創作依存症

現在このページの批評は中断しています。

/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
評価: 0+x
blank.png
3/XXXX-JP LEVEL 3/XXXX-JP
CLASSIFIED
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
Item #: SCP-XXXX-JP
Keter

tareme-girl.jpg

SCP-XXXX-JP。

特別収容プロトコルSCP-XXXX-JPはサイト-8190の人型実体収容病室に収容されています。取扱いは人型実体保護マニュアルに従って下さい。

SCP-XXXX-JPの治療は強い苦痛とストレスを伴いますが、一方でストレスは症状を深刻化させる要因となります。そのため通常用いられる治療計画よりも長期的なスパンでの治療を行い、可能であればマイナートランキライザーやプロステートアムネスティクス含む複数の薬剤投与によって対象のストレスを制御してください。

説明SCP-XXXX-JPは栗原 百香くりはら ももかと呼称される、現在19歳の日本人女性です。SCP-XXXX-JPは先天性の希釈性現実乖離病に罹患しています。

補足 - 現実乖離病とは現実乖離病とは、2004年8月に財団が発見した異常疾患です。この病気はSCP-████に指定されています。

通常、人の肉体にはその人の精神が100%含まれています。しかし現実乖離病の患者は、精神の存在率が100%を下回っており、下回った分は肉体から離脱して基底世界の外側にある世界(いわゆる平行世界や別世界として知られる現実)に存在しています。

重症患者Nの例として、Nは肉体に精神が80%しか存在しておらず、残りの20%は別世界にいる人間の肉体内に存在していました。これは、80%の精神は世界Aで起こる事象を経験し、20%の精神は世界Bで起こる事象を経験しているという事を意味します。

例えるなら、患者が"この日は震災が起こった"という事象を観測しても、それは別世界での出来事で、肉体のある方の世界では起きていない、という事態に陥ります。このため罹患者が一般人と共に生活するのは困難を極め、周囲と孤立しがちです。また症状だけを見ると解離症と大きな違いが無い事から、一般社会ではしばしば解離症として誤診されます。

SCP-XXXX-JPは、肉体に対して精神が僅か62%しか存在していません。これは財団がこれまで確認した実例の中で最も重い症状である事を示しています。

残りの38%の精神がどのような世界に、そしてどのような形で存在しているかは判明していません。

補遺1 - 発見栗原氏は初め、財団フロント企業である季之坂医院の精神科を偶然にも訪れ、自身の症状を相談した事によって財団に認知されました。

その後、栗原氏はより専門的な検査を行う事の出来るサイト-8190医療区画に誘導され、そこで会話の記録も兼ねて改めて対話が行われる運びとなりました。

以下はインタビュー記録の抜粋です。

補遺2 - 治療希釈性現実乖離病は精神が別世界へ流出していく病気であり、その流出率は本人のストレスに左右されます。端的に言えばストレスが大きければ大きい程、精神はより多く流出します。

しかしながら現実乖離病の治療は大きなストレスを伴います。つまり通常の治療では症状を悪化させる恐れがあるため、ストレスを数値化する装置である負荷定量器を体に取り付け、ストレスが規定した値以上にならないように徐々に治療していく方針が取られました。

以下はSCP-XXXX-JPの治療記録の抜粋です。また宮崎博士の治療日誌もそれに関連して抜粋・記載します。

補遺3 - 対話SCP-XXXX-JPのストレス値の変化に異常な振れ幅が確認されたため、予定されていた治療は見直される事となり、本人のケアやストレスの主原因を調査する事を意図した対話が行われる事となりました。

以下は対話記録の抜粋です。

補遺4 - 治療再開上記の対話から約1週間の間、負荷定量器によってストレス値の変化を記録していました。結果として、主に執筆に集中している時間帯はストレスが有意に低下し、振れ幅が23sv~28svに抑制される事が判明しました。

SCP-XXXX-JPの治療に対する積極的な態度が確認された事をきっかけとし、治療計画は再開される事となりました。

以下は治療記録の抜粋です。

補遺5 - 緊急対話九条研究員の管理官への報告により宮崎博士の身辺調査が行われ、結果として宮崎博士が精神的な異常をきたしている事が認められました。治療は再び凍結され、宮崎博士は高セキュリティ収容セルに隔離される事となりました。

また回収された宮崎博士の日誌にはSCP-XXXX-JPにも何らかの異常が発生している可能性が示唆されていたため、九条研究員による対話が行われました。

以下は対話記録の抜粋です。


.

.

.

.

.

.

.

.

アクセス制限がかかっているファイルが ( 1 ) 件存在します。
以下のファイルは掲載審査中であり、アクセスは限られた職員のみに制限されています。




    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License