現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPへのアクセスのため、直通のエレベーターが建設されます。

説明: SCP-XXXX-JPは、中国・甘粛省に存在する1つの部屋です。

SCP-XXXX-JPは3×3×2mの完全な密室であり、サイト-271の直下80m地点に存在します。しかしながらサイト-271は関連性を否定しており、またこのような地点に財団が何らかの施設を建立した記録も存在しません。

SCP-XXXX-JP-1は、部屋の床に記載されたがいという文字です。SCP-XXXX-JP-1は流動性を持っており、非常に緩慢なスピードで不定期に動きます。より正確に言えば、左払い(右から左への払い)と右払い(左から右への払い)が独立して動いています。

なお部屋には2つのレバーがあり、これは左払いと右払いをそれぞれ操作する事が出来たようですが、現在は劣化によって動作しません。レバーの近くには操作の履歴が記載された紙が存在しますが、劣化によって読み取りは困難です。

部屋の壁には乂という文字の起源や意味が記載されています。しかし文章は途中から黒く塗りつぶされており、これは誰かが意図的に後半の内容を隠匿した可能性を示しています。この黒塗りを取り除く試みは現在まで成功していません。


付記(1999/12/08): 初期調査では、SCP-XXXX-JP-1の動きはランダムであると結論付けられました。

付記(2003/08/17): SCP-XXXX-JP-1のうち左払いの部分が、急激に右上方向へ移動しました。スピードもこれまでより早く、何らかの関連性がある可能性が浮上したため再調査が実施される予定です。

付記(2007/11/12): SCP-XXXX-JP-1の動きの振れ幅が大きい時、必ず中国国内が何らかの要因によって混乱状態にある事が判明しました。この事実を鑑みて、より大規模の調査が実施される予定です。

付記(2008/05/20): SCP-XXXX-JP-1のうち左払いの部分が大きく右上方向へ移動した後、数日という短いスパンで元の位置へ戻りました。その後は乂という文字的観点から自然な形を維持しています。

付記(2009/01/26): SCP-XXXX-JP-1のうち右払いの部分が急速に右下方向へ移動した後、緩慢なスピードで元の位置へ戻りました。

関連性は不明ですが、サイト-271は2008/05/12に発生した四川大地震への支援として様々な技術的支援・物資資源の支援を行っており、2009/01/20をもって支援を終了していた事は特筆すべき事項です。



ERROR

The ponhiro's portal does not exist.


エラー: ponhiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6637840 ( 11 Jul 2020 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License