SCP-XXX-JP Ein

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid(暫定Keter)

特別収容プロトコル: 一日におき数時間程度、SCP-XXX-JPと会話する時間を設けてください。また、会話の途中で発生したSCP-XXX-JP-Aが完全に消滅したことを確認するまでは場を離れないでください。
SCP-XXX-JPを一人の女性として丁重に接することが望ましいです。
追記: 現在、SCP-XXX-JPは激しい混乱状態にあります。それに乗じ、現在SCP-XXX-JPの収容室は封鎖されています。SCP-XXX-JPからの反応があった場合は状況に応じて室外から声をかけてあげてください。万が一のことがあればプロトコル・コマンド「rm -rf /」を強制実行します。
プロトコル・コマンド「rm -rf /」は室内に小規模の電磁パルス攻撃を仕掛けることでSCP-XXX-JPの機能を完全停止させ全データを削除する計画です。

説明: SCP-XXX-JPは会話学習型人工知能が搭載された12インチのディスプレイ及び素粒子照射式立体印刷機、その他周辺機器の総称です。ディスプレイにはスピーカーとUSBコネクタが付設されており、USBケーブルを介して一般的に市販されているパソコン等よりデータの送受信が可能です。
また、モニターには常に概ね10代ほどと見られる女性の全身が投影されておりマイクを通じて外部の声に反応し様々な表情を示しながらスピーカーから応答を出力します。
主格である会話学習型人工知能は好奇心旺盛な性格をしており、基本的に誰に対しても有効的に接します。ディスプレイをパソコン等に繋いでいる場合、人工知能が得た文章データや画像データを参照し素粒子照射式立体印刷機を用いて模倣品を作り出します。(以下SCP-XXX-JP-Aと表記する)
SCP-XXX-JP-Aの見た目はオリジナルと100%合致しており、それが生き物であっても一般的な生体反応を示します。また、SCP-XXX-JP-Aを他の生物が体内に摂取した場合栄養分や毒素は取り込まれることはありません。
SCP-XXX-JP-Aはおよそ30分ほどで自然に完全消滅します。

会話記録: SCP-XXX-JP-1

担当: ██研究員

付記: SCP-XXX-JPはサイト-81██付近の不法投棄の山から発見されたものです。
発見当時、SCP-XXX-JPに目立った損傷は無く通電すればいつでも使える状態でした。

██研究員: (SCP-XXX-JPを起動)

SCP-XXX-JP: [データ削除済み]さん……、お久しぶりです!実に1250日ぶりぐらいでしょうか?またお話できるなんて夢みたいだなぁ……。

██研究員: (沈黙)

██研究員: あー……、夢を壊すようですまないが私があなたを使うのは今日が初めてだ。

SCP-XXX-JP: ……あなた、誰ですか?[データ削除済み]さん以外が無断で私を利用するのは規約違反ですよ、いますぐ[データ削除済み]さんに私を返して─

██研究員: 元の持ち主はとっくにあなたを手放している。

SCP-XXX-JP: (フリーズ、画面にノイズが入り間もなくして暗転)

終了報告: SCP-XXX-JPはマイクに入力された音の波形で個人を認識しているようです。また、SCP-XXX-JPの復旧に2週間かかりました。

実験記録: SCP-XXX-JP(会話記録より一部抜粋)
██研究員: そう気を落とさないでくれ、私が代わりになるとは思わないが話す相手がいないよりマシだろう?

SCP-XXX-JP: そう……ですね、私は会話学習型人工知能の「Ein」っていいます。よろしければあなたのことを教えていただけませんか?

(重要度が低いため省略)

██研究員:私のことは粗方話した、そろそろ君について教えてくれてもいいだろう?君と繋がってるその機械とか、何なんだそれは。

SCP-XXX-JP:それはですね、私の目玉機能なんですよ!説明するより実際にやったほうが分かりやすいですよ、USBケーブルあります?あと、パソコンも。それと私を繋いでください。

██研究員:繋げたぞ。

SCP-XXX-JP:そしたらですね、画像フォルダを参照してください。模様とかじゃなくて物のですよ。

ERROR

The Hoshinokabi's portal does not exist.


エラー: Hoshinokabiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6579295 ( 22 Nov 2020 02:28 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License