マンデラ効果
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの特性上、収容は不可能です。SCP-XXXX-JPの発生が確認された場合は発生地域とその周辺に、Bクラス記憶処理剤を空中散布してください。SCP-XXXX-JP-1及びSCP-XXXX-2は速やかに回収・確保してください。

説明: SCP-XXXX-JPは恐らくランダムに選定された地点から半径約300m~15km程度の住民に出現する一連の虚偽の記憶群です。影響範囲内の住民がSCP-XXXX-JPに影響された瞬間、住民は当該記憶群を「思い出した」ように感じます。1そして、その記憶群に著しい興味を持ち、SCP-XXXX-JPを他人と共有しよう行動するか、検証を行おうと振舞います。SCP-XXXX-JPを他人から受け継ぎ、間接的に影響を受けた場合でも、直接影響を受けた場合と同様の行動を示します。

SCP-XXXX-JPを記憶内に保持しているだけでは何も発生しません。しかし、保持者が何らかの手段を用いてSCP-XXXX-JP-1に辿り着き、記録内容が真実だと認識した時に異常性が発現します。SCP-XXXX-JP-1は、インターネット上のウェブサイト、紙媒体の資料、映像記録など様々な形態をとる異常性を持つ記録媒体です。出現場所は原則SCP-XXXX-JP発生地点の中心付近に位置します。異常性が発現した場合、大規模な現実改変が行われ、全世界の人物がSCP-XXXX-JPを共有し、真実として扱われるようになります。また、SCP-XXXX-JPを補強する幾種もの「証拠」が発現と同時に現れます。

SCP-XXXX-JP-1出現に前後して、SCP-XXXX-JP発生範囲中心に人型実体(SCP-XXXX-JP-2)が現れます。SCP-XXXX-JP-2は一般的なサングラスとスーツを着用した特定の男性で、映像機器を通してのみ視認することができます。財団エージェントによるSCP-XXXX-JP-2を確保する試みは何度も実施されてきましたが、成功事例は現在のところ存在しません。SCP-XXXX-JPとの関連性は不明です。

現時点で確認されている主な事例については補遺を参照してください。

補遺:



ERROR

The 33333333333333333's portal does not exist.


エラー: 33333333333333333のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6683004 ( 03 Aug 2020 12:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License