SCP-XXX-JP-無理解(下書き)

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%B6%E5%B1%8B.JPG

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: KeterEuclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPとその周辺は財団によって買収され、一般人の侵入を防いでいます。SCP-XXX-JPは、動体検知機能付きの監視カメラによって24時間体制で監視します。動体検知によって対象の出現が確認された際、職員による会話が即座に行われます。対象の終了後は遺体を回収し、異常が無ければ焼却処分されます。

説明: SCP-XXX-JPは、長野県の山間部に位置する木造建築の家屋です。全ての窓は磨りガラス加工であるため、中を確認することが出来ません。50年以上前に建築されていながら劣化が殆ど見られず、非常に高い破壊耐性と腐敗耐性を有しています。そのため、後述する異常性から扉が閉まった場合、どのような手段を用いてもSCP-XXX-JP内に侵入することは不可能です。また、異常性の発生前に人間が侵入していた場合、約5分後に無意識にSCP-XXX-JPから出ようと試みます。この行動を阻害しようした人にも同様に影響を受けます。

SCP-XXX-JPの異常性は、特定の人間(以下対象)をSCP-XXX-JP内へ不定期に転移させ、対象の家族に似た外見を持つ人型実体(以下SCP-XXX-JP-1)が出現します。また、SCP-XXX-JPの間取りに関わらず、対象が当時住んでいた又は長期的に滞在していた家の間取りに変化します。そのため、SCP-XXX-JP内からでは外の様子が確認出来る窓に変化していることが殆どです。また、SCP-XXX-JP内にカメラなどによる記録の試みは、発生時に原因不明の破損で全て失敗しています。

SCP-XXX-JP-1は対象の家族として振る舞いますが、元の性格とはかけ離れていることがあります。元の性格が良識であった場合は変化が無く、粗暴であった場合は良識な性格に変化しています。また、身体に出血を伴うほどの損傷を受けた際、急速な自己修復によって治療します。約2ヶ月後、SCP-XXX-JP-1は対象と共に心中を行い、SCP-XXX-JPの異常性が喪失します。中の様子が確認出来ないために明確ではありませんが、対象の殆どは心中に対して受け入れているように見えます。

対象が転移する条件は不明瞭ですが、家庭に問題を抱えている対象を選択しているとしています。転移後は最初困惑した様子を見せますが、次第にSCP-XXX-JP-1との生活を続けていきます。外の様子を確認出来ることが多いため、会話は可能ですが次第にSCP-XXX-JP-1との生活を優先します。これがSCP-XXX-JP-1によるものか、対象自身の行動によるものかは不明です。

補遺1: 以下は転移した対象の記録の一部と、赤谷氏に対して行われた会話記録です。

転移記録 - XXX - 1 - 2015/03/04

対象: 山本香菜、56歳の女性

家庭状況: 両親を事故により亡くしている。

様子: 最初に確認された事例。未知の方法により、SCP-XXX-JP内からの音を聞くことが不可能であったため、SCP-XXX-JP内にあった固定電話を使用して会話した。しかし、すぐにSCP-XXX-JP内での生活を優先するようになる。68日後、刃物による自殺で死亡していたことが判明する。また、固定電話はいつの間にか解約されていた。

転移記録 - XXX - 4 - 2018/10/12

対象: 宮永一朗、32歳の男性

家庭状況: 母子家庭であり、過剰な教育方針から絶縁している。

様子: しばらく暴れている様子が確認されたが、こちら側から説明を行うと沈静化した。その後は紙やペンを使用し、掃き出し窓に貼り付けることで対話を行い、SCP-XXX-JP-1の存在と自己修復能力が初めて確認出来た。89日後、ガソリンを撒いたあとに火を付けたことで死亡し、残された遺書から心中を行ったことが判明した。遺書の内容は、SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-1に対する好意的な反応、そして「幸福なまま死にたい」と言う旨とそれを肯定するSCP-XXX-JP-1の様子が記述されていた。

転移記録XXX - 6 - 2019/09/10

対象: 赤谷勇輝、27歳の男性

家庭状況: 幼少期に離婚しており、父親と暮らすようになる。

様子: 赤谷氏が所持していた携帯電話を使用し、SNSを通じて会話が行われた。電話は何故か使用出来ないとのこと。以前よりも外との会話が続いており、3ヶ月が経った現在でも心中を行なっていない。その他の詳細は交流記録から参照。2020年の3月中旬から応答が無い。

赤谷氏への会話記録-XXX

付記: 赤谷氏には円滑な会話を行うため、SCP-XXX-JPの異常性に関する説明を行っています。その他の詳細な情報は、関係者などのインタビューから収集しました。

質問 回答 備考
君は赤谷勇輝で間違いはない? はい。 結婚後は苗字を変えようとしていた。
間取りは昔住んでいた間取りと同じ? 全く同じです。 過去に2回引越ししており、同棲目的で再度引越していた。
開けそうな場所は? ‪‪全部鍵がかかっています。‬ 無し
何か会話が取れそうなものは? ‪携帯以外ありません。 以前からあった紙やペンも無いらしい。
家族の名前は達海1、葵2、紡3で合っている? 合ってます。 無し
そっちも同じ? 同じだと言っています。死んだはずの妹までいる。 妹は現在故人であり、死因は自傷行為による自殺。
君が何でそこにいるか知ってる?予兆は? ‪分からない。 出現前の赤谷氏自身は特に変化はなかった。
家族の誰かから不当な扱いを受けていた? そうです。 無し
母親? ‪違います。 現在は再婚している。
父親? そうです。 現在は病死している。
今もその扱いを受けているの? ‪いえ、もう死んでます。‬ 病死するまで介護をしていた。
そこから出たい意思はある? あります!早く出してください。 無し
父親が怖い? ‪怖くないけど、ここにいたくないです。‬ 心的外傷から通院歴あり。
父親が憎い? ‪憎いとか、もうどうでもいいんです。 赤谷氏の過去について関係者は全く知らなかった。

補遺2: 赤谷氏は、他の対象には見られなかった拒絶反応を示し、それが結果的に他の対象の出現を防いでいます。そのため、赤谷氏が滞在する限りは自己収容に近い状態になったとして、オブジェクトクラスをKeterからEuclidに格下げられました。しかし、今後の影響から赤谷氏が心中に参加しないとは限らないため、慎重な会話が求められます。

補遺3: 音信不通になってから同年の4月25日に、赤谷氏の不審な行動が監視カメラに記録されました。以下はその書き起こしです。また、この日以降SNSを通じた会話が行えなくなっており、それに変わる別の会話方法を模索しています。事態を引き起こしたのは異常性によるものかは不明ですが、現在SCP-XXX-JPに目立った変化は確認されていません。

映像記録


日付: 2020年04月25日

時間: 16時58分


[記録開始]

16時58分: 電気は付いておらず、赤谷氏らしき人影が掃き出し窓の向こう側に立つ。

16時59分: 赤谷氏が掃き出し窓を開けようと掴んで揺らしているように見える。

17時2分: 赤谷氏が一時掃き出し窓から離れる。

17時11分: 掃き出し窓の横から手が伸びており、しばらく何かを掴もうと腕を動かしている。

17時15分: 戻ってきた赤谷氏が伸びてきた腕を引っ張る。その際、赤谷氏は腕を何度も振っている。

17時18分: 立ち上がった赤谷氏がベランダの掃き出し窓に近付き、何かを書くような動きをしてから屈む。

17時20分: 赤色の絵の具で「でれない」と書く。

17時22分: 空いた場所に「だして」と書く。

17時23分: 次に「ケータイこわされた」と書く。

17時24分: 書いた文字は次第に消えていく。赤谷氏が掃き出し窓を何度も叩く様子が確認される。

17時27分: 赤谷氏は「こんなのいらない」と言う文字を最後に何も書かなくなる。

17時28分: 電気が戻り、赤谷氏の背後に3体の人影が映る。


[記録終了]





scp jp euclid 建造物 人間型 自己修復 自己複製



ページ情報

執筆者: hakuyou_shiro
文字数: 5405
リビジョン数: 104
批評コメント: 0

最終更新: 27 Jan 2023 05:25
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The hakuyou_shiro's portal does not exist.


エラー: hakuyou_shiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6593510 (25 Jun 2020 16:28)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License