SCP-XXXX-JP ひきよせて
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは常にサイト-███の低脅威度ロッカーに両方とも保管し、監視してください。

説明: 当実体の現在数は1個2個です。SCP-XXXX-JPは直径3cm、高さ1.5cmの円柱型をしており、外見,構成物質ともにKS鋼1とほとんど一致していますが、SCP-XXXX-JPは磁石としての機能を保有しておらず2、強力な破壊耐性と腐敗耐性を持っています。SCP-XXXX-JPは何らかの障害に阻まれない限り、東に向かって片方のSCP-XXXX-JPへと向かって時速0.3㎞~1㎞で半永久的に進み続けます。そして、SCP-XXXX-JP同士だけが自身の磁力によって合体することができます。

発見経緯:一つ目のSCP-XXXX-JPは2007年に死去した大倉 香弥子おおくら かやこ氏の遺品の中に紛れ混んでいました。SCP-XXXX-JPは香弥子氏が生前に大切にしていた物として棺に入れられており、数時間かけて棺の端から端へ移動した姿が発見されました。その時式場の監視に就いていたフィールドエージェントによって回収、また、その際その場に居合わせた人物への記憶処理が為されました。二つ目の発見経緯については補遺2を参照してください。

補遺1: 監視に就いていたエージェント████がSCP-XXXX-JPとの関係性を持つと判断し、とある文書を撮影してきました。この文書がSCP-XXXX-JPと関係する可能性が検討され、報告書へと付け加えられました。

補遺2:████博士の提案により、SCP-XXXX-JPの移動する目的地の調査が開始されました。調査はO5評議会の管轄のもと行われました。

調査結果
約一週間の捜索の結果、太平洋中央部にてもう一つのSCP-XXXX-JPが回収されました。回収された場所の付近には、鉄の残骸が残っていました。
その他の情報は得られず、これにて調査は終了されました。

ERROR

The Penginjuice-5230340's portal does not exist.


エラー: Penginjuice-5230340のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6669395 ( 27 Jul 2020 13:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License