SCP-XXX-JP

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの周囲は、一般的な金属のフェンスで囲われ、全域を常に見渡せるように監視カメラが設置されています。SCP-XXX-JP内部への一般人とニシキゴイの侵入を防ぐために、常に財団エージェント1人を観測地点XXXJPに駐在させてください。また、SCP-XXX-JP周辺に住む一般人には、カバーストーリー”すぐ飛んでくるうるさいおじさん”を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは、██川の██県██市██区██町を流れる121mの区間です。上流側、下流側の境界は共にコンクリートによってその川幅を狭められています。

SCP-XXX-JPの異常性は、その内部に人間とニシキゴイが同時に侵入した際に発現します。まず、侵入した人間(SCP-XXX-JP-1)がニシキゴイ(SCP-XXX-JP-2)を視認すると、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2が1680万色に発光していると思い込み、SCP-XXX-JP-2に触りたいという衝動に駆られます。次に、SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-2への接触に成功すると、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2を捕食し、1680万色に発光します。SCP-XXX-JP-1のこの異常性は5分経つかSCP-XXX-JPから離れるかで一時的に消失しますが、SCP-XXX-JP-1は以降興奮した状態でニシキゴイを見ると1680万色に発光する異常性を保持します。この異常性は、クラスCの記憶処理で消失することが確認されています。

補遺-XXX-JP-1: SCP-XXX-JPにおける実験は時間と記憶処理薬の浪費と考えられるので、多くの場合は却下されます。

補遺-XXX-JP-2: 発見経緯
SCP-XXX-JPは19██年、██町周辺の住民が共通した幻覚に悩まされているという報告をエージェント██が知ったことで発見されました。その後、Dクラス職員による実験の結果、異常性を持つ区間が特定され、速やかに収容されました。

警告:この先レベル3/XXX-JPクリアランスが必要

職員コード
パスワード
rating: 0+x

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Akine Shinazuka's portal does not exist.


エラー: Akine Shinazukaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6648737 ( 15 Jul 2020 05:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License