何で生きてる時の私は死にたいって思った?
評価: 0+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8190の倫理委員会に勤める事を許可されています。SCP-XXXX-JPに業務に影響をきたすような精神的・肉体的変化が発生した、或いはその兆候がある場合はあらかじめ事前に決定された代役を立て、SCP-XXXX-JP本人は業務から退く事とします。

説明: SCP-XXXX-JPはサイト-8190倫理委員会に所属している日比谷 萌香です。SCP-XXXX-JPは2022/02/13にカミソリを用いて自宅で自殺しましたが、8日後に不明な要因によって蘇生しました。蘇生時、SCP-XXXX-JPの体内には生命維持に足る血液が含まれていなかったにも拘らず問題なく生命活動を継続しており、本人の証言では特筆するような肉体への影響もなかったとされています。

最も不可解な現象として、自殺推定日時である02/13から蘇生されるまでの8日間、誰もSCP-XXXX-JPが出勤していない事、SCP-XXXX-JPと連絡が取れない事に違和感を抱かなかったという点が挙げられます。しかしながら蘇生推定時刻である02/21 12:43に倫理委員会員の1人がSCP-XXXX-JPの不可解な欠席に気付き、報告した事から、この現象は何らかの異常が関わっていると結論付けられています。

付記(2022/08/16): 特筆すべき影響として、SCP-XXXX-JPは財団による検査でいかなる肉体的・精神的異常を示さず、あらゆるスクリーニング検査で問題なしと診断されました。SCP-XXXX-JP自身も積極的な業務への復帰を望んでいたため、1ヶ月の経過観察の後に業務への復帰を許可しました。現在のところ、特筆するような問題は発生しておらず、SCP-XXXX-JPは自殺を行うよりも前と比べ、より忠実に、そしてより勤勉に働いており、相応の成績をあげている事から昇進が議論されています。


付記(2023/01/14): 突如、SCP-XXXX-JPが業務から身を引く事を表明しました。これに関して、定期的なスクリーニング検査では異常が発見されず、また前触れのない突然の事であったため、その理由を尋ねるために対話の場が用意されました。以下は対話記録の抜粋です。


インタビュアー: 倫理委員 飯田 寛治
インタビュイー: SCP-XXXX-JP(ここでは"日比谷"と表記)


ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License