異常依存症

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x
blank.png
アイテム番号: XXXX-JP
レベル3
収容クラス:
neutralized
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
{$disruption-class}
リスククラス:
{$risk-class}

%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%92%E6%A7%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7.png

19歳時点でのSCP-XXXX-JP。


特別収容プロトコル


SCP-XXXX-JPの無力化のため、特別な収容手順は必要ありません。

説明


SCP-XXXX-JPは、夢原 玲奈ゆめはら れいなと呼称される現在20歳の日本人女性です。
SCP-XXXX-JPは不定期にピアノが設置されているランダムな空間に転移します。SCP-XXXX-JPは転移してすぐに「演奏しなければならない」という感情に襲われ、設置されたピアノを使用して演奏します。演奏終了後は数秒~数十秒ほどで当該空間から消失し、元いた場所に出現します。1イベントの最中、ピアノが設置されている空間と外との間には不可視の壁が発生し、外界から隔絶されます。この壁は、生物がそれに近付くのを避けさせる異常な効果を有しています。

SCP-XXXX-JPの周辺に人物2がいた場合、視聴者はSCP-XXXX-JPの出現や、演奏していることなどのあらゆる不自然な点に違和感を感じることが出来ません。また、イベント中のSCP-XXXX-JPを何らかの記録媒体で記録し、それを視聴した場合にも同様に、その不自然な点に違和感を感じることは出来ません。これらの性質はクラスΩ-N記憶補強剤を摂取する事によってのみ無効化する事が可能です。これらの性質によりSCP-XXXX-JPの異常性は一般社会に露見しません。

当該イベントは不定期に発生しますが、その頻度はSCP-XXXX-JPの精神状態に左右されます。精神状態が悪化すればイベントはより頻繁に発生し、逆に精神状態が好転すればイベントの発生頻度は減少する傾向にあります。

補遺1 > 発見


SCP-XXXX-JPは████国際ピアノコンクールの全国大会が行われている最中、ステージ上に出現してピアノ演奏をしたのを財団職員の宮崎博士が認識したことにより発見されました。3その後、SCP-XXXX-JPはイベントの終了により消失した後、収容チームにより特定・確保されてサイト-8163に護送されました。
以下はサイト-8163で行われたインタビュー記録の抜粋です。

補遺2 > イベントログ


以下は収容後に発生したイベントログおよびそれを利用して行われた実験記録の抜粋です。

補遺3 > インタビュー


SCP-XXXX-JPのこれ以上の精神状態の悪化は看過できないレベルでの異常性の深刻化を招くことが予想されたため、SCP-XXXX-JPの精神状態の理解のためにインタビューが実施されました。以下はインタビューログの抜粋です。

補遺4 > 実験


SCP-XXXX-JPの精神状態の好転およびそれに伴うイベントの発生頻度の低下を狙うため、先述のインタビューの終了後にいくつかの実験が行われました。
以下はそれらの記録およびイベントログの抜粋です。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.



ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License