剥離

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

テレビはセックスと暴力の話題を大音量で流していたが、彼女が考えることができたのは、彼女の水ぶくれができた腕のことだけだった。彼女はそれをのらりくらりとつまみながら、週末に日焼け止めを忘れてしまった自分を再度呪った。アダムに気づいてもらうための良い機会だったが、彼女は逆にひどい日焼けをして屈辱的なことになってしまった。日焼け止めをするよう勧められていたが、タミーが「処女の幽霊キャスパー」という言葉を使ってそれを嘲笑していたので、彼女は肌を焼こうと思い、日焼け止めを使うのを拒否した。今、もし彼女がこれ以上赤くなっていたら、ラディッシュと間違われてしまうだろう。 彼女は玉ねぎのようになった腕の皮をつまんで、水ぶくれのできた皮の奇妙な質感を無視しようとしていた。

彼女は、彼女の腕や顔、体の上に生じる燃えるようなかゆみを無視しようとして、チャンネルを変え続けた。それらは全て彼女の屈辱の記憶を帳消しにするのに役立った。彼女は、彼女が見ていなかった何かの再放送を見つけようとして、彼女の腕を無造作に拾い、その間中ずっと彼女の腕から剥がれ落ちた液体と肉を掻きながら…

待って…液体?

彼女は自分の腕を見て、悲鳴で喉が麻痺していくのを感じた。彼女は血まみれだった。その液体は彼女の皮膚の中で大きく、はためくような裂け目から流れ出ていた。肉は剥がれ落ち、皮膚の薄い剥き痕や浅い断片はなすすべなく引っ張られていた。彼女がどうにかしようとしたとき、彼女は骨に閃光のような痛みが走るのを感じた。彼女は滑るようにしてソファから転げ落ち、もみくちゃになって剥がれた傷口がさらに伸びた。不可解にも彼女は麻痺し、そして彼女の足の傷口から血が滲み出して、彼女は過呼吸になった。彼女は剥がれ落ちた赤い肉を傷口に押し付けようとしたが、新鮮な血しぶきが飛び散るだけだった。

彼女はどうにかして部屋を横切る際の痛みを最小限にしようとしたが、どんな些細な動きでも、さらに皮膚が剥離するように思われた。彼女は出血している裂け目をより明確に見ようとして、彼女の腕を拭いた。肉の手のひらサイズの剥き跡が引っ張られ、生きているように飛び跳ね、新たに解放された筋肉の上に血液が輝いているにつれ叫び声を押し殺すように唸った。彼女はうめき声をあげ、彼女の顔の前に手を持ってきたが、それは安物の、合わない着ぐるみのように変わったとしか思えなかった。彼女が皮を剥くにつれ、燃えるようなかゆみの痛みがますます上昇し…

数時間後、彼女はまぶたの下に指を引っ掛け、最後の裏切りとなる皮膚を取り除いたが、激痛に襲われるだけであった。

ERROR

The hitsujikaip's portal does not exist.


エラー: hitsujikaipのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6611312 ( 04 Jul 2020 01:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License