hitsujikaip-137--b54d

http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2859452-332-166a
について

確率

(量子論では)系全体で見れば、確率分布は時間発展に関して一対一に対応するということになっていると思います。(なので物理量に関しては決定的ではないですが、確率分布に関しては決まります)

また、確率の操作というよりは、確率分布の操作と言い換えた方がいいかもしれません。

現実世界でもポテンシャルをいじってやるなどすれば(100%とまではいかないものの)確率分布は変えられますが、特に、ユニタリー性を破る1ということを書いておけば、時間発展について超常的なことをやっていると伝えられると思います。

実用化を強く反対される結果を招いている。

説明を読む限りでは、「実用化に反対する人が多い」というより、「実用化の見込みが低いので研究に対して反感を持つ人が多い」という表現が適切だと思います。

ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License