記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


「蒐集院幹部を…3人も殺害したのか。」

綴じられた書類をめくりながら、その男は呟いた。
その声に含まれた感情は驚きなのか、それともその事実の単なる肯定なのか、無機質なその声色から詳細を読み取るのはあまりにも難しかった。

「蒐集院の処理は貴様に任せたが…これも全て読み通りか?″鵺″。現蒐集院幹部の顔

ERROR

The karasuva's portal does not exist.


エラー: karasuvaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6620142 ( 06 Jul 2020 12:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License