SCP-XXX-JP - 絶え間ない空旅(下書き)

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
_20201014_180732.JPG

SCP-XXX-JPが消失する直前の写真

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在SCP-XXX-JPを収容することは不可能です。SCP-XXX-JPが確認された際は、管制塔または偵察機の操縦士からSCP-XXX-JPの操縦士に応答願うよう、通信を送ってください。

説明: SCP-XXX-JPは19█年に行方不明とされていた、一般客が搭乗する飛行機です。SCP-XXX-JPは常に864km/hで飛行し、既に燃料が枯渇しているのにも関わらず、飛行が可能です。SCP-XXX-JPは3〜10年に2回の頻度で出現し、30分~1時間は空中を飛んだ後、SCP-XXX-JPは跡形もなく消失します。2回目の通信後に発信機を取り付けることに成功しましたが、消失した後の位置情報は電波が届かないため、現在も判明していません。

SCP-XXX-JPは19█年に突如レーダーから消え、それから行方知らずとなり墜落したものとされていました。しかし、日本の領空に現れたことで発見され、通信を送ったところ反応はありませんが、通信を送った操縦士によって、SCP-XXX-JPの窓からSCP-XXX-JPと共に行方不明となっていた乗客が、未だに搭乗していることが判明しています。後に、3回目の通信で応答者が現れています。

補遺1: SCP-XXX-JPが3回目の通信に応答があった通信記録です。

補遺2: 調査の結果、意識を喪失した原因は与圧システム2の故障による重度の酸素欠乏3だと推察されます。しかし、一人だけが意識を喪失していなかった理由は現在も不明です。

この後もSCP-XXX-JPが確認されますが、1█回目に達した通信に未だ応答はありません。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The hakuyou_shiro's portal does not exist.


エラー: hakuyou_shiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6593510 ( 25 Jun 2020 16:28 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License