hitsujikaip-109--9f2f

説明: SCP-XXX-JPは後述する異常性をもつ丸筆です。SCP-XXX-JPのデザインは名村大成堂が販売している絵筆「ナムラOXA(ラウンド筆)」と一致しており、物質的な異常性は存在しません。SCP-XXX-JPによって描画された絵画(以下SCP-XXX-JP-1)を閲覧すると、閲覧者はほとんどの場合、SCP-XXX-JP-1に描写されている内容と関係ない特定の情景を想起します。

回収日: 20██/██/██

回収場所: ██県立芸術大学

現状: SCP-XXX-JP、SCP-XXX-JP-1はそれぞれ低危険度物品保管ロッカーに保管してください。実験に使用する場合は、レベル3以上の職員の許可を得てください。

追記:

実験記録XXX - 日付20██/██/██

対象: 入力されたデータの通りに描画を行う自動筆記装置

実施方法: 自動筆記装置にSCP-XXX-JPを取り付け、モナリザ等の有名な絵画のデータを入力して、描画させる。

結果: 出力された絵画に異常性は発現しなかった。

実験記録XXX - 日付20██/██/██

対象: 絵を描くことができるように訓練されたオランウータン

実施方法: SCP-XXX-JPと同じ形状の絵筆で虹を描くように訓練したのち、絵筆のみをSCP-XXX-JPと取り替え、虹を描画させる。

結果: 訓練の際に褒美としてバナナが与えられる場面を想起させる異常性が発現した。

実験記録XXX - 日付20██/██/██

対象: D-17436

実施方法: SCP-XXX-JPを使用してリンゴの果実を描画させる。

結果: 同室のD-17445と会話している場面を想起させる異常性が発現した。

実験記録XXX - 日付20██/██/██

対象: D-17436

実施方法: D-17445が終了された旨をD-17436に告げたのちにSCP-XXX-JPを使用して備え付けのガラス製花瓶を描画させる。

結果:

実験結果の分析


これらの実験の結果、

使用者は、SCP-XXX-JPを使って描写することにより、描写時に思い浮かべていたイメージを絵画に定着させることができます。

追記:

現在までに確認されているSCP-XXX-JP-1のリスト
ヘッド ヘッド ヘッド
セル セル セル

追記:

回答者: PoI-37579

質問者: ██博士

前書: [インタビューを描写する短い節]

<記録開始>

質問者: この絵筆はどのように入手されたのですか。

個人: [数秒間の無音] ……言いたくありません。

<記録終了>

後書: [インタビュー後に分かったことについての短い要約と節]

凄い先輩
初めて見たよ
貰った/取った
凄い言われる
手紙
その後

ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License