Q
評価: 0+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
Q.png

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは、財団記章のうち、円とそれを内側に向けて貫く3本の矢印を“Q”という文字に置き換えたデザインです。

任意の、セキュリティクリアランス2+の財団職員がXXXX-JPを日常生活の中に取り入れると、時間経過と共に財団本来の理念である「確保、収容、保護」を忘却していきます。「日常生活の中に取り入れる」というのは曖昧な表現ですが、例えばXXXX-JPロゴワッペンを服に付ける、部屋の目に入り易い所にその意匠が入ったポスターを貼る、使用している食器にそのロゴを取り入れるなど様々な行動が当てはまります。今のところ、その基準となる判断材料は不足しています。

概算して1週間ほどXXXX-JPを日常生活の中に取り入れると、対象は「確保、収容、保護」に変わり、「AA、BB、CC」という理念を財団が掲げている理念だと思い込むようになり、その理念に従った行動を行うようになります。「AA、BB、CC」のいずれも存在しない単語ですが、それぞれ「カウルト(Qualt)、クエリア(Quellia)、クィンツ(Qintz)」と発音するようですが、これらについても存在しない単語です。


補遺: 発見

XXXX-JPは初め、シルヴァ・トーン博士というミーム学・情報災害学関連のアノマリーに関わっている財団職員がサイト-Q全体に送信した以下のメッセージを皮切りに調査が開始されました。

!WARNING!

SCP-Qの収容違反が進行しています。大変申し訳ございません。サイト-Qの皆様におきましては、これより更なる収容違反を防ぐための自己終了措置プロトコルを実行する必要があります。


ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License