SCP-XXXX-JP-A
評価: 0+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8190の生物収容チャンバーに収容されています。

SCP-XXXX-JPのより安全な収容のため、収容チャンバー内に入室する事は許可されていません。例外的に、その必要があれば適切な職員を収容チャンバーに入室させますが、収容違反を未然に防ぐため、その職員が退出する事は許可されません。

説明: SCP-XXXX-JPは起源不明の人体です。サイト-8190の生物収容チャンバーに収容されていますが、いつ、どのような経緯で、誰が収容したのか判明しておらず、発見経緯も曖昧になっています。

SCP-XXXX-JPの手足には鉄製の枷が付けられており、枷はそれぞれ鎖を通して壁に設置された留め具に繋がっています。これによりSCP-XXXX-JPは身動きが取れず、常に立った状態を維持する事を強制される形になっていますが、前提としてSCP-XXXX-JPが身動きを取る様子は見られません。

SCP-XXXX-JPは外見上、18歳前後の女性のように見えます。SCP-XXXX-JPはおおよそ生物学的な活動を行っておらず、死亡した状態と見做されますが、腐敗したり、死亡した際に発生する生物学的反応は見られません。これらに関する調査は、更なる収容違反を招く恐れがあるため、行われていません。

SCP-XXXX-JP-Aは████████████████████████████████████████████████████████████████████████ ████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████

██████████████████████████████████████████████████████████████ ████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████

████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████

補遺: 試験ログ

SCP-XXXX-JPに関する更なる調査を行うため、幾つかのテストが行われました。

担当職員: D-9090

試験概要: 研究を目的とした、SCP-XXXX-JPの血液・皮膚・唾液の採取。

結果: D-9090がSCP-XXXX-JPの腕に注射器を刺すと、D-9090は硬直し、その後注射器をSCP-XXXX-JPから外した。D-9090は収容チャンバーからの退出を要請したが、明らかなD-9090の異常に対して審議が行われ、収容チャンバーからの退出を許可するのは危険だという判断のもと遠隔即時終了措置を施した。D-9090の遺体を抹消した。

担当職員: D-8099

試験概要: SCP-XXXX-JPに幾つかの刺激を与える。

結果: D-8099が水をSCP-XXXX-JPの脚にかけると、SCP-XXXX-JPは1度だけ痙攣した。次にD-8099はバーナーを取り出したが、取り出した瞬間硬直し、突如必死な様子で収容チャンバーからの退出を要請した。しかしながらその様子は演技のような不自然さがあるとして許可されず、D-9090と同様の措置が行われた。D-8099の遺体を抹消した。

担当職員: D-5097

試験概要: D-8099の遺体を回収する。

結果: D-8099の遺体が存在する事をやめていたため、遺体の回収に失敗した。この時点で、D-9090に関して複数の事象が認知できていない事が発覚し、収容違反の発生を危惧し、今後SCP-XXXX-JPに対する試験はより軽率に行う事が決定された。

担当職員: D-5097

試験概要: SCP-XXXX-JPの手足を縛る枷を外す。

結果: D-5097が収容チャンバーに入り、SCP-XXXX-JPの手足を縛る枷を外そうと試みた。しかしながらそれは既存の道具では不可能な構造であったため失敗する。鎖を破壊するか議論が行われたが、無闇な破壊は予測困難な事象を誘発する可能性があるとして却下された。D-5097は収容チャンバーからの退出を要請し、それは許可された。

担当職員: D-3449

試験概要: SCP-XXXX-JPに対して何らかの刺激を与える。

結果: D-3449が小型の刃物で右足小指を傷つけたが、SCP-XXXX-JPから特筆するような反応は見られなかった。

担当職員: D-3449

試験概要: SCP-XXXX-JPの反応を調査する。必要に応じて、刺激を与える。

結果: D-3449がSCP-XXXX-JPの瞳孔を観察したが、瞳孔は肥大し、目は常に開いた状態を維持していた。SCP-XXXX-JPに何かしらの意識があるかを調査するため、D-3449は非致死性のフラッシュを焚いたが、依然としてSCP-XXXX-JPは何の生物学的反応を見せなかった。


ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License