I・C・P

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: サイト-3030は常に内部に設置されたカメラによって監視が実施されています。また、サイト-3030への進入は如何なる職員であろうとも禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPはサイト-3030で断続的に発生している、複数の強制力を内包した認識災害の総称です。また、その行動によって引き起こされる不明な物資等の発現現象も含みます。現時点でサイト内で勤務している全ての職員がこの異常性の影響下にあります。ただし、サイト内に設置された監視カメラの映像からそれらの認識災害は検知されていないため、何らかの媒体を介したサイト-3030の内部状況の確認は可能です。なお、この異常において収容違反を含む重要インシデントの発生はありません。

当オブジェクトに暴露した職員は以下のタイムラインに従って行動を実施するようになります。現在までにこれらのタイムラインから逸脱した行動などは確認されていません。

06:00:00 誤差5分~10分の範囲内でサイト-3030に所属する全ての職員が同時に起床する。殆どの職員は身辺整理を実施し、次のタイムスタンプまでの時間を過ごす。

06:30:00 自室から全ての職員が退出。サイト内の食堂へと移動を開始する。殆どの職員が同時に移動しているにも関わらず、会話は一切確認されていない。食堂に到着すると、職員らは毎日特定の位置へと着席を行う。一部の職員は着席せず、配給地点へと入場する。

07:00:00 朝食の配給が開始される。配給地点に近しい職員から、用意された朝食を受け取る。配給されている食事は必ず、殆どのサイトにて取り扱われている食堂の配給表に準拠している。ただし、異常性の発生が確認されてから、サイト内への食糧の入荷は実施されていないため、これらの食事がどのように生成されているのかは不明。

08:30:00 全ての職員が食事、並びに食器等の返還を完了する。配給地点にてそれらの洗浄を実施している職員以外の人員は、それぞれサイト所属時に割り当てられたアノマリーの管理施設へと移動を開始する。

09:00:00 移動を完了した職員から、割り当てられた業務を開始する。収容アノマリーに対しての観察、収容プロトコルの順守、実験、インタビュー等が主な行動となる。なお、定期的にサイト管理官から提出されるレポートに不備や欠損が確認されない、並びに監視カメラの映像で確認可能な範囲内で、正常にプロトコルが作動している事からサイト-3030内の異常収容環境は極めて良好であると判断可能である。

12:00:00 業務が一時的に中断され、誤差5分~10分の範囲内で職員が食堂への移動を開始する。07:00:00~08:30:00と同様に、昼食の配給が実施される。

13:30:00 昼食の終了。業務が再開される。

20:00:00 通常業務終了。それぞれの職員が無人時の収容監視プロトコルを実施し、食堂へ移動する。夕食の配給が開始される。

21:30:00 夕食の終了後、全ての職員が自室へと帰還する。帰還後、アノマリーに関してのレポートの入力等を実施し、終了次第、就寝する。

23:00:00 全ての職員が就寝、業務が終了する。

補遺: 現在、サイト-3030には29名の職員が所属しており、それらの回収についての計画"プロジェクトHy"が立案されています。以下はサイトに所属する職員の一部を纏めたリストです。職員全体の詳細については、人事配属事案:サイト-3030を参照してください。

人名 詳細
アルバート・デイビス
スラグ・コナー
咬冴舞波

メモ:どこかで財団製を匂わせられればなぁ

アルバート: 私たちはそれを心地よいと感じてしまったのです。これは異常ですか? 正常ですか?



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The nemo111's portal does not exist.


エラー: nemo111のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6634493 ( 10 Jul 2020 08:57 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License