taneyama-57-6264
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1715-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-1715-JPは、神奈川県██市に存在する小型アパート「███ハイム」において形成されている異常な生態系です。

203号室のリビングには、当部屋の居住者であった死亡当時37歳の男性である加瀬三雄氏の遺体が存在しています。死因は急性のアルコール中毒である事が判明しており、他住民からの異臭の報告によるアパート管理者の立ち入りに至るまで完全な放置状態にありました。出社の途絶及び遺体の劣化状況から、発見時点で死後20日程度が経過していたと推測されています。

加瀬氏の遺体からは未知の成分を含有する、極めて高い栄養性物質濃度を特徴とした赤黒い液体(SCP-1715-JP-Aに指定)が緩やかに排出され続けています。

ERROR

The taneyama's portal does not exist.


エラー: taneyamaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6676539 ( 25 Jul 2020 14:23 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License