SCP-XXX-JP- 自分を守れるのが一番良い

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png
%E6%9E%9C%E7%89%A9%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95.JPG

SCP-XXX-JP(発見時)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは刃の部分にカバーを装着し、中危険度収容ロッカーにて保管されています。持ち運ぶ際は、カバーが外れていないか必ず確認して下さい。実験を行う場合、担当した職員はゴーグルを着用し、実験の対象は2人以下で行われます。暴露者を発見した際、事情聴取後に問題無いと判断された暴露者は、記憶処理を施して解放されます。

説明: SCP-XXX-JPは刃の長さが10cm、高さ2cmの果物ナイフです。素材や耐久自体に異常は無く、活性時は通常の果物ナイフと同様に扱うことが出来ます。

SCP-XXX-JPは人に接触1させることで活性化します。接触した人(以下接触者)に対し、後述の異常性以外は特に影響を受けません。また、接触後もSCP-XXX-JP自体を隠すことで異常性の活性化を阻止出来ます。その際、柄の部分を露出しても異常性は活性化しませんが、刃の部分を露出すると異常性が再活性化します。

接触後のSCP-XXX-JPを直視した人(以下暴露者)は、恐怖感や危機感と言った感情が引き起こされ、接触者から即座に逃走します。逃走中は一時的に身体能力が上昇し、接触者から逃げ切ることが可能です。逃走後は自身の身の回りを危機から守ろうするため、犯罪行為に繋がりやすい行為2や場所3を避けるなどの、防犯対策を積極的に行うようになります。その後、特に支障なく通常の生活に戻ります。

手を離すことで、暴露者の接触者に対する異常性は非活性化しますが、SCP-XXX-JPへの恐怖感や自己防衛による行動は変化しません。また、記憶処理によってそれらの影響を除去することが出来ません。

補遺: SCP-XXX-JPは██県で発生した殺人事件の凶器4として発見されました。当時担当していた警官が異常性に暴露したことから財団が発見、収容されました。また、被害者の遺体は現場を通った一般人に通報されるまで、1日以上放置されていたとのことです。

後日、現場周辺の監視カメラによって犯人と思しき男性と、最初の目撃者らしき女性が映っていたことが判明しました。目撃者である谷優花子氏には、警察官に扮した職員によって事情聴取が行われました。以下はその記録です。

インタビュー記録XXX - JP

対象: 谷優花子氏

担当: 笠松研究員

<録音開始>

(谷氏に監視カメラの映像を見せる。)

笠松研究員: 最初貴方が転んでいるけど、怪我とかはなかった?結構吹っ飛んでるように見えるよ。

谷氏: あ、大丈夫です。突き飛ばされてちょっと尻もちをついただけなので、怪我とかは全然。

笠松研究員: そう。転んだ時のことは後で聞くとして、この男とは面識があるの?

谷氏: 全然知らない人です。あとストーカーとかでもないと思います。前から誰かに見られているとかは無かったし、多分通り魔みたいな感じかと。

笠松研究員: なるほど。と言うことは、男は最初からナイフを持っていたのかな?

谷氏: いえ。確かカバンのようなものに右手をずっと入れてたので、多分そこから取り出したんだと思います。どんなカバンだったかはちょっと覚えてないです。

笠松研究員: どうしてナイフを持ってると気付いたの?

谷氏: えっと、すれ違ったあと急に『おいっ!』って叫んできて、そのあと急に突き飛ばされたもので、ナイフを持ってたかはすぐ分かりませんでした。立とうとした時に持ってるナイフを見て、気付いたら身体が先に動いてました。

笠松研究員: 逃げたあとはすぐ家に帰ったとのことだけど、男は家まで来た様子はなかった?

谷氏: 火事場の馬鹿力って言うのか、いつもより早く走れました。なので、男の人は家まで追いかけて来なかったです。一応、鍵を全部閉めて入ってこないようにはしてましたけど。

笠松研究員: その後は特に何も?

谷氏: はい、全く。翌日はいつも通り仕事に行きました。あ、でも前よりは戸締りをちゃんとするようになったかな。だから、今では良い経験だったと思ってます。

笠松研究員: そうか。あの、一個聞いてもいいかな?もし嫌だったら言ってね。

谷氏: はい、何でしょう?

笠松研究員: 監視カメラには写っていないけど、男のすぐ近くに刺された被害者の遺体があったよね。なら、貴方は時間的に被害者が刺されたのを見たはず。かなりショッキングな光景だから、自分から話そうとするまで待ってみたんだけど、不自然なくらいそれを避けて話すから。

谷氏: (沈黙)

笠松研究員: 私が知りたいのはカメラの死角で起きたことなんだ。そう言えば、最初突き飛ばされたから転んだって言ってたよね。もしかして男に突き飛ばされたから、それがショックで覚えてなかったのかな?

谷氏: 覚えてますよ!でも、私を突き飛ばしたのは男じゃなくて刺された人です。それで、逃げてって言われました。

笠松研究員: そうなんだ。じゃあ、刺された人は貴方を助けてくれたってことだよね。でも、どうしてその人の話を避けようとするの?罪悪感から?

谷氏: 私は刺されてないから関係ないと思ったんです!すぐ逃げることも出来た!それなのに通報とか捕まえるとか、それってまるで被害者みたいですか!防犯って被害を受けないことですよね!?

笠松研究員: (沈黙)でも刺されたのは、貴方のお姉さんじゃないか。なのに、何故通報さえしなかったの?私達に話して犯人を捕まえた方がお姉さんの無念を晴らせるし、貴方にとっても1番安全な方法じゃない?

谷氏: そんなことして人に頼るより、自分で出来ることをやった方が良いでしょう?後悔なんてしてないし、自分の身は自分で守らないと!でも(沈黙)

笠松研究員: でも?

谷氏: (ため息)監視カメラが無かったら、こんなこと話さなくて良かったのにな。

<録音終了>

終了報告書: 谷氏は異常性に暴露していたことが判明しましたが、姉の谷沙奈絵氏は眼鏡を着用していたことで異常性に暴露せず、男から逃げ遅れたのでは無いかと推測します。谷氏は、記憶処理を受けてもなお除去出来ない影響があるものの、周囲への多大な影響は無いとして現在は解放されています。しかし、遺体が1日以上放置されていたこと、また犯行時刻が休日の昼間であったことから、SCP-XXX-JPの暴露者は谷氏以外にも複数人いると推測します。元所有者である男性は現在も逃走しており、SCP-XXX-JPの情報収集を目的とした捜索と、他に暴露した人物が居ないかを現在調査中です。


scp jp euclid



ページ情報

執筆者: hakuyou_shiro
文字数: 4531
リビジョン数: 68
批評コメント: 0

最終更新: 01 Feb 2023 05:35
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The hakuyou_shiro's portal does not exist.


エラー: hakuyou_shiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6593510 (25 Jun 2020 16:28)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License