SCP下書き「苦難の蓄音機」

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Keter

特別収容プロトコル:

修正案 HM-6

収容サイト-██を中心とする半径30キロ以内は汚染地域と認定し進入は禁止されています。周辺地域には封鎖線を形成し、汚染地域へ繋がる道路全てに検問所を設置し警備員には発砲許可が出されています。汚染地域への進入は如何なる身分の者でも許可されることはなく、どんな理由であれ進入を試みる者は終了されます。

汚染地域は封鎖線に配備されている常駐警備員及びセキュリティクリア3以上の研究職員によって監視されています。隔離任務に就いている職員全員に防護服の着用が義務付けられており、汚染地域内で実体を確認した場合、直ちに機動部隊の出動が要請されます。

説明:
SCP-XXX-JPはドイツに起源を持つ新興宗教「されこうべの教会」が所有する3階建てのビルで発見されました。発見時、ビル内にいた██名の信者は不審死を遂げていました。

SCP-XXX-JPは47×41×33cmの古びた蓄音機で、外見は英国グラモフォン社が1930年代に製造したHMV104に酷似しています。SCP-XXX-JPは通常レコードをセットしても機能することはなく、共に発見されたSCP-XXX-JP-1をセットすることで初めて認識災害を齎すアノマリーとして作動します。

SCP-XXX-JP-1は4枚のレコードです。4枚のレコードの表面的差異はラベルの色のみで、白・赤・黒・青に色分けされています。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP以外の蓄音機で再生することは不可能であり、SCP-XXX-JP以外の蓄音機で再生を試みた場合、例外なく蓄音機は故障し使用不可能となります。
SCP-XXX-JP-1には成人男性の音声が録音されています。実験-01に参加していた研究員██によって北西セム諸語に類似する言語を使用していることまでは判明していますが、発音・文法共に現存する北西セム諸語と一致していないこと、またSCP-XXX-JPの持つ異常性により翻訳作業は困難を極めます。SCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP-1に録音されている音声の再生を始めた場合、強制停止を行わない限り再生が停止することはなく、録音されている音声の内容が終わりを迎えた場合、また初めから再生が繰り返されます。

SCP-XXX-JPによる認識災害は、セットされたSCP-XXX-JP-1毎に異なっています。SCP-XXX-JPが再生されている間、それを聞く者はいずれもSCP-XXX-JP-1のそれぞれの特性に応じた思考に囚われるようになります。これはSCP-XXX-JPが停止するまで続きますが、自己の意思でSCP-XXX-JPを停止することは不可能であるため、防音処置を施した第三者の助力が必要になります。

SCP-XXX-JP-1-Aは白いラベルのレコードです。SCP-XXX-JPを用いて録音している音声を再生した場合、聞いた者は自己が集団の指導者であると認知する意思状態に陥ります。

SCP-XXX-JP-1-Bは赤いラベルのレコードです。SCP-XXX-JPを用いて録音している音声を再生した場合、聞いた者は周囲の人間が自身の敵であると認知し、攻撃的になる意思状態に陥ります。

SCP-XXX-JP-1-Cは黒いラベルのレコードです。SCP-XXX-JPを用いて録音している音声を聞いた場合、肝臓と筋肉に蓄積されているグリコーゲンが急速に消費され、アミノ酸や脂肪酸、ミネラル類や各種ビタミンが欠如します。その結果、血糖が低下しその代用として体内脂肪のケント体化が始まる他、筋肉などが分解し、タンパク質合成のためのアミノ酸源として使用されるようになります。これは栄養失調に近い状態であり、SCP-XXX-JP-1-Cに晒された者は例外なく餓死のような死を遂げます。


** 実験-01: ** 「白のラベル」を用いた実験


** 実験-02: ** 「赤のラベル」を用いた実験


** 実験-03: ** 「黒のラベル」を用いた実験


** 実験-04: ** 「青のラベル」を用いた実験


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The o-t-marco's portal does not exist.


エラー: o-t-marcoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6660429 ( 26 Jul 2020 06:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License