ランナー

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アメリカのどこかの小さな国立公園に、自転車道がある。この自転車道は珍しいものではなく、全長約12マイルで、小さな湖の周りを一周している。この道のほとんどは森林に覆われており、地元の人たちには、一息ついて静かな時間を過ごすための美しい小さな場所とみなされている。

この道をジョギングや自転車で走る人の多くは、特に違和感を感じることはないが、あるランナーに偶然出くわした一人のサイクリングの愛好者がいた。

マークは自転車をコースティングして小道の脇に停めた。自転車にまたがり、水筒からゴクゴクと勢いよく水を飲んだ。彼は、家にいて請求書を払ったり、芝生を刈ったり、屋根を直したりする代わりに、一日の休日を十分楽しむことができた。ピクニックエリアにいる数人の家族や桟橋で釣りをしている老人たちを除いて、公園には彼しかいなかった。

マークは腕で口を拭いてボトルを戻し、ペダルを漕ぎ出そうとしていたが、後ろから誰かが走ってきた。

「今日はいい天気だね」と若者が言った。背が高く痩せていて、フード付きのグレーのスウェットを着て黒のランニングパンツを履いていた。スカーフとサングラスで顔を隠している。穏やかな春が続き夏がまだ来ていなかったので、マークはこのことに何の違和感も感じなかった。

「ああ、外っていいね」

青年はうなずいた。まるでずっと動いていたいと思っているかのように体を揺らしていた。

「競走でもしようか」

「競走?随分アンフェアだぞ」

「そうかもしれない。でも人生だってそうだろ?」

マークは苦笑せずにはいられなかった。

「わかった、やろう。どこまでにしようか?」

青年は少し考え、「10マイル目の標識を過ぎてすぐのところにある古い嵐避難所のそばをゴールにしよう」と言った。

「いいだろう。ここからは結構な距離だけどね。ついてこれるかな?」

「じゃあ10秒ハンデをあげよう。準備ができたらいつでもスタートしてくれ」

マークはその奇妙な若者についていくつかの疑惑を抱いていたが、考えないことにした。確かに、彼は少し変わっていたが、十分にいい人に思えた。

マークはペダルに足をかけて走り出した。彼の走りはほとんどいい加減なものだったが、それには正当な理由があった。10秒あればどんなランナーですら置いていける速度まで加速できてしまうだろう、という理由だ。

「もっと真面目に走ってくれよ」

マークは左に目をやると、そこには自転車と同じペースを保ちながら、軽いジョギング程度にしか体を動かしていない若者がいた。10秒のハンデは何の効果もなかった。

何が起こっているんだ?

マークはすぐにギアを入れ替え、ペダルに力を入れ始めた。自転車は小道を飛び出していった。マークは頭を低くして、空気力学的に正確に空気を切り裂いた。風が彼の肺を冷たい空気で満たしている。緑と茶色の木々の間を通り過ぎていく。彼は自分自身をさらに追い込み、さらに速く、さらに速く、さらに速く。ジョギングをしている人が追いついてこれるはずがない。

マークは頭を横に向けてみると、彼のスピードに完全に追いついている若い男がまだそこにいることに気付いた。しかし、彼はもう道を走っているのではなく、森の中をまっすぐに走り、まるで鹿のように障害物をかわしていた。実際のところ「走った」という表現は正確ではない。彼は「飛んだ」のだ。彼の足は地面にほとんど触れていないのに、彼はまた跳躍して前に出た。彼のスカーフは尻尾のように後ろに振っていた。その走り方から、マークは彼が笑っているのを想像することができた。

マークの驚きは、彼のスピードが作り出した圧倒的な感覚の混乱によって麻痺させられてしまった。耳には風の音しか聞こえず、口と鼻には冷たい空気しか感じられず、緑の海の中の灰色の縞以外には何も見えず、ハンドル以外に触れるものは何もなかった。

その時、道の脇に避難所が現れた。ゴールラインだ。 マークは森の中を見送った。青年の気配はなかった。置き去りにしたに違いない。視線をシェルターの方に向けて、マークは息を呑んでブレーキを強く踏んだ。彼の後ろの道には、ゴムの二本の筋が焼きつけられた。そして、彼の前には青年が立っていた。

「よく頑張ったね」と彼は少しの疲れも見せずに言った。マークは息切れして返事ができなかった。「最初のうちは迷走していると思っていたが、フィニッシュまで持ちこたえてくれた。ずっとやっているがその中でも最高のレースだった」

「どうやって…なぜ…どうして?」マークは喘いだ。

「何の話をしているのかまるっきり分からないな。でも、とにかく、これが賞品だ」

「賞品?」

「敗者である君を慰めるための賞品に決まってるじゃないか!」侮辱するかのような声で言った。「その努力は報われるべきだ。他の奴らよりずっと良かった」

マークの視界がゆがみ始めた。森はより暗く、非現実的になっているように見えた。若い男はより大きく、より神秘的に見えた。そこにあるはずのない影や形が森の中に現れた。死体。何十体もの死体。苗木に突き刺さった死体、岩に頭をぶつけられた死体、邪悪な力に引き裂かれた死体、木の枝から自分の内臓でぶら下がった死体。血まみれの自転車のヘルメットの列が、研ぎ澄まされた棒の柵の上に止まっていた。それらはそこに存在しており、また存在していなくもあった。現実と想像と忘れ去られたものとの間を行き来していた。

「これが君へのご褒美だ。賢者の言葉を贈ろう」と若者は言った。男にはない独特の声で。「すべてを捧げない者には墓場以外のものは与えられない」

ランナーは避難所に入り、そして消え失せた。

ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License