓も換気口もなかった。

「今回の議題はこれまでの一連の事案による、その結果発生したものに対抗するために研究・対策チームを設立しようというものだ。ここまで来た場合、芸術部門では対処しきれないと考える。」

”獅子”がそう言い切ると、しばしの静寂の後に"升"と彫られた石板が光り始めた。

「確かにこの規模の話となると、すでに芸術部門では対処がしきれないだろう。ここは芸術部門音楽課を新たに”音楽部門”として独立させてはどうかと考える。現時点の段階で音楽課に芸術部門の資金の4割が割り当てられている、芸術部門を仲介するよりも音楽課を独立させ、直接資金を渡したほうが効率も良いだろう。」

ここで、いったい何が起こったのかを説明しよう。
(ここに分かりやすい説明を乗せる)

次に、”千鳥”と刻まれた石板が光り始めた。

「しかし、芸術部門は芸術関連の異常存在を管轄している大規模な部門だ。ましてや音楽に関しては膨大な数に及び、すぐに独立させてしまっては管轄の移動手続きなどで時間が非常にかかってしまう。また、時には別の課同士が協力しあって収容するという事例も見受けられる。部門ということで心理的に接触がしずらくなる可能性を踏まえると、音楽課を独立させてしまうのはまだ時期尚早ではないだろうか。」

”千鳥”がそう述べると、再び”升”が話し出した。

「確かに課と部門というのは立場的にそして人の心理的に接触がしずらくなるだろう。しかし、現時点では芸術の中でも音楽の異常存在が突出して多く出現している。これは専門的なチームを組み、研究・対処させたほうが良いかと私は考える。確かに管轄の移動手続きなどには時間がかかるだろう。そのため、音楽課と音楽部門を一時的に両立させ、少しずつ音楽課を音楽部門に吸収させていけばよいのではないだろうか。」

休憩

ERROR

The Oda_keeent's portal does not exist.


エラー: Oda_keeentのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6717718 ( 07 Nov 2020 15:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License