私は幸せだった(夢コン投稿作品)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png
3951470595_a028d19b55_w.jpg

SCP-XXX-JPの住居

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル(改定後): SCP-XXX-JP-Aは、低脅威度物品保管ロッカーに収容されています。

説明: SCP-XXX-JPは、広島県呉市に存在する住居に住む三人のモンゴロイド男性と二人のモンゴロイド女性で、一般的な家族関係を形成しています。発見当時のSCP-XXX-JPの家族構成は以下の通りです。続柄はSCP-XXX-JP-01から見た続柄を記載しています。

番号 氏名 続柄 年齢
1 永末 彩 本人 41歳
2 永末 俊光 45歳
3 永末 大和 長男 16歳
4 永末 夏帆 長女 15歳
5 永末 慶 次男 10歳

住居からはSCP-XXX-JP-1のみが外出可能であり、他のSCP-XXX-JPは不明な原理により住居外に出ることができません。そのため、SCP-XXX-JP-2~5は会社や学校などに通っていないことが確認されていますが、周囲の人間はSCP-XXX-JP-2が高収入所得者であることや、SCP-XXX-JP-3~5が学業において優秀な成績を修めていることに疑問を感じていませんでした。これに関しては、発見当時からインシデント発生まで、SCP-XXX-JP-1が周囲の人間に対して上記のことを常に話していたため、SCP-XXX-JP-1の発言により認識障害が発生していたと考えられますが、この認識障害は記憶処理を施さなくても取り除けるほど軽度なものです。また、SCP-XXX-JP-2~5には不審な挙動は見られませんが、SCP-XXX-JP-1のみがコミュニケーションをとることができます。

SCP-XXX-JPは、2001年5月2日にSCP-XXX-JP-1が自転車との衝突事故により入院した際に、連絡したにも関わらず家族が見舞いに来ないことに疑問を感じた財団職員によって発見されました。SCP-XXX-JP-2~5が住居から出ることができない理由について、SCP-XXX-JP-1は説明することができませんでした。

インシデント記録: 2020年8月18日、SCP-XXX-JP-1(当時60歳)が心筋梗塞のため死亡しました。それに伴って、SCP-XXX-JP-2~5及び住居が消失すると同時に、敷地内に数枚の書類が出現しました。現在、この書類はSCP-XXX-JP-Aに分類されています。また、オブジェクトクラス及び特別収容プロトコルが改定されました。出現した書類は以下の通りです。

  • 永末俊光名義の借用書八枚及び連帯保証人承諾書三枚
  • 永末俊光名義の遺書
  • 永末大和の死亡届書(1987年2月16日届出)
  • 永末夏帆の死亡届書(1988年11月5日届出)
  • 父の欄に記載がない死産届書(1991年5月12日届出)

ソース: flickr
ライセンス: CC0

タイトル: 廃屋
著作権者: cystock
公開年: 2009


scp-jp safe 人間型 文書 移動不可



ページ情報

執筆者: CAT EYES
文字数: 1869
リビジョン数: 53
批評コメント: 2

最終更新: 08 Oct 2020 07:51
最終コメント: 02 Oct 2020 15:26 by CAT EYES

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The CAT EYES's portal does not exist.


エラー: CAT EYESのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6568589 ( 20 Jun 2020 11:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License