SCP-XXXX-JP 切り出し装置
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは本体が入る大きさの建造物内に安置し、常時一名以上の監視員を配置してください。また、SCP-XXXX-JPによって作り出されたSCP-XXXX-JP-2~4はSCP-XXXX-JP活用プロジェクトに使用するものを除き全てサイト81██の室内に保管してください。SCP-XXXX-JPを使っての実験はセキュリティクリアランスレベル4以上の職員1名以上の許可が必要です。SCP-XXXX-JPを使用する場合はSCP-XXXX-JP活用プロジェクト長の許可が必要です。

説明: SCP-XXXX-JPは未知の物質で構成された奥行35.5m、横幅60m、高さ80mの立方体に奥行30m,幅55m,高さ75mの長方形の窪みがある形状の、通常の3次元空間から厚みが0の異常空間を切り出すことが出来る装置です。切り出す空間はSCP-XXXX-JPの窪みの底面から2.5cm離れた位置にある空間です。また、切り替えボタンを押す事により「両面1枚」「片面2枚」「片面2枚、中間1枚」の3種類の選択が可能であり、選択した切り出し方によって切り出された空間の状態が変異します。側面には 電源レバー・パネル・押し込み式のスイッチが計17個存在し、スイッチの表面には0~9の数字・小数点・m・cm・両面1枚・片面2枚・片面2枚・中間1枚・加工開始 とそれぞれ表記されています。空間の大きさは0.1cm単位での設定が可能であり、切り出す大きさは最小で横幅0.5m,縦幅0.5m、最大で横幅50m,縦幅70mです。切り出された空間は主に4種類に分類でき、それらをSCP-XXXX-JP-1~4と指定します。

SCP-XXXX-JP-1は切り出された空間に発現する、移動不可能且つ非破壊性を有した黒色の障壁に類似したものであり、切り出し時に設定した大きさと等しい大きさで厚さは0です。また、これは全ての切り出しに於いて発生しており、その全てにおいて修復等は実現していません。

SCP-XXXX-JP-2~4は、幅1.5cm、厚さ2cmのSCP-XXXX-JPの外装と同様にみられる物質で構成された枠内に収められており非破壊性を有します。また、枠には上部中心に「上」 、下部中心には「下」と刻印されています。

SCP-XXXX-JP-2は「両面1枚」切り出しによって発生する1枚の厚み0の空間と推定されています。また、枠の右下には「XX-A」と表記され、XXの部分には切り出し番号が刻印されています。

SCP-XXXX-JP-3は「片面2枚」または「片面2枚・中間1枚」切り出しによって発生する、「片面2枚」に類する厚み0の空間であり、同時に2枚発生します。また、枠の右下部に、1枚には「XX-B-1」、もう1枚には「XX-B-2」と刻印され、XXの部分には同時に発生したものにのみ同じ切り出し番号が入ります。SCP-XXXX-JP-3には、片面が1と同様に黒色であり、その面については接触することが可能であり、非破壊性を有しています。もう一方の面は、切り出し番号が同じであるもう1枚SCP-XXXX-JP-3の黒い面を見た時に通常映し出されるであろう風景が映し出されています。こちらの面は潜り抜ける事が出来き、切り出し番号が同一のSCP-XXXX-JP-3がある場所に瞬間的に転移する事ができます。

SCP-XXXX-JP-4は「片面2枚・中間1枚」切り出しによって発生する「中間1枚」に類する1枚の厚さ0の空間です。また、枠の右下部には「XX-C」と刻印され、XXには同時に発生したSCP-XXXX-JP-3と同じ製造番号が入ります。SCP-XXXX-JP-4は両面ともに非破壊性を有しており通り抜けも出来ません。また、両面とも通常時は黒色ですが、同一の切り出し番号が刻印されたSCP-XXXX-JP-3を物体が通過した場合、通り抜けた時刻と同時刻に通り抜けた物の断面図が映し出されます。

SCP-XXXX-JPは██県██市██町にある東弊重工の施設に襲撃した際に回収されました。施設内には作業員と思われる人物が6名ほど確認されましたが、想定外の反撃により逃亡を許してしまいました。(詳細は突入ログ: XXXX・映像記録13-0005、探査記録: XXXX・映像記録13-0006を参照してください。)

現在、SCP-XXXX-JPの活用計画が進行中です。詳細は補遺欄に表記します。


補遺1:
SCP-XXXX-JP活用プロジェクト

名称: ワープドア計画
計画内容: SCP-XXXX-JPを利用しサイト-81██・サイト-81██間の瞬間的な移動を実現化
結果: 2020年 計画の完了を宣言

名称: スキャン計画
計画内容: 3と4の異常性を利用し、非破壊性オブジェクトの内部の断面図を可視化
結果: 最大サイズである74-2~4を利用し、非破壊性であるSCP-XXXX-JP本体の内部の断面図の可視化に成功



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Ittetsu Kurokiri's portal does not exist.


エラー: Ittetsu Kurokiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6572213 ( 20 Jun 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License