禁断の扉の向こうは、正気か狂気か

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
日本支部理事会命令
以下の文書はレベル3機密情報です。
無許可でのアクセスは禁じられています。
XXXX
3/XXXX-JP LEVEL 3/XXXX-JP
CLASSIFIED
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
Item #: SCP-XXXX-JP
Keter
piqsels.com-id-stemi.jpg

SCP-XXXX-JP。

特別収容プロトコル

SCP-XXXX-JPの周辺を閉鎖し、一般市民の侵入を防ぎます。また、SCP-XXXX-JPにアクセスするための儀式の内容が記された書物はサイト-8172の標準物品収容ロッカーに保管されます。

説明

SCP-XXXX-JPは、宮崎県██市██町内部に存在する"岩原茜いわはらあかね"と呼称されている集落に設置された祠からのみアクセスする事が可能な余剰次元です。
通常時、当該地点はいかなる異常な反応を示しませんが、下記に示す儀式的手順を経る事でSCP-XXXX-JPへのアクセスが可能となります。

手順01: 神官が、事前に用意した酒と水、紅白饅頭2つを捧げる。
手順02: 祠から約6m離れた地点に立ち、2回の礼、4回の拍手、1回の礼を行う(二礼四拍手一礼)。
手順03: 神官が、SCP-XXXX-JP内部に進入する人物に祓を行う。
手順04: 「なおぢそ、あがらゆ」と4回唱える。

上記の手順を完了した際、祠の正面から約50cm近くの空間が歪曲し始め、直径約7m程度の縦長の"穴"のようになります。この"穴"は集落民からは"茜門あかねみうち"と呼称されており、茜門からSCP-XXXX-JP内部に進入する事が可能です。また、茜門は1度開けば、約24時間で自動的に閉まる仕組みになっています。

SCP-XXXX-JP内部は、300m×300mの針葉樹林であり、ヒノキ(Chamaecyparis obtusa)が植林されています。後述の点を除けば、当該樹林に特筆すべき異常性はありません。

SCP-XXXX-JPで植林されたヒノキは、通常の約8倍の速度で成長します。これにより、通常であればヒノキの植林から伐採までには約60年かかりますが、SCP-XXXX-JP内で植林する事で、約8年での伐採が可能となります。

補遺

SCP-XXXX-JPは最初、██町からの木材の生産量が数年で急激に上昇したのを財団物流部門が検知した事によって調査が開始されました。調査によると原因が岩原茜集落近辺にあると判明したため、潜入調査が行われました。
以下は潜入調査に赴いたAgt.白山と集落民の1人である重信氏の対話記録の抜粋です。



その後、Agt.白山は集落を取り仕切っている畠山氏のもとへ案内されました。以下はAgt.白山と畠山氏の対話記録です。



その後、収容エージェントは集落民全員を捕縛し、記憶処理治療を施したうえで解放されました。また、SCP-XXXX-JP内にアクセスするために行使する儀式の内容が記された書物は回収され、祠へと続く道にはカバーストーリー「地盤沈下の危険」を流布して封鎖し、地盤の調査の名目で財団が出入りできるように設定しています。
特筆すべき点として、SCP-XXXX-JPを創るために行使した儀式の内容が記された書物のみが発見されていません。


財団の予測では、岩原茜集落は10年後の2029年に消滅集落になる見込みです。
また財団の意向として、岩原茜集落への如何なる支援も実施される予定はありません。

追記

2027/08/19、岩原茜集落近辺の林道の付近で、新たな余剰次元とその入り口が突如として出現しました。当該余剰次元はSCP-XXXX-JPとほぼ同一のものです。24時間を超えても入り口が閉じない為、収容のために一時的にSCP-XXXX-JPはKeterに指定され、後に本格的な収容作戦が実施される予定です。

また、当該地点では以下の物品が発見されています。

  • 長年手入れがなされていない祠。
  • 血痕が付着した御幣。
  • 儀式の内容が書かれた書物。恐らく、SCP-XXXX-JPを創るために行使する儀式が記されていると考えられる。
  • 重信 美咲氏(補遺参照)の、両手両足が分離した白骨体。両手両足は肉体から少し離れた場所に横一列で置かれている。恐らく、上述の儀式の生贄的な役割を担っていたと思われる。
  • 瓶に入った日本酒。
  • 徳利に入った水。
  • 赤く着色された饅頭8つ。着色料は重信氏の血液である。
  • 4人分の、血痕が付着した洋服。

財団の見解では、集落民の誰かが後述の儀式を行使して創ったものと推測されます。作成した時期は不明ですが、記憶処理以前であるものと考えられます。

しかしながら、既に岩原茜集落は消滅集落寸前であり、この樹林を利用できるような健康な人物がもはや存在していなかったため、影響を及ぼす事は一切ありませんでした。


岩原茜集落は、2029年の10月下旬に消滅集落になる見込みです。


tag1 tag2 tag3 …..



ページ情報

執筆者: ponhiro
文字数: 8727
リビジョン数: 6
批評コメント: 6

最終更新: 05 Mar 2021 13:54
最終コメント: 04 Mar 2021 13:46 by ponhiro

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License