SCP-CN-005-J
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-CN-005-J

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-CN-005-JはSite-CN-34の10m²の部屋に収容されており、ベッドとテーブルが設置されています。SCP-CN-005-Jは特に注意を要するものではありません。SCP-CN-005-Jには、定期的に食事と清潔な生活用品を提供してください。 月に一度の収容室の清掃を行ってください。

毎年クリスマスイブには、SCP-CN-005-Jの捜索のため、少なくとも3つの特別捜索チームがsite-CN-34に派遣されています。

説明: SCP-CN-005-J-1は "サンタクロース"を自称する体重250kgの老人で、一年中赤と白のダウンコートを着ています。クリスマスが来るたびに、SCP-CN-005-J-1は煙突から人々の家に不法侵入し、被害者にプレゼントを渡していました。これらのアイテムがどこから来たのかはまだわかりませんが、すべて「ザ・ファクトリー」(The Factory)のマークが付いています。

SCP-CN-005-J-1: 俺のことか?もちろん、俺は財団に滞在する気はない。俺もクリスマスだけは遊びに行きたいと思っている。それに、もし俺が本当に出たいと思っていたら、あなたたちは俺を止めることができない。

SCP-CN-005-J-2はSCP-CN-005-J-1のペットのトナカイで、空中をマッハ20で飛ぶという異常性を所持しています。SCP-CN-005-J-2は無制限に荷物を運ぶことができ、不死身の疑いがあります。クリスマスが来ると、SCP-CN-005-J-2はSCP-CN-005-J-1を騎乗して飛行し、被害者の屋根を見つけ、飛び込んでSCP-CN-005-J-1を落とします。SCP-CN-005-J-2は優れた精度を備えており、SCP-CN-005-J-1を被害者の煙突に非常に正確に落とすことができます。

SCP-CN-005-J-2: おい、君。重たいおっさんがしがみついて騒いでるけど、何十年も前(お前らスチューカ)には、突っ込んで騒ぐのが流行ってたのに、今はそうじゃないんだよ。何?なんでトナカイが喋れるのかって? お前は種族差別主義者だな。

贈り物の一部のリスト:

承認しました。ここをクリックして入力してください。

ERROR

The ai0240's portal does not exist.


エラー: ai0240のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6629025 ( 05 Aug 2020 08:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License