信濃

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

国内

AFCいじめで小学生自殺、教育現場に激震走る

公開日 2035年6月12日10:20

%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1.jpg
事件が発生した小学校(イメージ)

6月11日、新潟県教育委員会が公立小学校に通っていた岩成 賢治(いわなり けんじ)くん (11)がいじめを苦に自殺したと発表した。

教育委員会と小学校の調査によると、自殺した岩成 賢治くんは動物性特徴保持者(AFC)であったことからクラスでいじめにあっていたということが発覚し、またそれを小学校側が確認していたのにも関わらず黙認していたという事実が判明した。また、同時に校長の九々津 松之助(くくつ まつのすけ)氏(68)は夏鳥思想連盟の構成員であったことが発覚した。また、多数の教員が校長によっていじめの黙認を指示されたと証言している。この事件を受けて、九々津氏が本日付で校長を辞任したと教育委員会が発表した。

岩成 賢治くんの父親である岩成 康明(いわなり やすあき) 氏は「詳しい調査を行ってもらいたい。AFCであるだけでいじめられるような世の中にしてはならない。」と記者たちの前で語った。


財団は語る

 「数日前、スペイン議会上院で夏鳥思想禁止法案が可決されたニュースや、5月に発生した長野市AFC殺傷事件 などの悲惨な事件が記憶に新しい中で発生したこの事件は社会に大きな波乱を呼ぶだろう。」と、SCP財団AFC人権保護課の山田 半兵衛氏は語った。

既に学校と教育委員会への国内外の異常性保持者擁護団体からの非難が相次いでいる。その背景には、日本が世界でも早くAFCへの人権を保証した国家であり、このような異常性保持者差別による事件が発生したことに対する失望や、校長という思想に対して中立であるべき立場に夏鳥思想連盟構成員を雇用していたという事実が判明したこともあるだろう。山田氏いわく、「隠れ夏鳥支持者」は未だに多く存在していると言う。今回の九々津氏もその中の一人ではないかと山田氏は語った。先日、国会では地方公務員法が一部改定され、改定の内容には「夏鳥思想連盟等の異常性保持者を迫害する団体に所属している者から教員免許を剥奪する」という内容が含まれていた。しかし九々津氏は教員免許を剥奪されることなく校長職に就き続けていた。これは「隠れ夏鳥支持者」が極めて発見しにくいものであるということを示している。現在でも一部国家や地域では、異常性保持者に対する差別や偏見が見られる。それがこの日本においても露見したということは誠に遺憾と言える。この事件は異常性と正常性を隔てる社会の大きな転換点になりうると予想される。賢治くんの冥福とともに、今後の日本社会がより良い方向へ向かうことを祈る。


関連キーワード 動物特徴保持者 学校 いじめ 異常性保持者 AFC


ピックアップ
__ピックアップ3を記入して下さい__
__ピックアップ2を記入して下さい__
__ピックアップ1を記入して下さい__

新着 国内
__国内3を記入して下さい__
__国内2を記入して下さい__
__国内1を記入して下さい__

新着 海外
__海外3を記入して下さい__
__海外2を記入して下さい__
__海外1を記入して下さい__

経済
__経済3を記入して下さい__
__経済2を記入して下さい__
__経済1を記入して下さい__

アクセスランキング
__1位を記入して下さい__
__2位を記入して下さい__
__3位を記入して下さい__


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0


ERROR

The onigirikunn's portal does not exist.


エラー: onigirikunnのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6666035 ( 23 Jul 2020 08:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License