新人潰し

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの完全な封じ込めは不可能です。日本国内の新興宗教に関連する施設は監視され、新たにSCP-XXXX-JPが確認された場合には速やかに被害者及び目撃者への記憶処理を行って下さい。

説明:SCP-XXXX-JPは日本国内の新興宗教に関連する施設において不定期に発生するイベントです。SCP-XXXX-JPは通常、施設内に10名以上施設が関連する宗教を信仰している人間が存在する場合に発生します。また、SCP-XXXX-JP発生時施設からは強いアキヴァ値が検出されます。イベントは以下の様に進行します。

1.施設内と外部との境界部に目視・破壊不可能な壁が出現し、出入りが不可能になる。

2.施設内の人間が施設内で最も広い空間に集合する。被害者に対して行われたインタビューでは、「自分の意思ではなく勝手に体が動いた」との回答が得られた。

3.集合した人々の前方に信仰対象の神格と思しき半透明の実体と、それを取り囲む様に3体の不定形かつ巨大な実体が出現する。

4.半透明の実体が苦しみ悶えるような仕草を行う。それに伴い人々は不定形の実体群に強い恐怖を感じる。

5.10〜30分後、出現した4体の実体が消失し、イベントは終了する。

SCP-XXXX-JPの被害者は、多くが信仰していた宗教に対して不吉であるという印象を抱くようになり、結果として信仰を停止しています。この現象は記憶処理により無効化する事が可能です。

補遺1.歴史資料より16世紀頃にキリスト教、6世紀頃に仏教においてもSCP-XXXX-JPと類似した現象が発生していた事が確認されました。しかし、キリスト教の事例では出現した実体は3体、仏教の事例では出現した実体は2体でした。以上の点から、これらの現象とSCP-XXXX-JPが同一のものであるかの判断は保留されています。

ERROR

The taneyama's portal does not exist.


エラー: taneyamaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6676539 ( 25 Jul 2020 14:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License