オリジアリズム
評価: 0+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

誤伝達部門より通達

この報告書に記載されたオブジェクト関連情報は、異常性の影響によって適切に表記する事が出来ません。

よって、異常性の影響を受けた文字列には水色の背景で装飾する事によって対処しています。ファイル閲覧者は、水色に装飾された文字列が正しい情報ではない事に留意してください。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 異常性の起点となりうる花を生み出すという行為は人類史や感情、娯楽などとの重要な関連を有するため、収容は非現実的です。

そのため、SCP-XXXX-JPの被害実例が確認された場合、は全て回収されたのちに処分され、必要があれば花を生み出した者は回収・埋葬されます。

説明: SCP-XXXX-JPは花を生み出すという行為に情熱を注いでいた人物がを原因として死亡した時、これまで生み出してきた花が花の関連用語でしか形容できなくなる異常です。この時、これまで生み出してきた花は主に「」と「造花」の2種類で形容されますが、これはそのを生み出した人物の主観的な評価に影響を受けるようです。

補遺: 実例

花を生み出す行為は普遍的な行動である故に、一般社会での被害例も幾つか確認されています。以下は実例の抜粋です。

実例1

該当人物: 三坂 智子(みさか ともこ,25歳女性)

状況: 対象は花を生み出す行為に心血を注いでいたようであり、大学主催のコンテストでも好成績を残していた。しかしながら、ある日を境に花が色褪せたように感じ、数年間花を生み出したものの、最終的に枯れた花しか生み出せなくなった。他者からもそのが評価されず、失意のうちに自殺。部屋の机には生み出しかけていた花が置いてあったが、未完成であった。

実例2

該当人物: 雉 宗太(きじ そうた,18歳男性)

状況: 対象は個人ブログに自身の造花を投稿し、他者からも高い評価を受けていた。対象は自身のではなく造花であると自己評価しており、それに対して特に何も思う所はなかった。しかしながらある日ブログに匿名から「貴方のは何度も見てきた造花だ」と投稿されたのをきっかけとして、造花にする事に固執し始めた。

最終的にそれらは失敗し、最終的に入水自殺。その時間から、自殺までの経緯や詳しい状況を造花にし、個人ブログに投稿した後に川に飛び込んだとみられる。

実例3

該当人物: 山形 りん(やまがた りん,31歳女性)

状況: 対象は財団職員であり、造花制作部門に属していた。対象は昔からを作るのを趣味としており、財団に入った当初はエージェントとして勤務していたが、27歳の時に造花制作部門への配属を希望し、それは受理された。対象は非常に正確な造花を構成し、部門内でも高い評価を得ていた。

しかしながら29歳の時に造花だけでなく花も生み出したいと思うようになり、対象の同僚などに自身の生み出した花を見せていた。しかしながら対象の造花として評価され、対象は躍起になってを生み出そうとしていた。しかしながらどれほどの研鑽を積み、どのように花を生み出しても、対象にとっては造花にしか見えなかったようであり、真偽は不明だが、晩年は発狂に等しい状態で大量の造花を生み出していた。

最終的に、自宅にて首を吊った状態で発見された。部屋には大量の造花が散らばっており、は1つも無かった。

備考: 同じ部門に所属する職員として、彼女の失意と固執に気付けなかったのは本当に悔やまれる事です。彼女の安らかな眠りを祈って、彼女の墓前には花を供えておきます。


ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License