口をつけたコーヒーカップをテーブルに置き、通り雨の過ぎた窓の外を眺める
評価: 0+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: XXXX-JP敷地は買収され、異常性を作用させる原因となる箇所にシートがかけられた上で封鎖されています。

説明: XXXX-JPは███町████-█に存在する一軒家です。

XXXX-JPの内部(部屋や廊下など)を視界に入れた人物は、即時の全盲に陥ります。これは視界を家の内部から外すまで継続します。これは間接的に視認した場合でも発生し、例えば窓の外から中を見た場合や、写真を通して見た場合も発現します。

人体を除いて、家の内外を行き来することはできません。この性質のため家の内部にある物体を外に持ち出したり、逆に外部にある物体を内部に持ち込むことも不可能です。無理にこれらを行おうとすると、[データ削除済]。

また家の敷地内では、家の内部構造を特定可能な機械(例えば赤外線センサーや写真機)は機能しなくなります。そのため内部構造を調査できる最も汎用性のある媒体は人体のみであり、そのため人を介した調査が数回実施されました。

以下は内部調査によって判明した、家の大まかな内部構造です。人の手で調査されたため、不確実な情報を含む事に留意してください。


玄関の土間には子供用の靴が1足、大人用の靴が2足、サンダルが1つ、正しく揃えられています。その隣には戸棚があり、そこには8足分の靴が収納されていますが、埃を被っています。戸棚の上には何らかの花が生けられていますが、既に枯れています。土間から廊下へと繋がるための段差(上がり台)にはマットレスが敷いてあります。

廊下の左側は洗面所です。洗面台の上には子供用の歯ブラシが2つ、大人用の歯ブラシが1つあります。洗面所の先は浴室であり、浴槽には既に冷えた湯が張ってあります。水面にはヒヨコを模した玩具が浮かんでいます。壁にはアルファベットを模した、柔らかく壁に貼りつく知育おもちゃが幾つか貼り付けられています。

同じく廊下の左側にはトイレがあります。特筆すべき点はありません。

廊下の右側は洋室で、ダブルベッドとクローゼット・収納棚・デスクがあります。デスクにはノートパソコンがあり、その隣にはスティック型香水が置いてあります。そのため、部屋には僅かにシトラス系の香りが充満しています。

廊下を抜けた先はダイニングキッチンです。テーブルの中心部には大きな皿が2枚置いてあり、一方には野菜類が、もう一方には唐揚げが盛り付けられていたようですが、時間経過ゆえに既に腐っています。その周りには取り皿と飲み物の入ったコップが3つ、それぞれの席の前に置いてあります。コップの内容物は明らかではないものの、そのうち1つはオレンジジュースです。

キッチンの隣はリビングです。L字型ソファ、テーブルがあり、ソファに座りながら見る事が可能な位置にテレビがあります。テレビはテレビボードの上に置かれており、ボードの収納スペースにはNintendo Switch(NS)、PlayStation4(PS4)、およびそれらのゲームカセットが収納されています。PS4のコントローラーは3つ、NSのコントローラーは2つ、同じ場所に収納されています。

リビングの隣は子供部屋です。部屋内にはクローゼット、子供用のデスク、ベッド、収納棚があります。棚の中にはプラモデル、トロフィーがあり、棚の一番下にはランドセルが置かれています。ランドセルの中には包装されたチョコレートが入っていました。

子供用デスクには用紙、鉛筆、消しゴム、鉛筆削り器が置かれ、そのすぐ近くには音楽をループ再生しているスマートフォンが置かれていました。音楽の内容はYoutubeで公開されている「【作業用】集中できるBGM100選」であると特定されました。なおバッテリー切れのためか、3回目の探査の時には既にこの音楽は停止していました。

それ以上の情報は手に入れられませんでした。



ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License