迷子の迷子のおきつねさん、貴方のお家はどこですか

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

[[include component:image-blockname=アップロードしたファイル名|caption=説明文]]
アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは従順かつ安定した情緒、及び能力を発揮しているため、低危険度人型オブジェクト収容セルに収容されています。対象は他者との会話や開放的な空間で食事をすることで、対象の精神と能力の維持と安定化に良い影響を与えます。その為、女性職員の同伴のもと、セル外に出てサイト内の食堂及びカフェテリアを利用することが特別に許可されています。一般職員との会話は自由ですが、他のオブジェクトと接触させることは、例え害がない事が確認されていても推奨はされません。また、セル外に出す場合の形態は完全な人間の状態、もしくは狐耳と尻尾だけを出した形態に限られます。本体の姿に戻ることはセル内、もしくは定期的な健康診断のみに限られます。また、サイト-210の全職員を対象に配布されたSCP-XXX-JPに接触する際の基本的な事項をまだ把握していない職員は、掲示板等で速やかにその事項を把握し、間に合わない場合はSCP-XXX-JPが行動できる範囲外の階に退避するか、差し障りのない程度の挨拶をしてすれ違ってください。
 SCP-xxx-JPと似た能力を持つ個体を新たに発見した場合は、それをSCP-xxx-JP-aとした上で、接触する際は地元警察官を装い、「クラスAの権限を持った保安協会の職員」と名乗った上で、移送に協力するよう求めてください。もし拒否した場合は、この世界での能力の露呈を防止する為、麻酔薬を使用して強制的にサイト-210に移送してください。その際、SCP-xxx-JP-aは原則としてEuclidに指定し、敵意が無く、友好的で良き友人と呼べる段階になるまで、SCP-xxx-JPと同じSafeに指定されることはありません。Euclidの場合の特別収容プロトコルを新たに策定する必要が出た場合は、オブザーバーとしてSCP-xxx-JPを策定メンバーに参加させます。
 また、SCP-XXX-JP-aが■■■化した場合は、機動部隊 狐-01と航空部隊 麒麟-02を当該座標に可及的速やかに派遣し、重火器を用いてSCP-XXX-JP-aを排除し、カバーストーリー「過激派テロ組織の襲撃と鎮圧」を流布してメディア等に■■■に纏わる話題が出てないか常時監視し、必要あれば適当な記憶処理とカバーストーリーの流布を実施してください。

説明: SCP-xxx-JPは、オリジナルの身長162 cm体重■■㎏の平均的な体型の成人女性の姿を模した、平均的な体型の雌のホンドギツネです。一般的なホンドギツネと何ら変わらない状態がSCP-xxx-JPの基本的な本体となりますが、対象は自身の人に化けるという異常性の根幹には、人間社会に適応する為に「関西狐保安協会」によって人へと化ける能力を幼少期に付与されたことにあると証言しています。対象は人間に化けるようになってから18年の時、高等教育を満了した後、■■県警の募集に応募し、警察学校で所定の訓練を受け、卒業しました。その後、巡査として■■県■■市の警察署に配属される際、「関西狐保安協会」の保安要員として同類の化け狐の能力露呈防止、■■■の防止、排除、事後処理という職務を自ら進んで志願しました。2019年07月10日、警察官としての職務を遂行している最中に、■■県■■市■■町の大型商業施設内において、■■■に遭遇し、携帯していた銃器で応戦するも全身を激しく打ち、気を失った後、同じく2019年07月10日■■県■■市■■町の大型商業施設内の非常階段で意識を取り戻した際に、携帯電話で同市内の警察署に意味不明な供述をした事に加えて銃器を所持し、警察官の服装と装備をしていながらデータベースに該当するデータが無い事で、派遣された警察官らに取り押さえられました。その後、■■署内で別件を調査していた財団のエージェント・■■が、意味不明な事象と所属らしき事を言いながら署の警官らに連行される制服姿の対象を目撃し、尾行すると署内の留置所で対象が、それまで露わにしなかった狐耳を頭から、尻尾を尾部に出していた事から対象の異常性が発覚し、財団はその日の内に対象の身元を引き取り、関係した者に軽度の記憶処理を掛けた上で、カバーストーリー「同人イベントの帰りに酔っぱらった住所不定のコスプレ女騒動」を流布しました。

インタビュー記録-01

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: 神渕研究主任

付記: ・インタビューはサイト-210の低危険度人型オブジェクト中規模収容セル内にて対面で実施。防護措置として自動小銃を携行したセキュリティチーム-蛇01をセル内に配置し、神渕研究主任と対象の間には防弾ガラスとスピーカー及びマイクを設置。

<録音開始, 2019/07/11 09:30>

神渕: 「おはようございますSCP-XXX-JP、よく眠れましたか?」

対象: 「はい、未だに少し混乱していますが、よく眠れました。」

神渕: 「それは良かった、ではこれよりインタビューに入らせて頂きます。まずは貴方のお名前と年齢、出自と所属を答えてください」

対象: 「名前は■■■■です、年齢は20歳、■■県■■市の生まれです。」

神渕: 「ありがとうございます、こちらの都合上、あなたのことはこれからもSCP-xxx-JPと呼称させていただきますので、予めご了承ください」

対象: 「分かりました」

神渕: 「それでは本題に入りますが、SCP-XXX-JPは自身の異常性について認知していますか?」

対象: 「はい、認知しています」

神渕: 「それでは、その異常性を説明してください」

対象: 「私の異常性は、ホンドギツネでありながら人間と同じ姿、内蔵、DNAを持った存在になることです」

神渕: 「よろしい、ではその異常性はいつから発生しているんですか?」

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

ERROR

The Mangstan's portal does not exist.


エラー: Mangstanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6636439 ( 11 Jul 2020 00:36 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License