8時15分、黙祷。

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
Satsuki_Eda_Yohei_Kono_and_Yasuo_Fukuda_20080806.jpg

SCP-2286-JP発生中の様子(2008/8/6撮影)

アイテム番号: SCP-2286-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 広島平和記念式典の黙祷終了後、直ちにクラスA記憶処理剤をエリア2286-JP一帯に散布してください。SCP-2286-JP発生によって生じた混乱がメディアやSNS等に拡散された場合、「体調不良」等のカバーストーリーを適用してください。

説明: SCP-2286-JPは、毎年8月6日に行われている広島平和記念式典の黙祷時1に発生する異常現象です。SCP-2286-JPが発生するのは広島平和記念式典の会場である平和記念公園の原爆死没者慰霊碑を中心とした半径1km以内に限定されており(エリア2286-JP)、また、広島平和記念式典の黙祷時以外でSCP-2286-JPが発生した事例は確認されていません。

SCP-2286-JP発生時、曝露者は幻視や幻聴などの幻覚を体験します。黙祷時に目を閉じていない場合はSCP-2286-JPは発生しませんが、目を閉じている場合、SCP-2286-JPが終了するまで目を開けることは不可能になり、それと同時に発声や身動きを取ることもできなくなります。

以下はSCP-2286-JPの幻覚の内容です。なお、SCP-2286-JPの内容は曝露者及び年ごとで同一のものです。

[8:15:00~8:15:15] 曝露者は広島県産業奨励館2を背にして入り口に立っており、周囲では性別年齢ともにばらばらな人たちが歩いている。

[8:15:16~8:15:20] 閃光が走り、その直後に地響き、爆発音が発生する。周囲の建造物は全て倒壊し、爆風によって歩行者とともに吹き飛ばされる。曝露者は吹き飛ばされないが、飛んでくる建造物や歩行者が接触することで激しい痛みが生じる。

[8:15:21~8:15:30] 全身が高温の熱に包まれる感覚に襲われ、喉の渇き、呼吸困難、服や肉などが燃焼する熱、痛み、匂いを感じる。周囲からは火が上がっており、時々小さな爆発音が聞こえてくる。

[8:15:31~8:15:45] 周囲に倒れていた人たちが立ち上がり、曝露者のほうに向かってくる。それらの多くは服だけでなく全身も性別年齢が判別できないほど焼け焦げており、眼球は飛び出している。曝露者のところに辿りついた人は「あつい」「水をください」「死にたくない」等の発言をしている。また、触れられた箇所には激痛が生じる。

[8:15:46~8:15:55] 周囲にラジオ機器が無いにもかかわらず、年齢不明の男性の声でラジオ放送が流れ始める。内容は全体的にノイズがかかっており部分的にしか聞き取れない。この間も、倒れていた人は立ち上がり、曝露者のほうに向かってくる。このラジオ放送が終了した5秒後、SCP-2286-JPは終了する。ラジオ放送の内容は以下の通りである。

アノヒ、ワタシタチノ[ノイズ]スベテヤケ[ノイズ]モウナニモ[ノイズ]ゼッタイニ[ノイズ]ワスレテハ[ノイズ]

追記: 2020年8月6日、SCP-2286-JPの内容に変化が生じ、ラジオ放送に「ワタシタチハ、ワスレラレルノカ」という文言が追加されました。なお協議の結果、この変化による特別収容プロトコル等の変更は行われないことが決定されています。


私主催の戦のコンテストに参加します。



scp jp euclid 移動不可能 嗅覚 幻覚 視覚 植物 精神影響 聴覚 場所 非実体 歴史



ページ情報

執筆者: CAT EYES
文字数: 2911
リビジョン数: 24
批評コメント: 6

最終更新: 17 Feb 2022 00:55
最終コメント: 17 Feb 2022 00:55 by CAT EYES

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The CAT EYES's portal does not exist.


エラー: CAT EYESのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6568589 ( 20 Jun 2020 11:11 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License