SCP-XXX-JP-伸ばされた手(下書き)

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
_20201102_222640.JPG

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在財団によって買収され、封鎖しています。SCP-XXX-JPには、理由がない限り侵入することが禁止されています。SCP-XXX-JPに侵入する際はレベル3職員の許可を得てください。

説明: SCP-XXX-JPは、神奈川県██町の戸建住宅の2階にある和室です。SCP-XXX-JPは、家庭内で起きた児童への殺人事件後に1、異常性が発生しました。SCP-XXX-JPは人数が1人以上が入ると異常性は発生しませんが、人数が1人以下の人(以下対象)が入ることで異常性を発揮します。その際、扉は固く閉ざされます。SCP-XXX-JPに入った対象は、突然耐えられないほどの頭痛2に襲われます。対象は頭痛から逃れようと頭を壁に打ち付けるなどの行為を行い、SCP-XXX-JPから逃げようと扉から離れますが、直後に扉の前で通常の成人女性に似た人型実体(以下SCP-XXX-JP-1)が出現します。

潜入記録 - XXX

対象: D-7587

担当者: 狼川かみかわ博士

付記: SCP-XXX-JPには事前にカメラが設置されています。

<録画開始>

狼川博士: では、そろそろ中に入ってください。

D-7587: おう。

(D-7587がSCP-XXX-JPに入る)

D-7587: ん、何か扉が開かなくなったぞ?

(D-7587が扉を開けようとする)

D-7587: と言うか、さっきから頭が、痛い。

狼川博士: どうやっても開きませんか?

D-7587: ダメだ、頭痛も酷いから思うように力が出ない。

狼川博士: 他に何かおかしいところは?

D-7587: ち、ちょっと待ってくれ。(呻き声)

狼川博士: 大丈夫ですか?

D-7587: 全然大丈夫じゃ(呻き声)立ってられない。

(D-7587が床にうずくまる)

狼川博士: では、頭痛以外に痛むところは?

D-7587: もう、頭が痛いせいで、顔に力が入るから顔も痛くなって。涙まで出てきた。

狼川博士: 立てますか?

D-7587: だから立てな、(呻き声)

狼川博士: D-7587?

(D-7587が床に何度も頭を打ち付ける)

狼川博士: D-7587?何をしてるんですか?

D-7587: (息切れ)ちょっと楽になった。あまりにも痛いから、他の痛みで和らげようと。でもまだ痛む。

狼川博士: 出来ればもうしないように。扉以外に出られるところはありますか?

D-7587: (這いずる音)扉以外って言っても。あっ。

(D-7587が扉から離れると、SCP-XXX-JP-1が扉の前に出現する)

狼川博士: 何か?

D-7587: お袋?何でここに?(二秒の沈黙)おい、何だよ!

狼川博士: どうしました?お袋って?

D-7587: お袋が急に現れて、それでこっちに来て、(呻き声)頭が。

(SCP-XXX-JP-1が何らかの発言をしながら3、D-7587に近づいていく)

D-7587: 止めろ、来るな!(呻き声)

狼川博士: D-7587?さっき言ってたお袋とは貴方の母親なんですか?

D-7587: そうだよ!でも何も喋んないし、お袋が近付いてくるとさっきより頭痛が酷くなって。来るなって!

(D-7587の声を無視して、SCP-XXX-JP-1は変わらず近付く)

D-7587: 怖ぇよ、俺に何の恨みが。どっかに出れるとこ、(這いずる音)あ、窓が開いてる!

狼川博士: 窓?閉まってないのですか?

D-7587: 閉まってないぞ!行っていいよな?

狼川博士: とりあえず窓の方へ行ってください。

(D-7587はよろめきながら立ち上がり、窓の方へ向かう)

狼川博士: 母親は今も近付いていますか?

D-7587: 遅いけどまだ来てる。でも、俺は窓まで来て(沈黙)

(D-7587が窓枠に触れた直後、SCP-XXX-JP-1が D-7587の腕を掴んでいる)

D-7587: (悲鳴)

狼川博士: D-7587?どうしましたか?

D-7587: (悲鳴)離せ、離せよ!お袋!

狼川博士: 何があったんですか?

D-7587: お袋が手を掴んで、頭が割れる!助けてくれ!

狼川博士: 今向かいますから。落ち着いてください。

D-7587: えっ。

(D-7587が画面から消える)

<録画終了>

終了報告書: D-7587はその後、窓から転落しました。それと同時に、SCP-XXX-JP-1は窓から外へ手を伸ばす動作を行っています。D-7587は軽傷を負いましたが、命に別状はありません。また、D-7587にSCP-XXX-JP-1が近付いた際、D-7587含む外部の観測からは"対象に近付くたびにSCP-XXX-JP-1の表情が険しくなった"と報告しています。この後の実験では、対象含む他の人間はSCP-XXX-JP-1に、物理的に接触することが出来ませんでした。

これらを経験した対象は、SCP-XXX-JP-1を"自身の母親が害を与えようとしてきた"として嫌悪感を抱き、SCP-XXX-JP-1を"酷い母親"と認識します。また、これまで転落してきた対象は軽症を負いますが必ず生還しており、頭痛の症状は治まって支障なく通常通りの生活が可能です。しかし、SCP-XXX-JP-1に対する嫌悪感は現在も続いています。

補遺: SCP-XXX-JPは以前に殺人事件として調査が行われた際、潜入した職員によってSCP-XXX-JPの発見に至りました。被害者児童の体から複数の痣が確認されたことで、SCP-XXX-JPに住んでいた被害者児童の両親である、██隼人と██恵美が殺人の疑いで起訴されていました。後にこの事件は被害者児童が自ら行った自殺として処理され、無罪判決が下されています。自殺した児童は██恵美と██隼人の子供である、13歳の██拓斗です。

██恵美は裁判で██拓斗が自殺した原因を、夫の██隼人による監禁を含めた虐待行為であり、自殺を行う前から自殺未遂を繰り返していましたが、██隼人の虐待行為は静止する度に酷くなったため、自身の目の前で行われた██拓斗の自殺を止められなかったと証言しています。また、以前から██拓斗に離婚を勧められていたが、██恵美は中々切り出せずにいたとして、"息子は自身の苦しみを長引かせた、母親である自分をきっと恨んでいる"とも証言しています。その後の調査で、██拓斗は虐待によるストレスの影響で、前頭前野の一部が15.7%も萎縮していたことが判明しています。

██隼人と██恵美は現在離婚しており、通常通りに生活しています。

また、SCP-XXX-JP-1は██恵美と非常に酷似しており、対象に事件の説明と██隼人と██恵美の写真を見せましたが、██隼人には特に興味を示さず、██恵美に対して"自分はこの母親に殺されそうになったのに、何故裁かれていないのか"と疑問を吐露していました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The hakuyou_shiro's portal does not exist.


エラー: hakuyou_shiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6593510 ( 25 Jun 2020 16:28 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License