【ゆっくり解説】SCP-XXXX-JP【ピクトグラム】

このページの批評は終了しました。

ピクトグラム

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPを一般人に目撃された場合、直ちに記憶処理を行い、しかるべきカバーストーリーを流布してください。現在、SCP-XXXX-JPを収容することは出来ていません。財団はこれらの収容を常に検討し続ける必要があります。

説明: SCP-XXXX-JPは一般的に人型ピクトグラムと呼ばれる形をした知的生命体群です。ピクトグラムの色は緑若しくは黒、Dクラス職員の場合は橙色である場合が多いですが、法則性は掴めていません。機械音声による発話能力はありますが、財団職員と対話することは今のところ出来ていません。発話能力は専ら他のSCP-XXXX-JPとのコミュニケーションに利用されます。出現するタイミングは不定期ですが、SCP-XXXX-JPは過去にSCPを収容した地点などに現れては、SCPの収容を試みる寸劇を始めます。但し、彼らが収容すべきSCPが観測されたことはありませんが、唯一対象が人型の場合は人型ピクトグラムとして出現します。その際も収容違反は発生しません。SCP-XXXX-JPは過去に行ってきたSCPに関する調査及び収容に至るまでの行動を模倣します。Dクラス職員に模したSCP-XXXX-JPは過去に行われた実験の模倣をします。いずれもピクトグラムという性質上、表現力に限界はありますが、ほぼ完璧に模倣します。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The zekemore1864's portal does not exist.


エラー: zekemore1864のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6692725 ( 31 Jul 2020 13:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License