hitsujikaip-80--f6ff

このページの批評は終了しました。

ここから下羊飼いP希望
"Agent Priscilla Locke": Alleged to be a Foundation agent of an alternate timeline. A transgender high school student matching the description of "Agent Locke" was reported missing in 1996. Her remains were recovered and identified by former MCF Director and sibling Rhiannon Locke. Ms. Locke claimed no knowledge of recent sightings of Priscilla Locke or her alleged involvement with the Manna Charitable Foundation. "Agent Locke" may or may not be in possession of Foundation property and an as-of-yet unrecovered anomalous object referred to as "Anabasis".

「エージェント・プリシラ・ロック(Priscilla Locke)」: 別タイムラインにおける財団職員であると言われている。エージェント・ロックについての記述に一致するトランスジェンダーの高校生は1996年に失踪したと報告されている。彼女の死体はマナによる慈善財団の元理事と、姉妹のリアノン・ロックによって発見、確認された。ロック女史は、最近プリシラ・ロックがどのような意図を持っていたか、もしくは、マナによる慈善財団とどのような関わりがあったかについては知らなかったと主張した。「エージェント・ロック」は財団の資産と「アナバシス」と呼ばれる今のところ未回収のAnomalousアイテムを保有している可能性がある


Martina Bauer, "Spiffy Dodger": Former Manna Charitable Foundation operative. Current affiliation and whereabouts unknown. Key figure in the MCF-backed investigation of a group of interest known as "The Stuff Industry". She is believed to have had previous dealings with the Foundation, either under an alias or through a third party source. Described variously as being tall, short, red-haired, blue-haired, blonde, "beautiful", and variously missing an eye, nose, or teeth. Believed to suffer from asthma and/or frequent panic attacks. Only certainties are that she is narcissistic and insufferably annoying, and always manages to avoid getting arrested.

マルティナ・バウアー(Martina Bauer)、"スピッフィ・ドッジャー洗練された詐欺師":マナによる慈善財団の捜査員。現在の所属と行方は不明。マナによる慈善財団支援下でのGoI "The Stuff Industry"への捜査における重要人物。彼女は偽名を使用したり、または第三者の情報源を介するなどの手段で、以前にも財団と取引をしていたと考えられる。背が高い、低い、赤毛、青毛、金髪、「美しい」、目、鼻、歯のいずれかがないなどと様々に形容される。喘息や頻繁なパニック発作に悩まされているとも考えられている。彼女はナルシストであり、耐えられないほど腹立たしいと思われるような存在であって、常に拘束されることを何とかして避けようとしているということのみが確実である。


Dr. Darryl Loyd: A supposed former researcher that was at some point attached to the Foundation. There are conflicting documents as to what position he worked in, and to date paperwork has been found that associates him with the Memetics Department and the Anomalous Items office, as well as the Department of Para-Archeology.

ダリル・ロイド(Darryl Loyd)博士: 彼は財団に何らかの接点があった研究者であると考えられている。彼の役職については、複数の矛盾した文書が存在しており、現在までにミーム部門とAnomalousアイテム管理室、そして超常考古学部門との関連性が示唆されている。

Supposedly he has died, but this information is conflicting as well. His remains were found at Site-███ following the activation of its onsite nuclear device. But he was also confirmed to have been executed due to his role in starting an MK-Class Scenario. Additionally, the body of a researcher from early in the Foundation's history shares the name and DNA of modern records of Loyd. Little else is currently known about this figure.

彼は既に死亡したと考えられているが、この情報も矛盾を含む。サイト附属の核爆弾を起動した後、彼の遺体がサイト-███で発見された。しかしながら、MK-クラスシナリオの発生における責任を追及され、終了されたことも確認されている。また、財団初期のある研究者の名前と、その遺体から取り出されたDNAが、現在のロイドの記録に記載されているものと一致することがわかっている。その他の情報はほとんどわかっていない。


ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License