乾tale

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


それは、朧月の晩であった。
風に揺られ、桜の花弁が舞い落ちる。新緑は芽吹き、命は生をもってこの世に産まれる。
その景色の狭間、ふたりの男が対峙していた。

その男の、左手に握る太刀は月明かりを淡く照り返す。その輝きとは裏腹の、まさに黒衣と言えるような装束を身に纏っていた。顔は布一枚で隠され、その表情を窺い知ることは難しい。

それと相対する者は、これもまた闇に溶けるかのような、墨汁を垂らしたかのような背広を着込み、下げるネクタイも同じように、漆黒のそれであった。長く、細長い刀剣を構え、僅かな空気の揺れをも見逃さぬような、メスのような鋭い目を黒衣の男へ向けている。

ERROR

The karasuva's portal does not exist.


エラー: karasuvaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6620142 ( 06 Jul 2020 12:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License