Play

私は、通常は生まれたばかりの人のために予約されているように、突然のことで意識の中に沈められました。 私は反動で、私が来ていた何もないところに戻ろうとしましたが、自分自身が凍りついていることに気付きました。

割れたレンガやブロックが私の前に無限の道を形成し、その後ろには私がすでに来ていた場所よりも暗くて空虚な黒の平らな塊だけが横たわっていました。 石や石積みの塊があちこちに浮かんでいて、まるで大規模な爆発で自由になった後に凍りついたかのようだった。 あくびをしている管がこの狭い、サイクロペの高速道路に点在し、道路はさらに、忘却のギャップを明らかにするために、セクションで離れて崩れていた。

私を恐怖で満たしたのは、この異質な風景ではなかった。 それは私の精神力の強さの端をかじったり、かじったりしていたが、凍りついた体を震わせる原因となったのは、この場所の微妙な…意識だった。 どこもかしこも中途半端な顔がレンガや地面や雲から顔を覗かせていた どこにでもある目は、鈍いが、あざ笑うような、捕食するような意識を持って輝いていて、近くで見ているように見えた。

私の背後にある何もない空虚さ、あるいは前にある未知の恐怖に直面して、私は無反応の手足を無理やり前に進め、一歩一歩がぎくしゃくした試練だった。 次の一歩、次の石だけを見て、目を前に固定したまま、私の上を漂う朽ち果てたレンガの浮島や、あらゆる隙間から私の窮状を嘲笑う顔を見ることはありませんでした。

旅に一歩入っただけで、私は固まってしまい、もう一歩踏み出すよりも後ろの何もない壁を叩こうと後ろに反り返りそうになりました。 前には崩れ落ちた道しかなかったところに、今はもう一人の旅人がいた。 腐った自重で腰を低くして前に出てきて、黒々とした足の塊がゆっくりと道に沿って引きずっていた。 肥大化したフンゴ状の体の中には、2つの目が浮かんでいて、深海のミミズのような異質な心の焦点で私を見つめていた。

私は凍りつき、理解できないまま、ゆっくりと前に出てきた。 その睨みつけるような目は私を見つめていました。 私は動くことができませんでした。 退くことは、最終的に捕まることになるが、前に進むことは、それを横切ることを意味し、それに触れることを考えると…

決断は私のためになされたのです。それが近づいてくると、私は行動に駆り立てられました。 恐怖というか怒りというか、私は無意味な叫び声を上げながら前に飛び出し、その肥大した体を叩きつけた。 蹴ったり踏みつけたりして、たわわになった柔らかすぎる肉を私の下に押しつけました。その肉が私に触れているのを感じながら、恐怖の中ですすり泣きしました。

その後、私は走った。 黒い運命が私をここに連れてきたことを呪い、私の記憶や人生を消し去り、道だけを残して、永遠の道へと走った。 私は泣き、丸まって、道を切り開いた果てしない穴の一つに自分自身を投げ落としただろうが、私は続けざるを得なかった。

走ったり跳んだりしているうちに、閉所恐怖症の風景に点在する太くてねじれたチューブの一つに辿り着いた。 この場所から解放されたいという躁状態に近い欲求を克服しようと、好奇心と戦いながら一瞬覗き込もうかと思ったが、奇妙な音とゴリゴリとした音と、黒いパイプの内部からの深い低音のパルスが聞こえてきたので、私はそれを断念し、しぼってみた。 私が通り過ぎたとたん、背後から突然の空気の奔流があり、それに続いて、綿に包まれた鉄の棒が二本、私の背後で投げつけられたかのように、鋭く、妙に消音したスナップ音がしました。 私は振り返らず、単にこれを使って私の吃驚した歩行をさらに加速させ、私の背後に消えていく音やガサガサとした音を無視した。

その先には、道路と同じように崩れかけたレンガで作られた、こぢんまりとした住居のようなものが見えた。 中に何が潜んでいるのかと不安になりましたが、誰か他の誰かがいるのではないかと思うと、この恐ろしい場所を一緒に共有できる人がいるのではないかと思うと、数時間ぶりに感じた希望が湧き上がってきました。 私は走って階段を見つめ、最後の隙間を越えて舞い上がった。 奈落の底を横切る途中で、反対側で待っているものを見た。

それはある種の爬虫類のひねくれたパロディだった。 その細長い顔はぼんやりとした威嚇のようなもので満たされていて、彼の口は私が向こう側に到達するのを見越してあくびをしていました。 その体は、しゃがんで形のない二本の脚でバランスをとり、硬くて割れた肉の甲羅が球根のような胴体を包んでいた。 剥がれ落ちた殻の中には、繊維質の成長でコーティングされた、二本の発育不良の手足が突出していて、翼の病気をあざ笑うようにゆっくりと移動していました。

私は悲鳴を上げてねじり、遠くの端に戻ろうと無駄にしようとしたが、もう手遅れで、もがいてもがいているうちにピットの硬い壁に激突してしまい、頭上のものがフラストレーションで悲鳴を上げながら倒れた。 落ちては落ちては落ちては落ちて、果てしない闇の中に回転しながら、私は暗闇が私の周りを取り囲んでいるのを感じた。 しかし、空虚さが最後の慰めとなる数秒前、私はふと思い出した。

果てしなく続く道、火の湖、朽ち果てた獣の骨で埋め尽くされた崩れかけた墓、暗闇の中をかすかに光る光の形、熱い空に漂う古代の木のネットワーク、それらすべてが洪水のように私に戻ってきた。

いつからこんなことをしていたのか、何をしてきたのか、そのために何をしてきたのかはわからない。

ただ、私はこの道を歩まなければならない。

永遠に。

ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License